帰ってきたウルトラ38番目の弟

ウルトラシリーズについて色々と書いていくブログです。

「怪獣無法惑星」

「怪獣無法惑星」
『ウルトラギャラクシー 大怪獣バトル』第1話
2007年12月1日放送(第1話)
脚本 荒木憲一
監督 菊地雄一

 

地底怪獣テレスドン
身長 60m
体重 12万t
溶岩を食べて生きており、口から高熱の炎を吐く。
地中を素早く移動する事が出来る。
サドラと戦うが、途中からレッドキングが乱入したのを受けて撤退した。
アタック:800 ディフェンス:900 スピード:700 必殺技:地底からの侵略者

 

岩石怪獣サドラ
身長 60m
体重 2万4千t
手と足のハサミは岩を切り裂き、尻尾の一撃は大きな岩を粉々に砕く。
テレスドンと戦うが、途中から乱入したレッドキングに首絞めで倒される。
アタック:800 ディフェンス:800 スピード:700 必殺技:魔境の霧

 

どくろ怪獣レッドキング
身長 45m
体重 2万t
オキ曰く、怪獣の中でも一番凶暴。
頑丈な体と怪力が武器。大きな岩を持ち上げて、相手目掛けて投げつける。
テレスドンとサドラの戦いに乱入してサドラを倒す。
その後もスペースペンドラゴンを襲うが、ゴモラの超振動波で倒される。
アタック:1100 ディフェンス:500 スピード:600 必殺技:怪力パンチ

 

冷凍怪獣ペギラ
身長 40m
体重 2万t
惑星ボリスで自身の冷凍液によって氷漬けになっているところを発見された。

続きを読む

『ウルトラギャラクシー 大怪獣バトル』

『ウルトラギャラクシー 大怪獣バトル』
『ウルトラギャラクシー 大怪獣バトル』…2007年12月1日~2008年2月23日放送
『ウルトラギャラクシー 大怪獣バトル NEVER ENDING ODYSSEY』…2008年12月20日~2009年3月14日放送

 

「行け! ゴモラ!」

続きを読む

「不滅の魔鎧装」

STAGE2 不滅の魔鎧装」
ウルトラマンメビウス外伝 アーマードダークネス』第2話
2008年8月22日発売
脚本 赤星政尚
監督・特技監督 佐野智樹

 

ウルトラマンキング
身長 58m
体重 5万6千t
地球でも伝説と化しているウルトラマン
アーマードダークネスの攻撃からリュウを救い、アーマードダークネスの中に捕らわれているヒカリの救出作戦の準備を進める。

 

暗黒魔鎧装アーマードダークネス
身長 62m
体重 3万9千t
エンペラ星人の配下が宇宙警備隊との全面戦争に備えて作った生きた鎧装。エンペラ星人亡き後は着装者を求めて宇宙を放浪していた。
エンペラ星人の宇宙船であるダークネスフィアもエンペラ星人亡き後は地球の周回軌道を回っていて、アーマードダークネスがダークネスフィアに辿り着いてエネルギーを供給した事でダークネスフィアも再起動し、その影響で地球各地の怪獣出現率が急激に上昇した。
ダークネストライデントからレゾリューム光線を撃てる。
アーマードダークネスは追って来たヒカリを新たな着装者にして体を奪ったが、その後、リュウと一体化して復活したヒカリによって内部から破壊されてしまった。一度破壊されてもすぐに再生したが、最後はメビウスフェニックスブレイブのメビュームナイトシュートで倒された。
その後、残ったダークネスフィアもヒカリによって光の国に運ばれ、聖なる炎で燃やし尽くされた。

 

宇宙凶険怪獣ケルビム
身長 44m
体重 4万4千t
新世代CREW GUYSとミクラスの前に敗れる。

 

円盤生物ロベルガー 
身長 55m
体重 1万9千t
新世代CREW GUYSとウインダムの前に敗れる。
今までのロベルガーの強さを知っていると、ウルトラマンの助け無しで新世代CREW GUYSが勝ったのに驚く。

 

マケット怪獣ミクラス
身長 ミクロ~40m
体重 0~2万t
新世代CREW GUYSと一緒にケルビムと戦い、勝利を収める。

 

マケット怪獣ファイヤーウィンダム
身長 ミクロ~40m
体重 0~1万1千t
新世代CREW GUYSと一緒にロベルガーと戦い、勝利を収める。

続きを読む

「滅びの遺産」

STAGE1 滅びの遺産」
ウルトラマンメビウス外伝 アーマードダークネス』第1話
2008年7月25日発売
脚本 赤星政尚
監督・特技監督 佐野智樹

 

暗黒魔鎧装アーマードダークネス
身長 62m
体重 3万9千t
ダークネスフィアの内部にいた。
伸縮自在の槍ダークネストライデントで攻撃してくる。
メビウスに暗黒剣ダークネスブロードを奪われ、額を傷付けられた事で活動が停止する。
実は中にヒカリを取り込んでいて、ヒカリの意思によって動きを止める事が度々あった。

 

再生怪獣サラマンドラ
身長 60m
体重 4万t
喉にある酵素分泌器官を破壊されて再生できなくなったところをリュウとカナタが操縦するガンウインガーのスペシウム弾頭弾で倒される。

 

宇宙凶険怪獣ケルビム 
身長 44m
体重 4万4千t
同時多発的に出現した怪獣の一体。
新世代CREW GUYSのガンローダーと戦う。

 

百足怪獣ムカデンダー
身長 59m
体重 4万t
同時多発的に出現した怪獣の一体。
リュウとカナタが操縦するガンウインガーのウイングレッドブラスターで倒される。

 

円盤生物ロベルガー
身長 55m
体重 1万9千t
同時多発的に出現した怪獣の一体。
新世代CREW GUYSのガンブースターと戦う。

続きを読む

「心からの言葉」

最終三部作Ⅲ 心からの言葉 ー暗黒宇宙大皇帝エンペラ星人登場ー
ウルトラマンメビウス』第50話
2007年3月31日放送(第50話)
脚本 赤星政尚
監督 佐野智樹
特技監督 原口智生

 

ゾフィー
身長 45m
体重 4万5千t
エンペラ星人によってスペシウム・リダブライザーが破壊されそうになったのを見て参戦。
サコミズ隊長と一体化し、M87光線を放って形勢を決定付けた。
エンペラ星人との戦いが終わった後、「地球は自分達の手で守っていける」と言うリュウの言葉を聞いて光の国に帰還した。

 

ウルトラ兄弟
エンペラ星人によって闇に覆われていった太陽を回復させた。
参加したのは初代マン、セブン、ジャック、エース、タロウ、レオ、アストラ、80の8人。

 

ウルトラの父
身長 45m
体重 5万t
地球での戦いを見守り、エンペラ星人に光と闇の関係を諭した。

 

暗黒宇宙大皇帝エンペラ星人
身長 56m
体重 4万9千t
ウルトラマンの身体を分解する作用を持つレゾリューム光線でメビウスを分解した。
メビウス達が立てたあらゆる勝利フラグをへし折っていったが、スペシウム・リダブライザーによって増幅されたメビウスフェニックスブレイブのメビュームナイトシュートとゾフィーのM87光線を受け、最後はメビウスフェニックスブレイブのメビュームフェニックスで倒された。
「人間の希望と言う光」と「人間とウルトラマンの絆」によって自分が敗れた事を認め、光となって消滅した。

 

念動宇宙人サイコキノ星人
身長 155cm
体重 44kg
メビウス達の戦いを見守り、エンペラ星人との戦いが終わった後、静かに地球を去って行った。

 

健啖宇宙人ファントン星人
身長 2m
体重 92kg
メビウス達の戦いを見守り、エンペラ星人との戦いが終わった後、静かに地球を去って行った。

 

マケット怪獣リムエレキング
身長 40cm
体重 4kg
エンペラ星人との戦いが終わった後、粒子加速器が回復したのを受けて元気な姿を見せた。

続きを読む

「絶望の暗雲」

最終三部作Ⅱ 絶望の暗雲 ー暗黒宇宙大皇帝エンペラ星人登場ー
ウルトラマンメビウス』第49話
2007年3月24日放送(第49話)
脚本 赤星政尚
監督 佐野智樹
特技監督 原口智生

 

ウルトラの父
身長 45m
体重 5万t
3万年前のウルトラ大戦争(ウルティメイトウォーズ)でエンペラ星人と戦い、互いに右脇腹に傷を負った事が語られた。

 

暗黒宇宙大皇帝エンペラ星人
身長 56m
体重 4万9千t
インペライザーを使ってメビウスとGUYSを追い詰めていくが、ザムシャー達の加勢を受けて自ら地球に降り立った。一方で高エネルギーで太陽を侵食していった。
重エネルギー波動で逆らう者を跳ね返していく。
3万年前に怪獣軍団を率いてウルトラ大戦争を起こし、その時にウルトラの父と戦い、互いに右脇腹に傷を負った。

 

無双鉄神インペライザー
身長 60m
体重 6万t
4体目はバーニングブレイブに変身したメビウスのバーニングメビュームダイナマイトで倒され、5体目はフェニックスネストのシルバーシャークGで倒され、6体目はザムシャーによって一刀両断にされた。
しかし、5体目と6体目によってフェニックスネストの迎撃システムは大打撃を受け、フライトモードへの移行も出来なくなった。
空間転移で世界中から全てのインペライザーがフェニックスネストの周囲3kmに集められたが、ザムシャー達の参戦後は戦闘に参加しておらず、残ったインペライザーのその後も不明となっている。(エンペラ星人が引き下がらせた?)

 

宇宙剣豪ザムシャー
身長 53m
体重 5万5千t
メビウスとGUYSの絶体絶命の危機に現れ、インペライザーを一刀両断にした。
メビウス達を助けに来たわけではない」と言っていながら、ツルギと共闘し、最後はメビウス達を守って命を落とした。
光の国の者ではないがウルトラマン達と同じように光となって消滅した。
残された星斬丸はヒカリの手に渡り、エンペラ星人に一矢を報いる事になる。

 

念動宇宙人サイコキノ星人
身長 155cm
体重 44kg
メビウスとGUYSの絶体絶命の危機に現れ、ザムシャーが一刀両断にしたインペライザーの破片を念動力で宙に飛ばした。
「ミライの妹として助けに来た」と笑顔で告げたりと以前に比べて素直になっている。
エンペラ星人を念動力で攻撃するも逆に念動力で弾き飛ばされてしまう。
フェニックスネスト崩壊時には毛嫌いしていたトリヤマ補佐官に助けられ、「ありがとう」とお礼を述べている。

 

健啖宇宙人ファントン星人
身長 2m
体重 92kg
メビウスとGUYSの絶体絶命の危機に現れ、カコが宙に飛ばしたインペライザーの破片を圧縮して潰した。
テッペイと再会を果たし、「キエテ・コシ・キレキレテ」と言葉を交わす。

 

マケット怪獣リムエレキング
身長 40cm
体重 4kg
インペライザーの攻撃でフェニックスネストの地下にある粒子加速器が破壊され、苦しみながら消滅した。

続きを読む

「皇帝の降臨」

最終三部作Ⅰ 皇帝の降臨 ー暗黒宇宙大皇帝エンペラ星人 無双鉄神インペライザー登場ー
ウルトラマンメビウス』第48話
2007年3月17日放送(第48話)
脚本 長谷川圭一
監督 アベユーイチ
特技監督 菊地雄一

 

暗黒宇宙大皇帝エンペラ星人
身長 56m
体重 4万9千t
自らを「宇宙に君臨する皇帝」と称する。
世界主要国の首都に13体のインペライザーを送り込み、地球人自らの手でメビウスを追放しろと命じた。

 

無双鉄神インペライザー
身長 60m
体重 6万t
GUYSスペーシーの防衛ラインを突破し、13体が世界主要国の首都に降り立った。圧倒的な火力で街を破壊していく。
1体目はバーニングブレイブに変身したメビウスのバーニングメビウスピンキックで、2体目はガンフェニックスストライカーのインビンシブルフェニックスで、3体目はバーニングブレイブに変身したメビウスのバーニングメビュームダイナマイトで倒された。
しかし、一体が倒されても空間転移で別のインペライザーがきり無く送り込まれてくる。
今回は量産型だからか以前にあった再生能力は無くなっているようだ。

続きを読む

「メフィラスの遊戯」

「メフィラスの遊戯 ー宇宙礫岩怪獣グロマイト 悪質宇宙人メフィラス星人登場ー
ウルトラマンメビウス』第47話
2007年3月10日放送(第47話)
脚本 小林雄次
監督 アベユーイチ
特技監督 菊地雄一

 

ウルトラマン
身長 40m
体重 3万5千t
メフィラス星人の暗躍を見抜きながらも子供達を人質に取られて静観する事になる。その後、メビウスとCREW GUYSがメフィラス星人の罠を乗り越え、メフィラス星人が自分の定めたルールを自ら破ったのを見て参戦する。
スペシウム光線や追尾型の八つ裂き光輪で互角以上の戦いを展開し、メフィラス星人の敗北を宣告する。
戦いが終わった後、ミライにウルトラ兄弟が地球を離れる事を伝える。

 

悪質宇宙人メフィラス星人
身長 60m
体重 2万t
暗黒四天王の一角たる「知将」。
メビウスに人間の心を懸けた一対一の戦いを挑む。
宇宙船から発する電波で人々のメビウスに関する記憶を自分に置き換え、ウルトラマンを侵略者に、自分を地球の守護者にした。
CREW GUYSにメビウスを倒させようとするが失敗。激昂して自ら倒そうとしたところを初代マンに止められる。
戦いが終わった後、地球を去ろうとしたところを皇帝に粛清された。

 

宇宙礫岩怪獣グロマイト
身長 55m
体重 5万t
地上に現れて火球を吐くが、メフィラス星人に火球を撥ね返され、グリップビームで倒された。

続きを読む

「不死身のグローザム」

「不死身のグローザム ー冷凍星人グローザム登場ー
ウルトラマンメビウス』第46話
2007年3月3日放送(第46話)
脚本 川上英幸
監督・特技監督 村石宏實

 

ウルトラセブン
身長 40m
体重 3万5千t
メビウスがグローザムに敗北したのを受けて、CREW GUYSにかつてのウルトラマン達と人間達の関係を、メビウスに仲間を信じる事を伝える。
メビウスを復活させようとするCREW GUYSを援護しグローザムと戦う。
アイスラッガーでグローザムを真っ二つに斬り、メビウスのメビュームシュートと同時にエメリウム光線を発射してグローザムを粉々にした。

 

冷凍星人グローザム
身長 2m~52m
体重 200kg~2万t
暗黒四天王の一角たる「豪将」。
メビウスを真正面から倒して強さを見せつけ人々の戦意を挫いた。
口から吐く冷気でメビウスを氷結した。本人曰く、本気を出せば地球全てを氷結させる事も可能。
メビウスを人質に他のウルトラ兄弟を誘き寄せて倒そうとした。
たとえ粉々になっても復元する事が出来、「俺は不死身だ!」が口癖。
メビウスのメビュームシュートとセブンのエメリウム光線を同時に受けて粉々になったところをガンローダーのマクスウェル・トルネードの熱風を受けて倒された。
劇中では語られていないが、3万年前に起きたウルトラ大戦争にも参加していたらしい。

 

悪質宇宙人メフィラス星人
身長 60m 体重 2万t
暗黒四天王の一角たる「知将」。人間を侮ってはいけないとグローザムに忠告する。

 

マケット怪獣ファイヤーウィンダム
身長 ミクロ~40m
体重 0~1万1千t
火力マックスでの攻撃をグローザムに押し返される。
グローザムを飛び越え着地してからの振り向きざまシュートがカッコ良い。

 

マケット怪獣リムエレキング
身長 40cm
体重 4kg
初めて一人でガンローダーを操縦する事になったコノミの前に現れて緊張をほぐす。

続きを読む

「デスレムのたくらみ」

「デスレムのたくらみ ー策謀宇宙人デスレム登場ー
ウルトラマンメビウス』第45話
2007年2月24日放送(第45話)
脚本 太田愛
監督・特技監督 村石宏實

 

ウルトラマンジャック
身長 40m
体重 3万5千t
状況によって態度を変える市民に不信感を募らせるミライの前に現れて地球と人間について語る。
その後、ウルトラVバリヤーでデスレムの火球からフェニックスネストを守り、最後はメビュームバーストに合わせてスペシウム光線を撃ってデスレムを倒した。

 

策謀宇宙人デスレム
身長 55m
体重 1万5千t
暗黒四天王の一角たる「謀将」。
月面から帰還中だったフェニックスネストを強襲してCREW GUYSを人質に取るとメビウスに完全なる敗北を迫る。
時空を歪ませて天空から地上に無数の火球を降り注がせる事が出来る。
市民がメビウスとCREW GUYSを批難するように仕向けて、メビウスと人間の絆や信頼を断ち切ろうとしたが、CREW GUYSの覚悟とジャックの出現によって形勢逆転され、最後はバーニングメビウスのメビュームバーストとジャックのスペシウム光線を続けて受けて倒された。
劇中では語られていないが、3万年前に起きたウルトラ大戦争にも参加していたらしい。

 

冷凍星人グローザム
身長 2~52m
体重 200kg~2万t
暗黒四天王の一角たる「豪将」。メフィラス星人と共にデスレムの戦いを見守る。

 

悪質宇宙人メフィラス星人
身長 60m
体重 2万t
暗黒四天王の一角たる「知将」。グローザムと共にデスレムの戦いを見守る。

続きを読む