帰ってきたウルトラ38番目の弟

ウルトラシリーズについて色々と書いていくブログです。

「ようこそ! 地球へ 前編 バルタン星の科学」

「ようこそ! 地球へ 前編 バルタン星の科学 -子供の超科学星人タイニーバルタン 超科学星人ダークバルタン登場-
ウルトラマンマックス』第33話
2006年2月11日放送(第33話)
脚本 千束北男
監督 飯島敏宏
特技監督 菊地雄一

 

子供の超科学星人タイニーバルタン
身長 ミクロ~150cm
体重 0.1g~55kg
方舟アークに乗って銀河系外惑星バルタンから地球の危機を救う為にやって来た穏健派のバルタン星人。
一応は女の子で、地球人の女の子に変身して勉と行動を共にする。
魔法のような不思議な現象を次々に起こして地球人に警告を発する。

 

超科学星人ダークバルタン
身長 ミクロ~51m(超巨大化時・357m)
体重 0.1g~3万9千t(超巨大化時・27万3千t)
自分達の星の環境を破壊し続けて月や火星を侵略しようとする地球人は全宇宙共通の敵であるとして、地球人を抹殺する事は正義であると主張する過激派のバルタン星人。やたらと自分達の科学力を誇示する。
重力バランスを操作してベース・タイタンや街を混乱に陥れる。両手のハサミから赤色停止光線やエネルギー流や捕獲光線を発し、さらに高速移動に再生能力に超巨大化能力も有する。
底知れぬエネルギーでマックスに圧勝した最強のバルタン星人。

 

海獣
勉と接触する為にタイニーバルタンが見せた幻。勉によると100t以上の大きさがあったらしい。
何となく、飯島監督が手掛けた『初代マン』の「海底科学基地」に登場したグビラに似ている感じがする。

続きを読む

「エリー破壊指令」

「エリー破壊指令 -宇宙工作員ケルス登場-
ウルトラマンマックス』第32話
2006年2月4日放送(第32話)
脚本 大倉崇裕
監督 梶研吾
特技監督 高野敏幸

 

宇宙工作員ケルス
身長 190cm~49m
体重 68kg~1万5千t
ケサムと酷似したデータを持つ宇宙工作員。しかし、本人は「自分はケサムのようには甘くない」と発言している。
洗脳プログラムでエリーを支配下に置き、閉鎖プログラムでベース・タイタンの機能を停止させる。地球人の文明の産物であるエリーを利用して地球人の文明を破壊しようとするがDASHのエリー救出作戦によって失敗する。
戦闘モードに変身してマックスと戦うが最後はマクシウムカノンで倒された。
星の破壊者」のケサムの着ぐるみを改造している。

 

宇宙工作員ケダム
身長 180cm
体重 67kg
ケルスの配下の宇宙工作員
ビームライフルを使う。
DASHによって倒された。

続きを読む

「燃えつきろ! 地球!!」

「燃えつきろ! 地球!! -挑発星人モエタランガ登場-
ウルトラマンマックス』第31話
2006年1月28日放送(第31話)
脚本 中島かずき
監督 梶研吾
特技監督 高野敏幸

 

挑発星人モエタランガ
身長 180cm~50m
体重 77kg~4万2千t
黄色い発光体で地球に侵入した。
空間転移で相手を翻弄し、瞳から炎を、左手の甲から光線を、右手の甲から捕獲光線を発する。
光波チャンネルを通じてモエタランガウィルスを人間に感染させ、生体全ての行動を司る神経電離をメタ次元ニューロンを通じて吸収する事が出来る。この事によって人間は新陳代謝が異常活性化して脳が極度の興奮状態になり、いわゆる「熱血」状態になって最後は「燃え尽き症候群」に陥ってしまう。
人間を脆弱な存在と侮っていたがトミオカ長官ら老人達の底力によって形勢逆転され、最後はマックスのギャラクシーカノンで倒された。
『ネクサス』のグランテラの着ぐるみを改造している。

続きを読む

「勇気を胸に」

「勇気を胸に -進化怪獣ラゴラスエヴォ登場-
ウルトラマンマックス』第30話
2006年1月21日放送(第30話)
脚本 小中千昭
監督・特技監督 高野敏幸

 

進化怪獣ラゴラスエヴォ
身長 54m
体重 6万t
ラゴラスの別個体が龍厳岳に現れたグランゴンの別個体を食べてマグマコアを得た事で進化した姿。単に強くなっただけでなく知能も進化していて、人間を憎み、弱い生き物だと嘲笑う。
口から冷凍光線を、腹部から火球を発し、さらに火球と冷凍光線を合わせた超温差光線を撃つ。攻撃を受けても耐性を身に付けてしまう。
マックスのギャラクシーカノンも押し返す強さを見せるが、ショーン隊員が開発したAGメーザーでマグマコアを自壊されて倒された。
ウルトラマンマックス誕生!」のラゴラスの着ぐるみを改造している。

続きを読む

「怪獣は何故現れるのか」

「怪獣は何故現れるのか -牛鬼怪獣ゲロンガ登場-
ウルトラマンマックス』第29話
2006年1月14日放送(第29話)
脚本 小中千昭
監督・特技監督 村石宏實

 

牛鬼怪獣ゲロンガ
身長 5~47m
体重 2~5万8千t
1964年に『UNBALANCE』の撮影現場に現れた怪獣で、その時は佐橋達の勇敢な行動で牙を一本失い、そのまま地中に潜ってしまった。口から炎を吐く。
時を経て、巨大化した状態で再び地上に出現するが、残された牙をマクシウムソードで折られて戦意を喪失すると最後はマックスによって奥多摩山中の地下深くに運ばれた。
モデルは『Q』で未制作に終わった「ゲロンガ対山椒ラウス」から。

続きを読む

「邪悪襲来」

「邪悪襲来 -凶獣ルガノーガー登場-
ウルトラマンマックス』第28話
2006年1月7日放送(第28話)
脚本 林壮太郎
監督・特技監督 村石宏實

 

凶獣ルガノーガー
身長 57m
体重 6万6千t
凶暴な怪獣で緑豊かな星を次々と滅ぼしていった。
頭部と両手にある三つの口から光線を吐き、両肩から赤い電撃を発し、尻尾の先にある針から相手のエネルギーを吸収する。さらに胸部が反射板のようになっていてビーム攻撃を撥ね返し、赤い電撃を全方位に放つ事でミサイル攻撃も無効化させてしまう。
リリカの故郷の星を滅ぼして地球も襲うが、リリカに助けられてDASHの援護を受けたマックスのギャラクシーカノンで倒された。

 

友好宇宙人リリカ
身長 160cm
体重 47kg
遥か銀河系の彼方にある緑溢れる惑星S-851惑星に住んでいた少女。故郷の星をルガノーガーに破壊された為、故郷に似た地球を第二の故郷とした。
千里眼や治癒能力を持つ。感覚も鋭くてルガノーガーの襲来やカイトの正体にも気付いた。
普段は自分の正体を隠してKBNのボランティア活動に参加している。

続きを読む

「奪われたマックススパーク」

「奪われたマックススパーク -放電竜エレキング 変身怪人ピット星人登場-
ウルトラマンマックス』第27話
2005年12月31日放送(第27話)
脚本 小中千昭
監督・特技監督 八木毅

 

変身怪人ピット星人
身長 170cm
体重 52kg
不可視の宇宙船を拠点にピット・ノブーとピット・レオールの二人組で活動している。
エレキングの幼体を使って多くの人間をアルファ昏睡状態にした。
人間を下等と見下し、マックスに地球から手を引くよう警告する。
手から波動を放ち、秀でた格闘能力で一度はカイトからマックススパークを奪うが、二度目の戦いでマックススパークを取り返され倒された。

 

放電竜エレキング
身長 56m
体重 4万2千t
ピット星人によって人工的に作られたバイオメカニック。
頭部のアンテナで電波や人間の脳波を吸収する。口からプラズマを吐く。
二体現れたが一体はDASHによって倒され、もう一体もマックスによって宇宙空間に放り投げられ、マクシウムソード分身シュートで滅多切りにされて倒された。
幼体はゲームの『ウルトラマンFER』に登場したエレキングをイメージしているらしい。

続きを読む

「クリスマスのエリー」

「クリスマスのエリー -神話の幻獣ユニジン登場-
ウルトラマンマックス』第26話
2005年12月24日放送(第26話)
脚本 太田愛
監督 八木毅
特技監督 鈴木健二

 

神話の幻獣ユニジン
身長 47m
体重 3万6千t
時を超えて旅する神話の中の幻の獣。
未来から過去への時間の楕円軌道を12年周期で駆け巡り、12年に一度、12月24日の夜にほんの数秒だけ「今」の時間を通る。
ユニジンが現れる地点の東西南北に北方で宇宙の樹と呼ばれているトネリコの木を立てるとユニジンをその空間に閉じ込める事が出来、そこで水晶(クリスタル)を使えば水晶の中にユニジンを捕まえる事が出来る。しかし、ユニジンが「今」に留まると、その周囲が時空の狭間に落ち込んで消滅してしまう。
古理博士はユニジンを捕まえる事を思い留まり、再び時の中を走り回させる事にした。

続きを読む

「遙かなる友人」

「遥かなる友人 -友好異星人ネリル星人キーフ 巨大異星人ゴドレイ星人登場-
ウルトラマンマックス』第25話
2005年12月17日放送(第25話)
脚本 太田愛
監督 八木毅
特技監督 鈴木健二

 

友好異星人ネリル星人キーフ
身長 190cm~49m
体重 75kg~3万2千t
ネリル星の宇宙飛行士。故郷の惑星の寿命が尽きかけていたので移住できる星を求めて宇宙探査に出たが、発見する前にネリル星が消滅してしまい宇宙を放浪する事となり、命ある惑星である地球に辿り着いて駈と出会う。
雑誌を参考に地球人に擬態するが、地球人の異星人に対する捉え方を知り、自分の後に地球を訪れるであろう友好的な異星人達の為に自らUDFに出頭して調査研究を受けた。
光量子体となってゴドレイ星人の攻撃から地球人達を守り、そのまま大気に溶けてしまったが、その意志はカイト、DASH、駈の心へと遺った。

 

巨大異星人ゴドレイ星人
身長 50m
体重 5万t
突然現れて破壊行為を開始した。
両手を合わせて強烈な目くらましをし、胸から放つ破壊光線で街を破壊する。
マクシウムカノンで両腕を破壊されても再生させる事が出来る。
破壊光線の乱射でマックスを追い詰めるが、光量子体になったキーフが人々を守って出来た時間を使ってマックスギャラクシーを召還したマックスのギャラクシーカノンで倒された。
コミュニケーションが一切取れず、その正体も目的も不明のままであった。
『ネオス』のザム星人の着ぐるみを改造している。

続きを読む

「狙われない街」

「狙われない街 -対話宇宙人メトロン星人再登場-
ウルトラマンマックス』第24話
2005年12月10日放送(第24話)
脚本 小林雄次
監督 実相寺昭雄
特技監督 菊地雄一

 

対話宇宙人メトロン星人
身長 2~50m
体重 120kg~1万8千t
40年前に北川町で事件を起こした後、怪獣倉庫に潜伏して地球を見守ってきた。
便利なツールを手に入れた事でどんどん退化していく人類はいずれ滅びると告げ、マックスであるカイトに別れの挨拶をすると迎えの宇宙船と共に夕焼けの中に消え、地球から去って行った。

続きを読む