帰ってきたウルトラ38番目の弟

ウルトラシリーズについて色々と書いていくブログです。

「トレギア」

「トレギア」
ウルトラマンタイガ』第2話
2019年7月13日放送
脚本 中野貴雄
監督 市野龍一
特技監督 神谷誠

 

海獣チビスケ
身長 75cm
体重 7kg
12年前に子供のヒロユキに拾われて育てられたがレキューム人に連れ去られてしまった。
チョコが好物。

 

海獣キングゲスラ
身長 68m
体重 2万1千t
チビスケがレキューム人に改造された怪獣兵器。
全身からベノムショットを放つ。
脳にコントロールチップを埋め込まれたがヒロユキと再会して自我を取り戻す。
最後はトレギアの攻撃からヒロユキとタイガを庇って倒されてしまった。

 

電波怪人レキューム人
身長 190cm
体重 85kg
ヴィラン・ギルドの構成員で12年前にキングゲスラの幼体であるチビスケを連れ去った。
キングゲスラを怪獣兵器に改造して怪獣オークションにかけるが、ホマレに見付かって取り押さえられる。

 

宇宙商人マーキンド星人
身長 180cm
体重 85kg
ヴィラン・ギルドの構成員で怪獣オークションを取り仕切っていたがトレギアが出現したのを見てオークションを中止する。

続きを読む

「バディゴー!」

「バディゴー!」
ウルトラマンタイガ』第1話
2019年7月6日放送
脚本 林壮太郞
監督 市野龍一
特技監督 神谷誠

 

ニュージェネレーションヒーローズ
トレギアと戦うが罠にかかって取り逃がしてしまう。
援護に来たトライスクワッドに自分達の力を宿らせたブレスレットを託した。

 

ウルトラマンタロウ
身長 53m
体重 5万5千t
ニュージェネレーションヒーローズの追撃を振り切ったトレギアの前に現れた。
息子のタイガを倒したトレギアにウルトラダイナマイトを使う。

 

雛怪獣ベビーザンドリアス
身長 60cm
体重 5kg
怪獣の餌になるので乱獲されて絶滅寸前になっている種。
ヴィラン・ギルドに捕まってゼガンの餌にされそうになるがヒロユキとタイガに助けられて母親のヤングマザーザンドリアスに返された。

 

若親怪獣ヤングマザーザンドリアス
身長 48m
体重 2万t
ヴィラン・ギルドにさらわれた子供のベビーザンドリアスを助けに地球に来るがゼガンのデモンストレーションの相手にされてしまう。子供を守る為にヘルベロスの攻撃を受けて倒されるが、ヒロユキとタイガに子供は助けられ、最後は子供と一緒にリヴァース星人の仲間の宇宙船で宇宙に帰った。

 

リヴァース星人
宇宙人によって絶滅寸前となっている怪獣を保護して生まれ故郷の星に返す活動をしている宇宙人。地球では河津と名乗っている。
事件解決後、仲間達の宇宙船でザンドリアス親子と一緒に地球を去っていった。

 

時空破壊神ゼガン
身長 57m
体重 4万7千t
惑星侵略用の怪獣でヴィラン・ギルドによってオークションにかけられた。
ヤングマザーザンドリアス相手に優勢に戦うが突然現れたヘルベロスに一撃で倒されてしまった。

 

最凶獣ヘルベロス
身長 60m
体重 5万t
霧崎が呼び寄せた怪獣でゼガンを一撃で倒す。
尻尾のブレードテイル、背中から放つヘルエッジサンダー、腕から放つヘルスラッシュ、頭の角から放つヘルホーンサンダーと様々な武器を有している。
タイガのストリウムブラスターを受けて弱った後、オーブレットの力で発射されるスプリームブラスターで倒された。
倒されるとヘルベロスリングとなった。

 

宇宙怪人セミ人間
身長 180cm
体重 150kg
河津を狙ったヴィラン・ギルドの構成員。
ヒロユキとホマレの機転で仲間と同士討ちになった。

 

昆虫宇宙人クカラッチ星人
身長 170cm
体重 75kg
河津を狙ったヴィラン・ギルドの構成員。
ヒロユキとホマレの機転で仲間と同士討ちになった。

 

サーベル暴君マグマ星人
身長 220cm
体重 75kg
ヴィラン・ギルドの構成員で河津が保護していたベビーザンドリアスを狙った。
戦闘力は高くなくヒロユキ相手に苦戦を強いられるが、巨大怪獣のゼガンを切り札として有している。
霧崎が召喚したヘルベロスにゼガンが倒されて計画が失敗に終わるとベビーザンドリアスを捨てて逃亡した。

 

宇宙商人マーキンド星人
身長 180cm
体重 85kg
ヴィラン・ギルドの構成員で怪獣のオークションを取り仕切っている。

続きを読む

「つかみとれ! 未来」

「つかみとれ! 未来 -機械獣ギガバーサーク 機械獣サテライトバーサーク登場-
ウルトラマンマックス』第39話
2006年3月25日放送(第39話)
脚本 小中千昭
監督・特技監督 八木毅

 

地底人類デロス人
身長 180cm
体重 50kg
ミズキ隊員の命を救ったカイトの行動を見て地上人に対する認識を改めた。
バーサークシステムを止める事が出来なかったので、地上人にバーサークシステムに関する警告を伝える。
地上人によってマックスが復活し、マックスがバーサークシステムを停止させたのを見届けると、地上人への期待を述べながら地球が元の姿を取り戻すまで眠りに就く。

 

機械獣サテライトバーサーク
身長 230cm
体重 147kg
デロスが地上人に対する認識を改めたのでカイトとミズキ隊員への攻撃を止める。

 

機械獣ギガバーサーク
身長 990m
体重 9900万t
マックスを倒す為にバーサークシステムが作り出した。
スカウトバーサークがマックスの能力を解析したので、マックスに対して確率100%で勝つだろうと言われた。
一度はマックスを倒し、大気組成の変化で地上の経済活動を停止に追い込んだが、最後はオぺレーション・マックスで復活パワーアップしたマックスに敗れた。

 

ウルトラマンゼノン
身長 47m
体重 3万6千t
地球を去ったマックスを宇宙で待っていて、マックスと一緒にM78星雲へと帰って行った。

続きを読む

「地上壊滅の序曲」

「地上壊滅の序曲 -機械獣サテライトバーサーク 機械獣スカウトバーサーク登場-」
ウルトラマンマックス』第38話
2006年3月18日放送(第38話)
脚本 小中千昭
監督・特技監督 八木毅

 

地底人類デロス人
身長 180cm
体重 50kg
地下8千mにある地殻とマントルの境目であるモホロビッチ不連続面に存在する文明。
人類の産業によってオゾン層が薄くなり、太陽からの有害放射線が地中にまで届くようになった事で滅びようとしていた為、バーサークシステムに保護を求める。

 

機械獣スカウトバーサーク
身長 56m
体重 6万3千t
バーサークシステムがマックスの能力を分析する為に送り込んだ。
両肩から発する光線で地上の街を破壊していく。
ギャラクシーカノンで倒されるが、マックスの能力分析は完了させた。

 

機械獣サテライトバーサーク
身長 230cm
体重 147kg
バーサークシステムが地底世界への侵入者を迎撃する為に設置した。
カイトとミズキ隊員を捕らえ、デロスの真意を伝える。

続きを読む

「星座泥棒」

「星座泥棒 -星獣ケプルス登場-
ウルトラマンマックス』第37話
2006年3月11日放送(第37話)
脚本 小林雄次
監督 八木毅
特技監督 鈴木健二

 

サトン星人
「星空の創造主」とも言うべき一族で、地球人に星空の美しさを啓蒙する為に天球界を建造したが、地球人が森を切り拓いて街を作り地上に光を蔓延させた事で美しい星空が奪い去られた事に怒りと憐れみを抱き、ケプルスを召還した。
サトン星人の末裔であるミズキ隊員を招いて星空の扉を通じて故郷の星へ帰ろうとしたが、ミズキ隊員の説得を受け、未来で地球人と再会する事を願って帰って行った。
劇中では成宮和也と言う地球人の姿で現れているが、絵本の「星座泥棒」ではサトン星人の姿が描かれている。

 

星獣ケプルス
身長 58m
体重 0
成宮和也の描いた絵本「星座泥棒」に登場する怪獣。
天球界の創造と終焉を司る星空の守護獣で、美しい星空を取り戻す為に地上の悪しき光を消し去ろうとした。
夜空の星が集まって実体化したもので物理攻撃が通じず、マクシウムカノンを受けて爆発しても星が集まって復活する。
最後は未来で地球人と再会する事を願ったサトン星人と一緒に故郷の星に帰った。
『ネクサス』のフログロスの着ぐるみを改造している。

続きを読む

「イジゲンセカイ」

「イジゲンセカイ -装甲怪獣レッドキング 幻影宇宙人シャマー星人 電脳珍獣ピグモン登場-
ウルトラマンマックス』第36話
2006年3月4日放送(第36話)
脚本 福田卓郎
監督 金子修介
特技監督 鈴木健二

 

幻影宇宙人シャマー星人
身長 13cm~170cm
体重 210g~68kg
前回の戦いで一人だけ地球に残された事を逆恨みしてマックスへの復讐を誓った。
DASHのディメンション・フォース実験を利用して異次元からレッドキングを召還して代わりにマックスを異次元に送り込もうとしたが、間違ってピグモンも召喚してしまった事で計画が露呈した。
へっぽこ発明家と馬鹿にしていたショーン隊員が発明したブラックメイションで実体を暴かれた事で作戦は失敗に終わり、最後は夜道で猫に襲われて……。

 

装甲怪獣レッドキング
身長 61m
体重 7万3千t
かつてマックスと戦ったのとは別の個体。シャマー星人によってサブジェクト・ファントムに封印されていた生体エネルギーを呼び寄せられて実体化した。
爆発する岩石を大量に飲み込んでいるので爆発すると半径5kmが壊滅状態になる。
口から爆発する岩石を吐き出し、圧倒的なパワーでマックスを苦しめるが、マックスギャラクシーでバリアーに閉じ込められた後にギャラクシーカノンで倒された。

 

電脳珍獣ピグモン
身長 150cm
体重 95kg
レッドキングと同じく、シャマー星人によってサブジェクト・ファントムに封印されていた生体エネルギーを呼び寄せられて実体化した。カイトの事が好きでベッタリと引っ付いている。
シャマー星人によってエリーの体の中に入る事になり、その奔放な言動で周りを混乱させてしまう。
最後はマックスを庇って異次元に送り返されるが、ピグモンの感情はエリーの中に残された。

続きを読む

「M32星雲のアダムとイブ」

「M32星雲のアダムとイブ -星雲守護獣ホップホップ 星雲小獣アダム&イブ登場-
ウルトラマンマックス』第35話
2006年2月25日放送(第35話)
脚本 藤川桂介
監督 金子修介
特技監督 鈴木健二

 

星雲守護獣ホップホップ
身長 26cm~51m
体重 1.5kg~5万3千t
超新星爆発を起こしたM32星雲第5惑星から脱出し、アダムとイブが生きていける惑星を探して宇宙を流離っていた。地球に飛来した際にアダムとイブと離ればなれになり、UDFのサテライト・ラボに移されていた。冬眠していたが、アダムとイブが目覚めたのを察知して活動を開始する。
全身から高熱を発して周囲の森を燃やし、その熱気を一点に集中して撃ち出す事が出来る。マクシウムソードを撥ね返す程の固い装甲に覆われている。
高温の環境に適しているとして、マックスによってアダムとイブと一緒に金星に移された。

 

星雲小獣アダム&イブ
身長 24cm
体重 1.3kg
超新星爆発を起こしたM32星雲第5惑星から脱出し、ホップホップに守護されながら生きていける惑星を探して宇宙を流離っていた。地球に飛来した際にホップホップと離ればなれになるが宇宙と希望の姉弟に拾われる。
ホップホップの存在を察知し、宇宙と希望の自転車を誘導してホップホップの所へ向かう。最後は宇宙と希望の願いによってホップホップと一緒に金星で生きていく事となった。

続きを読む

「ようこそ! 地球へ 後編 さらば! バルタン星人」

「ようこそ! 地球へ 後編 さらば! バルタン星人 -子供の超科学星人タイニーバルタン 超科学星人ダークバルタン登場-
ウルトラマンマックス』第34話
2006年2月18日放送(第34話)
脚本 千束北男
監督 飯島敏宏
特技監督 菊地雄一

 

子供の超科学星人タイニーバルタン
身長 ミクロ~150cm
体重 0.1g~55kg<BR>
水の結晶体を使って他の子供達と力を合わせてマックスのエネルギーを回復させた。
最後はバルタン星の古代遺跡から発掘された銅鐸を鳴らす事で戦いを終わらせ、元の姿に戻ったダークバルタンと一緒に宇宙に帰って行った。

 

超科学星人ダークバルタン
身長 ミクロ~51m(超巨大化時・357m)
体重 0.1g~3万9千t(超巨大化時・27万3千t)
分身やスペルゲン反射鏡と言った新たな能力を見せてマックスと互角の戦いを繰り広げる。
タイニーバルタンがバルタン星から持って来た銅鐸の音を聞いて戦意を失い、ダテ博士が発明したメタモルフォーザーで元の姿に戻ると、最後はタイニーバルタンと一緒に宇宙に帰って行った。

続きを読む