帰ってきたウルトラ38番目の弟

ウルトラシリーズについて色々と書いていくブログです。

『ウルトラマンブレーザー THE MOVIE 大怪獣首都激突』

ウルトラマンブレーザー THE MOVIE 大怪獣首都激突』
2024年2月23日公開
脚本 中野貴雄
監督 田口清隆

 

地底甲獣ズグガン
身長 幼体・167cm 成体・50m
体重 幼体・1t 成体・3万t
生態・習性がかけ離れているタガヌラーと一緒にかなりの数が工場地帯に現れたがブレーザーとアースガロンによって倒された。
ネクロマス社に保管されている宇宙怪獣の細胞に反応して出現したと思われる。

 

甲虫怪獣タガヌラー
身長 60m
体重 5万t
生態・習性がかけ離れているズグガンと一緒にかなりの数が工場地帯に現れたがブレーザーとアースガロンによって倒された。
ネクロマス社に保管されている宇宙怪獣の細胞に反応して出現したと思われる。

 

妖骸魔獣ゴンギルガン(第1形態)
身長 54m
体重 5万4千t
ダムノー星人が防衛隊のミサイルでネクロマス社の研究施設を攻撃した事でダムドキシンが他の保管されている怪獣達の細胞を融合させて誕生した。
感情=魂を求めていてダムノー星人の正体であるマブセ・ユウキを取り込む。

 

妖骸魔獣ゴンギルガン(第2形態)
身長 59m
体重 5万9千t
ユウキを取り込んで第1形態から姿を変えた。
ユウキの感情とシンクロしていて、SKaRDにユウキを奪い返された後もコピーしていたユウキの感情で暴れ続けた。
能力を攻撃に全振りして破壊の限りを尽くす。
最後はブレーザーとアースガロンに引き抜かれた触覚の付け根にアンチ・ダムドキシン特殊弾を撃ち込まれ、ブレーザー光線とアースキャノンを同時に受けて倒された。

続きを読む

「地球を抱くものたち」

「地球を抱くものたち」
ウルトラマンブレーザー』第25話
2024年1月20日放送(第25話)
脚本 小柳啓伍
監督 田口清隆

 

宇宙爆弾怪獣ヴァラロン(第2形態)
身長 60m
体重 6万9千t
月の破片にしがみ付いて地球に飛来した。
V99が地球から離れた後も暴れ続けるが最後は設置した有機爆弾を地球怪獣達に捕食され、自身もブレーザーブレーザー光線で倒された。

 

地球怪獣達
地球の危機を察知したデマーガ、ズグガン、デルタンダルがヴァラロンが設置した有機爆弾を捕食した事で連鎖爆発による地球の危機は回避された。

続きを読む

「第3波接近襲来」

「第3波接近襲来」
ウルトラマンブレーザー』第24話
2024年1月13日放送(第24話)
脚本 小柳啓伍
監督 田口清隆

 

宇宙爆弾怪獣ヴァラロン(第1形態)
身長 55m
体重 6万6千t
月に落下するが生み出した有機爆弾を使って月の軌道を変えて地球にぶつけようとする。
月に来たアースガロンMod.4を返り討ちにし、ブレーザーからエネルギーを吸収して第2形態にパワーアップする。

 

宇宙爆弾怪獣ヴァラロン(第2形態)
身長 60m
体重 6万9千t
月でアースガロンMod.4とブレーザーを退けると月の破片を利用して地球へと向かった。

続きを読む

「ヴィジター99」

「ヴィジター99」
ウルトラマンブレーザー』第23話
2023年12月23日放送(第23話)
脚本 小柳啓伍
監督 中川和博

 

月光怪獣デルタンダル
身長 45m
体重 1万4千t
小笠原諸島上空に二匹現れたがブレーザーによって倒された。
SKaRDの話によると今月だけでも5体現れたらしい。

 

甲虫怪獣タガヌラー
身長 60m
体重 5万t
世界中のティーテリウムが貯蔵されている場所に一斉に現れた。
その殆どが15mから20m級だったが茨城県アメリカに出現した個体は60m級だった。
エネルギー融合で外敵を攻撃する習性を持っていて、過去に現れた個体はゲバルガを攻撃していた。今回も月軌道付近に現れたサード・ウェイブを攻撃するがビームを跳ね返されて倒された。

 

宇宙爆弾怪獣ヴァラロン(第1形態)
身長 55m
体重 6万6千t
バザンガやゲバルガと同じ軌道を通って地球に迫ってきた「サード・ウェイブ」。
タガヌラーの攻撃を受けて月に落下する。

続きを読む

「ソンポヒーロー」

「ソンポヒーロー」
ウルトラマンブレーザー』第22話
2023年12月16日放送(第22話)
脚本 足木淳一郎
監督 中川和博

 

冷凍怪獣ギガス
身長 40m
体重 1万5千t
日本アルプスレッドキングと戦闘中に宇宙から何かが迫っている事を感じる。その後、松本市に現れるがレッドキングとは主従関係みたいなものが出来上がっていた。
冷凍光線で一度はアースガロンとブレーザーを凍結させるが最後はアースガロンとブレーザー・ファードランアーマーの同時攻撃を受けて倒された。

 

どくろ怪獣レッドキング(二代目)
身長 45m
体重 2万t
過去に小笠原諸島の多々利島に出現した個体と特徴が一致していたので「二代目」と呼称される事となった。
日本アルプスでギガスと戦闘中に宇宙から何かが迫っている事を感じる。その後、松本市に現れた時はギガスを配下のように扱っていた。
最後はアースガロンとブレーザー・ファードランアーマーの同時攻撃を受けて倒された。

続きを読む

「天空の激戦」

「天空の激戦」
ウルトラマンブレーザー』第21話
2023年12月9日放送(第21話)
脚本 根元歳三
監督 武居正能

 

月光怪獣デルタンダルB
身長 300m
体重 8万4千t
以前出現した個体の六倍の大きさを誇る。
特性から今回の個体は「デルタンダルB=Bomber(爆撃機)」と呼称され、以前に現れた個体は「デルタンダルF=Fighter(戦闘機)」と呼称される事となった。
地球防衛隊の電磁波実験が行われた海から現れて防衛隊の関連施設を襲撃していく。
最後はブレーザーによって大気圏の外に連れて行かれ、アースガロンMod.3とブレーザー・ファードランアーマーの連続攻撃で倒された。

続きを読む

「虫の音の夜」

「虫の音の夜」
ウルトラマンブレーザー』第20話
2023年12月2日放送(第20話)
脚本 根元歳三
監督 武居正能

 

地底甲獣ズグガン
身長 幼体・167cm 成体・50m
体重 幼体・1t 成体・3万t
窒素を栄養源にしていて地中深くに生息していたがより豊かな土壌を求めて地表付近に現れた。
口から吐く粘液で相手の動きを止め、核シェルター並みの強度を誇る巣を作る。
危険を感じると警戒音を発するが、それをテルアキ副隊長に利用されて、巣は爆弾で破壊されて、成体もファードランアーマーになったブレーザーによって倒された。

続きを読む

「光と炎」

「光と炎」
ウルトラマンブレーザー』第19話
2023年11月25日放送(第19話)
脚本 継田淳
監督 越知靖

 

汚染獣イルーゴ
身長 測定不能
体重 測定不能
ゲバルガの幼体で以前にゲバルガがネットワーク汚染の拠点にした通信施設を中心点に放射状に多数現れた。
地下の通信ケーブルに寄生して広範囲に拡散・増殖していく。
最後はファードランの力を得てパワーアップしたブレーザーとアースガロンによって殲滅させられた。

 

宇宙汚染超獣ブルードゲバルガ
身長 150m
体重 5万5千t
イルーゴの出現箇所の中心点から現れた。
以前にゲバルガが通信施設をジャックした際に種子を地下深くに産み付けていた。
繁殖の役割を持っていて多数のイルーゴを生み出していた。
最後はファードランの力を得てパワーアップしたブレーザーに倒された。

続きを読む

「そびえ立つ恐怖」

「そびえ立つ恐怖」
ウルトラマンブレーザー』第18話
2023年11月18日放送(第18話)
脚本 継田淳
監督 越知靖

 

汚染獣イルーゴ
身長 測定不能
体重 測定不能
地下から突然現れて有毒なガスを一週間に亘って吐き続けた。
細胞構造が地球上のどの生物とも一致しなかった為に宇宙生物と考えられ、防衛隊の上層部はバザンガやゲバルガに続く「サード・ウェイブ」の可能性を疑っていた。
自身の活性化の為に周囲を汚染していて、逆に空気を清浄化させられると弱体化する。
丸くなるとゲバルガに似た姿に変形する。
チルソナイトソードが発生させたプラズマによってイルーゴガスが中和されると最後はブレーザーとアースガロンによって殲滅させられた。と思いきや……。

続きを読む