帰ってきたウルトラ38番目の弟

ウルトラシリーズについて色々と書いていくブログです。

「さらばウルトラマン」

「さらばウルトラマン -ゼットン・バルタン星人登場-
ウルトラマンパワード』第13話
1994年8月25日発売(第7巻)
脚本 ウォルター・A・ドォティ三世(原案 伊藤和典
監督 キング・ワイルダー
特殊効果 ジョセフ・ビスコーシル

 

宇宙恐竜ゼットン
身長 99.9m
体重 6万6666t
バルタン星人が手に入れた情報をフルに活用して生み出した怪獣。
繭の状態でW.I.N.R.基地に落下して現れた。火球でアメリカ陸軍の戦車部隊を全滅させる。
パワードのメガ・スペシウム光線を吸収するが、パワードの機転によってメガ・スペシウム光線を吸収能力の無い背後に受けて消滅。しかし、パワードもエネルギーを使い果たして相打ちとなった。

 

宇宙忍者サイコバルタン星人
身長 ミクロ~75m
体重 0~2万6千t
バルタン星人の指導者と思われる存在。
パワードが力尽きたのを見計らって母船でW.I.N.R.基地上空に出現してスカイハンターのウルトラレーザーと対決する。
そこに現れたパワードの仲間とスカイハンターによる三方向からのウルトラレーザーを受けて母船は爆発、バルタン星人の侵略は終わりを告げた。

 

M78星雲人
カイ曰く「パワードの友達」。赤い玉の状態で2体現れた。
W.I.N.R.の危機に駆けつけて共にバルタン星人の母船を倒し、力尽きたパワードを赤い玉に変えて連れ帰った。

続きを読む

「パワード暗殺計画」

「パワード暗殺計画 -レッドキング・ドラコ登場-
ウルトラマンパワード』第12話
1994年8月25日発売(第7巻)
脚本 ウォルター・A・ドォティ三世(原案 伊藤和典
監督 キング・ワイルダー
特殊効果 ジョセフ・ビスコーシル

 

どくろ怪獣レッドキング
身長 70m
体重 4万2千t
バルタン星人の繭から現れたドラコと戦うがカマで喉を切られて瞬殺されてしまった。
怪獣魔境へ飛べ!」に登場したオスのレッドキングと同じ個体かどうかは語られていない。もし同じ個体なら妻の仇を討ちにパワードに挑戦しに来たのだろうか?

 

彗星怪獣ドラコ
身長 60m
体重 3万t
バルタン星人がパワードのデータを集める為に送り込んだ怪獣。
カマでレッドキングを瞬殺した。
全身が生体反射外骨格で覆われていてミサイルの直撃も通じず、メガ・スペシウム光線も弾いてパワードを一時退却に追い込んだ。
街に侵入してW.I.N.R.と再び戦い、スティンガーミサイル5発を同一箇所に連続して受けるが最後の改造弾頭ミサイルをカマで弾き返し、ストライクビートルをカマで撃墜した。
続いてパワードとも再び戦い、パワードスラッシュも通じず、パワードに大ダメージを与えるが、スティンガーミサイル5連発で弱った部分をメガ・スペシウム光線でピンポイント攻撃されて倒された。
しかし、音波シグナルでパワードのデータをバルタン星人の母船に収容されているゼットンに送った。

 

宇宙恐竜ゼットン
身長 99.9m
体重 6万6666t
バルタン星人の母船でドラコから送られるパワードのデータを受け取る。

続きを読む

「よみがえる巨獣」

「よみがえる巨獣 -ゴモラ登場-
ウルトラマンパワード』第11話
1994年7月25日発売(第6巻)
脚本 ティム・レーネーン(原案 伊藤和典
監督 キング・ワイルダー
特殊効果 ジョセフ・ビスコーシル

 

古代怪獣ゴモラ
身長 65m
体重 5万5千t
チリのアンデス山脈でミイラの状態で発見された、1億8千万年以上前の湿地帯に生息していた古代恐竜ゴモラサウルスの一種。
恐竜館に置かれていたが大量の雨を吸って復活する。水牛のように暖かくて湿った気候を好むので川の中に潜んでいたが、浅瀬に上陸したところを麻酔弾を受けて捕獲される。スカイハンターでの移送中に麻酔が切れた為に暴れ出し地上に落とされてしまう。よろめきながら街を破壊しているところをパワードの攻撃を受けて力尽きた。その後、亡骸は恐竜館に展示される事となった。

続きを読む

「二人の英雄」

「二人の英雄 -ペスター登場-
ウルトラマンパワード』第10話
1994年7月25日発売(第6巻)
脚本 バド・ロバートソン(原案 山口宏 バド・ロバートソン)
監督 キング・ワイルダー
特殊効果 ジョセフ・ビスコーシル

 

油獣ペスター
身長 50m
体重 4万6千t
原油を食料にして体内で加工する機能を持つ「生きる石油精製所」で、アントニオ湾石油会社の石油を次々に襲った。以前にも現れた事があるらしい。
普段は海中にいるが油脈を使って地中も移動する。単純な知覚器官を備えていて音波に敏感に反応する。
口から炎を吐き、絶対零度液体窒素弾を受けても活動できる。
アルトゥーロの援護を受けたパワードに空高く放り投げられ、メガ・スペシウム光線で爆発、花火のように散った。

続きを読む

「復活! 二大怪獣」

「復活! 二大怪獣 -アボラス・バニラ登場-
ウルトラマンパワード』第9話
1994年6月23日発売(第5巻)
脚本 バド・ロバートソン(原案 山口宏)
監督 キング・ワイルダー
特殊効果 ジョセフ・ビスコーシル

 

青色発泡怪獣アボラス
身長 65m
体重 3万t
3000年前の古代人によって棺に封印された「青い悪魔」。
クレアウォーターキャニオンの洞窟内で大学生によって発見され、シャッター音で封印が解かれて復活した。
口から青い液体を吐いてバニラに勝利する。
W.I.N.R.との戦いではミサイルを手で弾き、青い液体でストライクビートルを溶かした。スカイハンターの攻撃で一度倒されるが再び起き上がる。
ウィティカー博士が再現した棺が奏でていた旋律で弱ったところをメガ・スペシウム光線を受けて消滅した。

 

赤色火焔怪獣バニラ
身長 65m
体重 3万t
アボラスと同じく古代人によって棺に封印された「赤い悪魔」。
水の引いた川底から発見され、ウィティカー博士が調査中に封印を解いてしまった。
口から赤い炎を吐く。
アボラスに一度倒されるが、赤い光となって復活すると今度はアボラスと一緒にパワードと戦った。
ウィティカー博士が再現した棺が奏でていた旋律で弱ったところをメガ・スペシウム光線を受けて消滅した。

続きを読む

「侵略回路」

「侵略回路 -ダダ登場-
ウルトラマンパワード』第8話
1994年6月23日発売(第5巻)
脚本 ジョン・ダグラス(原案 伊藤和典 ジョン・ダグラス)
監督 キング・ワイルダー
特殊効果 ジョセフ・ビスコーシル

 

三面怪人ダダ
身長 0~55m
体重 0~1万t
ニューロネット・インダストリー社を解雇されたリチャード・マーリンがコンピューターウィルスを製作中に行き当たったコンピューター生命体。生命と体の構成モデルの情報を見付けて分析し、人間を電子にしてコンピューター内に吸い込み炭素ユニットを奪って体を得た。
マーリンによってニューロネット社の関係者のもとに送られていたが、やがてマーリンを襲い、続いてニューロネット社を占拠してダダ・フィールドを展開すると、ニューロネット社の重役二人を自分と同じダダに変えた。
一度倒されてもすぐに復活し、W.I.N.R.の隊員もダダ・フィールドに捕らえた。パワードが現れると3人のダダが合体し送電線を伝って巨大化した姿を現した。
手からエネルギー弾を発し、サイコキネシスで物体を操る。体の密度を変化させてパワードの攻撃を避けるが、メガ・スペシウム光線で送電線を破壊されて消滅した。事件後、ニューロネット社のメインフレーム解体が決定して全てが終わったと思われたが……。

続きを読む

「灼熱の復讐」

「灼熱の復讐 -ザンボラー登場-
ウルトラマンパワード』第7話
1994年5月24日発売(第4巻)
脚本 トッド・ギルバート(原案 山口宏)
監督 キング・ワイルダー
特殊効果 ジョセフ・ビスコーシル

 

灼熱怪獣ザンボラー
身長 87m
体重 5万t
シアトル周辺の森林地帯に出現した。ヤング曰く「地球の警告かもしれない。自然を破壊していく人間を懲らしめているんじゃない」、サンダース曰く「地球が怪獣を作ったって言うのか?」な怪獣。
高熱を発し、山火事を起こす。メガ・スペシウム光線も効かない。
パワードが山火事を鎮火してザンボラーを説得したと言われているが、人間に警告を伝えたザンボラーが自分から去っていったようにも見える。

続きを読む

「宇宙からの帰還」

「宇宙からの帰還 -ジャミラ登場-
ウルトラマンパワード』第6話
1994年5月24日発売(第4巻)
脚本 スティーヴン・カランディ(原案 伊藤和典
監督 キング・ワイルダー
特殊効果 ジョセフ・ビスコーシル

 

棲星怪獣ジャミラ
身長 180cm~60m
体重 80kg~1万8千t
木星への初の有人飛行探査船の指揮官ジャミラ・ミラー空軍少佐が謎の青い玉と同化した存在。娘のカレンに会いたい一心で宇宙から帰還する。
人間の心が残っている間は人間の姿を保っていられたが、段々と青い玉に心と体を乗っ取られていって怪獣へと変貌した。
自分を軍事利用する為にカレンを捕らえた国家保安局への怒りから完全に怪獣と化したが、カレンの訴えで人間の心を取り戻すと、このまま怪獣として生きる事に耐えられなくなり、パワードに自分を殺してくれるよう頼んでメガ・スペシウム光線で死亡した。
ジャミラを乗っ取った青い玉は大量のチタンを含んでいる以外、正体は一切不明だった。
「カレン……、もう一度お前に会いたい……。人間の心が無くなる前に……」。

続きを読む

「電撃防衛作戦」

「電撃防衛作戦 -ガボラ登場-
ウルトラマンパワード』第5話
1994年4月21日発売(第3巻)
脚本 バド・ロバートソン(原案 山口宏)
監督 キング・ワイルダー
特殊効果 ジョセフ・ビスコーシル

  

ウラン怪獣ガボラ
身長 85m
体重 5万t
LTクラスの大きさを持つ怪獣。爬虫類で表面は鱗と硬い皮膚で覆われている。
鉱物を消化してエネルギーを得る為、ウランを狙って採掘現場やアメリカ海軍の試作段階の兵器を襲い、最後は発電所を狙った。全身がウランで出来ていて強力な放射線で周囲に電波障害を起こす。動き回る生きた原発
頑丈な防御殻で頭部を守っているが感情が高まると開くようになっていて、ストライクビートルの攻撃を受けて防御殻が開いたところをメガ・スペシウム光線を受けて消滅した。

続きを読む

「闇からの使者」

「闇からの使者 -テレスドン登場-
ウルトラマンパワード』第4話
1994年4月21日発売(第3巻)
脚本 スティーヴン・カランディ(原案 伊藤和典
監督 キング・ワイルダー
特殊効果 ジョセフ・ビスコーシル

 

地底人太陽の民
身長 120cm
体重 750kg
かつて地上を支配していたが巨大隕石の落下で地上が破壊された時に「エルドラの神」によって地下に導かれて再び光が訪れるのを待っていた。
パワードをエルドラの神の再来と考えてカイを拉致し、地上を汚し腐れ果てさせた人類を打ち砕こうとテレスドンを放った。
カイがフラッシュプリズムの光を開放した後の動向は不明。

 

地底怪獣テレスドン
身長 62m
体重 13万t
太陽の民が人類を打ち砕く為に地上に放った怪獣。
あらゆる攻撃にもビクともしない頑丈な皮膚を持つ。サイボーグかロボットと思われる。
日没と共に街を破壊し夜明けと共に地下に戻る。地中の生物なので光が苦手だったが、二度目の出現時には目にフィルターが施されていた。
パワードに押さえ込まれた隙にストライクビートルのマグネシウム照明弾を至近距離で受け、最後はメガ・スペシウム光線を受けて爆発炎上した。

続きを読む