帰ってきたウルトラ38番目の弟

ウルトラシリーズについて色々と書いていくブログです。

「恐怖の超猿人」

「恐怖の超猿人」
ウルトラセブン』制作第45話
1968年8月4日放送(第44話)
脚本 上原正三市川森一
監督 鈴木俊継
特殊技術 大木淳

 

宇宙猿人ゴーロン星人
身長 35m
体重 8千t
脳波催眠でモンキーランドを占拠し、脳波交換装置で人間と猿の脳波を入れ替えた猿人間を作り出して地球を征服しようとしていた。
普段はモンキーランドのゴールデンライオンタマリンに変身している。
姿を消す。目から怪光線を撃つ。
手裏剣光線とエメリウム光線の連続攻撃を受けて爆発した。

 

猿人ゴリー
身長 2m
体重 70kg
人間が猿と脳波を入れ替えられた猿人間。強靱な肉体と怪力を誇り、身も軽い。
普段は人間の姿だが興奮するとゴリラのような姿に変わる。
怪我の手当てをしてくれたアンヌ隊員に好意を抱くが最後はウルトラ警備隊に射殺されてしまった。
名前の由来は「ゴリラ」かな。

 

物語
警察が人間ともゴリラとも区別が付かない謎の怪物に襲われた。
ダンとアンヌ隊員はモンキーランドに調査に向かうが……。

 

感想
猿が人間を支配する『猿の惑星』と猿人が女性に恋をする『キング・コング』の要素がある話。

 

時々、それはウルトラ警備隊の仕事ではないだろうと思う事があるが、今回は犯人が普通の人間ではないと言う事で上手く理由付けしていた。

 

モンキーランドの助手がいきなり鞭を使ったのには驚いた。ウルトラシリーズでは珍しい女王様タイプの敵である。
怒り狂ったゴリーに殺されたかと思いきや実は生きていたのにも驚いた。ゴリーが手加減してくれたのかな?

 

ゴーロン星人は脳波催眠が使えるのに、わざわざ人間を猿人間に改造して地球を征服しようとしていた。ゴリーは普通の人間より強靱になっていたので、労働力を確保しようとしていたのかもしれない。

 

ゴリーはゴーロン星人の被害者だったので、もう少しフォローが欲しかったところ。

 

ウルトラセブンとゴーロン星人の戦いはスピーディーで中々面白い。

 

どうしてダンはポインターの配線が切られた事を故障としたのか?
どうしてアンヌ隊員はビデオシーバーで助けを呼ばず日本ラインを使って逃げたのか?
今回の話はタイアップ先を無理矢理使った展開で全体的に強引だったのが残念。

 

 

ウルトラセブン Blu-ray BOX Standard Edition

ウルトラセブン Blu-ray BOX Standard Edition