帰ってきたウルトラ38番目の弟

ウルトラシリーズについて色々と書いていくブログです。

「ゼロの決死圏」

STAGEⅡ ゼロの決死圏」
『ウルトラ銀河伝説外伝 ウルトラマンゼロVSダークロプスゼロ』第2話
2010年12月22日発売
脚本 荒木憲一
監督 おかひでき

 

ウルトラマンレオ
身長 52m
体重 4万8千t
ゼロの師匠で、ダークロプスゼロとの戦いで弾き飛ばされたゼロツインソードを回収し、ニセウルトラ兄弟に苦戦するゼロを助けた。
レオゼロダブルフラッシャーでニセウルトラ兄弟を倒し、次元トンネルの壁を破壊してゼロを惑星チェイニーに帰還させた。

 

古代怪獣ゴモラ
身長 40m
体重 2万t
レイに招喚されてサロメ星人の基地を破壊する。
レイと別次元のレイモンの二人がかりでネオバトルナイザーを扱った為、通常より強力な超振動波を放ってメカゴモラを倒した。

 

ニセウルトラ兄弟(SRチーム)
ロボット超人ニセウルトラマン(SR)
身長 40m
体重 3万5千t
初代マンを基に作られたロボットでスペシウム光線等を使用する。
レオゼロダブルフラッシャーで倒された。

 

ロボット超人ニセウルトラセブン(SR)
身長 40m
体重 3万5千t
セブンを基に作られたロボットでアイスラッガー等を使用する。
レオゼロダブルフラッシャーで倒された。

 

ロボット超人ニセウルトラマンエース(SR)
身長 40m
体重 4万5千t
エースを基に作られたロボットでメタリウム光線等を使用する。
ワイドゼロショットで倒された。
サロメ星人の基地には他にも量産されたニセウルトラ兄弟がいたが、基地崩壊と共に壊滅した。

 

メカロボット怪獣メカゴモラ
身長 44m
体重 2万2千t
レイのゴモラによるサロメ星人の基地破壊を食い止めるべく出撃された。
最初はサロメ星人の命令に従っていたが、ダークロプスゼロの支配下に置かれ、ダークロプスゼロと共にゼロとゴモラに戦いを挑んだ。
最後はレイと別次元のレイモンが力を合わせて放ったゴモラの超振動波を受けて倒された。

 

侵略星人サロメ星人
身長 不明
体重 不明
ダークロプスゼロのディメンジョンコアの制御に成功し、多次元宇宙を自由に行き来する事が可能となった。
量産したニセウルトラ兄弟をあらゆる次元の全宇宙に送り込んで全てを支配しようとしたが、ネオバトルナイザーを取り戻したレイの反撃と自我を取り戻したダークロプスゼロの反抗によって全てが無となった。

 

ダークロプスゼロ
ダークロプスゼロ時 身長 45m 体重 3万5千t
テクターギアブラック時 身長 45m 体重 4万5千t
別の宇宙で作られた謎の存在。
宇宙を放浪していたところをサロメ星人の科学力によって甦った。
サロメ星人の命令を聞くように改造され、テクターギアブラックと言うアーマーを装着させられていたが、自らの意思でテクターギアブラックを破壊し、ゴモラサロメ星人の基地を破壊している隙を突いてサロメ星人に反旗を翻した。
その後はメカゴモラ支配下に置いてゼロとゴモラを倒そうとするが、メカゴモラを倒され、自身もゼロのプラズマスパークスラッシュの前に敗れ去る。最後にゼロに対して不吉な言葉を吐いた後、ディメンジョンコアを暴走させて全てを無に帰そうとしたが失敗した。

 

物語
ダークロプスゼロのディメンジョンストームによってニセウルトラ兄弟もろとも次元の狭間に吹き飛ばされたゼロ。
ゴモラとリトラを倒され、ネオバトルナイザーを奪われてしまったレイ。
そこにレオが、別次元のレイモンが現れる!

 

感想
ゼロとの戦いを終えて回収されたダークロプスゼロの脳裏に浮かび上がるカイザーベリアルの姿。
やはりベリアルは生きていた……!

 

捕らわれたレイの所にやって来たのはバーストモードのレイモン。別次元のレイモンは装置を無茶苦茶に破壊した挙句に「あれ?」と言ったりしてキャラクターが違っている。
別次元のレイモンは惑星ハマーでボスにアイスラッガーを投擲されてバーストモードから正気に戻ったエピソードが無かった。
暴走する別次元のレイモンを「落ち着けー!」と叫んで殴るレイは『銀河伝説』のボスを思わせるもので、このパンチで別次元のレイモンもバーストモードから正気へと戻るのだった。

 

今回のレイと別次元のレイモンのようにウルトラシリーズは同じ人物でも異なる物語を見せるキャラクターがいて、例えばセブンは『セブン』の後に第2期ウルトラシリーズ、『平成セブン』、『SEVEN X』といくつかの後日談を持っていて、タロウも『T』とは違った成長物語だった『ウルトラマン物語』がある。他にも『初代マン』等はTVシリーズと再編集の映画とではストーリーが色々と変わっている。これらも本作に登場した異なる次元の為に異なる物語を辿ったレイと同じく、異なる次元の為に異なる物語を辿ったと解釈する事が出来る。
このように完全に新規の世界観を持つ作品の製作が難しくなっていったウルトラシリーズは過去の円谷プロ作品を再編集映画等も含めて全て一つに結び付けて、過去のキャラクターや設定等を再利用できるように環境を整備していった。

 

レイは惑星ハマーで受けたアイスラッガーの傷を別次元のレイモンに見せて「絆の象徴である胸の傷がある限り、二度とレイブラッドの言いなりにはならない」と宣言する。
あれ? 『銀河伝説』でベリアルの能力で暴走していたような……。あの時にボスのパンチを受けてからもう二度と……と言う意味かな?
初登場の頃のレイを知っていると「仲間とウルトラマンが信じてくれたから暴走を克服できた」と言うレイの言葉には感慨深いものがある。ケイトの計画とは違ったのだろうが、信じあえる仲間と出会えた事でレイは本当に強くなったと思う。

 

ロボットではあるがゼロとセブンの親子対決が実現!
セブンを相手にさすがに死を覚悟したゼロの前にレオが現れる。
「最後まで諦めるな! 修行の日々を思い出せ、ゼロ!」。
殴り飛ばさないで叱咤激励で済ましてくれる辺り、レオはかつてのセブンよりは穏やかな師匠だ。
今回のレオはキングのようにウルトラマントを羽織っている。今までアームブレスレットとして装着していたので、まさかマントを羽織って来るとは思わなかった。ウルトラ6兄弟がブラザーマントを纏い、レオもウルトラマントを纏うと、いつの間にかウルトラ兄弟はマント集団になっていた。そしてこの中では一番下のレオのマントが一番威厳を感じる。
おか監督によると本作でのレオの登場シーンは内山まもるさんの『ザ・ウルトラマン』でのメロスの登場シーンをイメージしたとの事。
こうしてゼロとレオの師弟タッグの反撃が始まり、ロボットではあるがレオとセブンの師弟対決も実現した。
それにしてもレオは強くなった。なにせ『メビウス』で再登場してからここまで負け無し! 他のウルトラ兄弟が『メビウス&ウルトラ兄弟』や『銀河伝説』で敗北を喫しているのを見ると優遇されている感じがする。

 

サロメ星人はダークロプスゼロのディメンジョンコアと言う一歩間違えたら宇宙さえも消滅させてしまう禁断の兵器の制御に成功して多次元宇宙を自由に行き来する事が可能となった。そして量産したニセウルトラ兄弟をあらゆる次元の全宇宙に向けて送り込み、全てを支配しようとしていた。
基地内にズラリと並んだニセウルトラ兄弟の光景は壮観。これだけの戦力があれば宇宙支配も可能かもしれない。
サロメの科学は万能よ。ウルトラ兄弟はおろか、あなたのバトルナイザーからメカゴモラを作る事もね」と別次元にレイモンに話した台詞はかつてのペダン星人を思い出す。そしてペダン星人とは違った形ではあるが、サロメ星人も内部の思わぬところから綻びが生まれて破滅を招く事となった。
因みにサロメ星人の計画は『銀河帝国』でカイザーベリアルが光の国に対して実際に行う事となる。
「平和を守るウルトラ兄弟が全宇宙を制圧する。サロメの手先としてね」。

 

前回の戦いでネオバトルナイザーを失ったレイだったが、ボスがネオバトルナイザーを見付けて届けると、レイはゴモラを召還してサロメ星人の基地を破壊する。
サロメ星人はメカゴモラを出撃させるが基地崩壊は進み、その隙に動き出したダークロプスゼロはサロメ星人に反旗を翻す。こういう他生物を制御下に置こうとした科学者の末路らしく、イラテとガナエスはダークロプスゼロに踏み潰されてしまう。
ダークロプスゼロはヘロディアの命令を無視して基地を完全に破壊しニセウルトラ兄弟も壊滅させると、ヘロディアを指で持ち上げ、「何故だ?」と問う彼女に対して嘲笑いながら答える。
「思い上がるな、人よ。命などと言う儚いものにすがる貴様達にこの俺を支配できると思っていたのか? フハハハハ!」。
この時のヘロディア役の宮下ともみさんの様々な感情が入り混じった表情が秀逸。制御下に置いていた存在に反抗されると言うのは昔からよくある定番パターンなのだが、この時のヘロディアの表情で本作の印象がぐっと強まった。一種の狂喜を孕んだ高笑いといい、宮下さんの演技でヘロディアはかなり強烈な印象を残すキャラクターとなった。

 

メカゴモラを自分の支配下に置いたダークロプスゼロ。
どのような能力なのか詳しく語られていないが、ダークロプスゼロを作ったベリアルもレイの中に眠るレイブラッドの血を覚醒させたり、ミラーナイトやゼロに自分の闇を注入して闇の存在に仕立てたりしているので、その類のものなのかもしれない。

 

メカゴモラが誕生したのは自分の責任だとして別次元のレイモンも戦闘に参加。レイと別次元のレイモンの二人がかりでネオバトルナイザーを扱う。二人がかりの力のおかげか、ゴモラはノーマルの超振動波でありながらメカゴモラに勝利する。
「宇宙の男の……勲章か。胸の傷だよ」。
戦いを終えた別次元のレイモンはネオバトルナイザーを一緒に手に取った時にレイの記憶が流れ込んだと言い、その記憶を見て自分もレイブラッドから解放されたようだと告げる。
しかし、レイと握手をする前に別次元のレイモンは光となって消滅してしまう。悲しむレイだったが、その悲しみをこらえてゼロとダークロプスゼロの決戦を見守る。

 

ダークロプスメイザーを受けて消滅したかと思いきや、ゼロはダークロプスゼロの頭上に回り、逆さになって相手の頭を掴む。相手の頭上を取るのはダークロプスの初登場と同じで仕返しと言える。
ダークロプスゼロ「負けはしない……! 貴様などに負けはしない!」、
ゼロ「やっと本気か、おせぇんだよ! 俺のビッグバンはもう止められないぜ!!」。
ゼロはダークロプスのダークロプスゼロスラッガーをビッグバンゼロで破壊し、ディメンジョンストームを撃とうとするダークロプスゼロをゼロツインソードのプラズマスパークスラッシュで斬る!
ゼロ「お前の必殺技はな、とっくに見切ってんだよ!」。
ゼロの台詞はテンションが高くてバトル中の叫びに合っている。
しかし、前回の「2万年早いぜ!」に今回の「俺のビッグバンはもう止められないぜ!!」とゼロはあまり考えずに思い付いた言葉を勢いで叫んでいるだけのようにも見える時がある……。

 

戦いに敗れたダークロプスゼロは「これで勝ったと思うな……」と倒された敵が放つお約束台詞を口にする。
「宇宙を揺るがす恐怖と絶望のカウントダウンは……既に始まっている。やがて我々の宇宙から強大な……!」。
最後にダークロプスゼロはディメンジョンコアを暴走させて全てを無に帰そうとするが、ゼロはレイとボスが乗り込んだスペースペンドラゴンを抱えて惑星チェイニーを脱出。次元トンネルを覆う強大な次元エネルギーの波動を振り切り、レイとボスは時間も場所も宇宙の歪みに吸収される直前に戻る事が出来た。
サロメ星人によって歪められた次元が元に修正されて宇宙の歪みも消え、多次元宇宙消滅の危機は回避され、別次元のZAPクルーも無事が確認されたのだった。

 

元の宇宙に戻った後、レイはゼロの姿が見えない事を心配するがボスは大丈夫だと自信を持って答える。そんなボスの言葉通り、ゼロは無事に光の国へと帰還するのだった。
ゼロシリーズの前半ではレイとゼロが物語の中心になっているのだが両者がガッツリと絡む事は意外と少ない。

 

実はダークロプスゼロはサロメ星人が作ったロボットではなく、宇宙を放浪していたところを発見して甦らせたものだった事がヘロディアによって明らかになる。
別の宇宙から来たであろうダークロプスゼロの正体については後の『銀河帝国』で明らかになる。

 

主題歌はvoyagerの『新しい光』となっている。