帰ってきたウルトラ38番目の弟

ウルトラシリーズについて色々と書いていくブログです。

「明日を懸けた戦い」

「明日を懸けた戦い」
ウルトラマンギンガS』第16話
2014年12月23日放送(第16話)
脚本 中野貴雄
監督 坂本浩一

 

幻覚宇宙人メトロン星人ジェイス(SD)
身長 14cm~50m
体重 150g~1万8千t
元はエクセラーのエージェントだったがアイドルである千草のファンになって地球侵略の任務を放棄した。
降星町から発信された千草のライブを応援していた。

 

宇宙怪人バルキー星人(SD)
身長 14cm~49m
体重 150g~2万2千t
ワームホール(SD)に飲み込まれて色々な宇宙を漂っていたが、イカルス星人の異次元を通って元々いた地球に帰還した。
ダークルギエル特戦隊の一人としてUPGやビクトリアンと戦うが、アリサによって倒された。

 

異次元宇宙人イカルス星人(SD)
身長 14cm~40m
体重 150g~1万8千t
ワームホール(SD)に飲み込まれて色々な宇宙を漂っていたが、自身が異次元を操れる事を思い出し、異次元を通って元々いた地球に帰還した。
ダークルギエル特戦隊の一人としてUPGやビクトリアンと戦うが、ガンパッドを持つ友也に倒された。

 

暗殺宇宙人ナックル星人グレイ(SD)
身長 14cm~43m
体重 150g~2万t
ワームホール(SD)に飲み込まれて色々な宇宙を漂っていたが、イカルス星人の異次元を通って元々いた地球に帰還した。
ダークルギエル特戦隊の一人としてUPGやビクトリアンと戦うが、念動力を使うキサラ女王によって倒された。

 

変身怪人ゼットン星人ベルメ(SD)
身長 14cm~2m
体重 150g~60kg
ダークルギエル特戦隊の一人としてUPGやビクトリアンと戦うが、ゴウキによって倒された。

 

超咆哮獣ビクトルギエル
身長 測定不能
体重 測定不能
宇宙最強の肉体ルギエルと宇宙最高の頭脳エクセラーが一つになった究極の生命体だったが、復活したルギエルによってエクセラーはスパークドールズに戻されてしまった。
マナによってシェパードンのクリスタルスパークドールズを取り戻され、ビクトリーのシェパードンセイバーフラッシュでビクトリウム・キャノンを破壊される。
内部と外部の同時攻撃でしか倒せず、内部に残っていたマナがシステムを暴走させ、外からギンガとビクトリーが合体光線コスモミラクエスペシャリーを放って倒した。
倒された後、吸収したビクトリウムのエネルギーは地球へと還っていった。

 

ダークルギエル
身長 ミクロ~無限大
体重 0~無限大
命に限りがあるからこそ悲しみや過ちが生まれると考え、新たな悲しみや過ちが起きないよう全ての生きとし生きる者をスパークドールズにしようとした。
幸福の中で全ての時間を停止させる事こそが永遠の命だと考えていた。
エクセラーを倒してビクトルギエルの制御を奪った後、一度はギンガとビクトリーを倒すが、「悲しみや過ちが起きたとしても、それを乗り越えてより良い未来を次の世代へと受け継いでいく事こそが永遠の命だ」とするギンガ達に敗れる。
ギンガの説明によると元々はギンガと一つの存在だったらしい。

 

物語
遂に復活を果たしたルギエル。
全ての生きとし生きる者をスパークドールズにして幸福を実現させようとするルギエルに対し、ヒカル達は未来に命を受け継がせる為に立ち上がる!

 

感想
ビクトリウム・キャノンを撃とうするエクセラーであったが、マナは装置からシェパードンのクリスタルスパークドールズを奪って外にいるビクトリーへと投げる。
そんな簡単に装置から出せるものだったのか。神山長官の時はシェパードンが抵抗したとして、やはりアリサ達がショウを助けた時に一緒に持って行けたのでは……。

 

シェパードンのクリスタルスパークドールズが戻り、ビクトリーはシェパードンセイバーフラッシュでビクトルギエルの胸にあるビクトリウム・キャノンを破壊。
エクセラーは地球人の武器ごとき失ったところでどうと言う事は無いと叫ぶ。
エクセラー「エクセレント! 見たか、このパワー! 宇宙最高の頭脳は宇宙最強の肉体に宿る! 偉大なるグランドマスター・ルギエル。これであなたの体は完全に復活……!」。
しかし、そこで爆発が起きてエクセラーはスパークドールズに。
ルギエル「ご苦労だった……。我が名はルギエル。ダークルギエル……。我は今、蘇りたり……」。
視聴者全員が「やっぱりね……」と思ったエクセラーの末路であった。
ルギエルを復活させた後にビクトルギエルを完全に破壊する事がビクトリウム・コアの目的。本当の敵はやはりルギエルであった。
エクセラーが甲高い声の早口で小物臭かったのに対し、ルギエルは落ち着いた感じで低くゆっくりと喋っていて威厳がある感じになっている。

 

ルギエルが復活したビクトルギエルは目から放つ赤い光線でヒカルとショウのライブを解除して残ったギンガとビクトリーを石像化した。
『ギンガ』の「闇と光」に登場したスーパーグランドキングがライブを解除させる光線を吐いていたが、それのパワーアップ版かな?

 

ビクトルギエルの破壊活動によって雫が丘は電源も食料も薬も無くなり、道路も寸断されて外からの救援も来れなくなってしまった。この時の避難所の様子は東日本大震災の時を思い出す。シュナウザーが避難所の電源となる等、設定が効果的に使われていた。
ここにボランティアで来ていた美鈴が現れ、自分が作った和菓子を避難所の人々に渡していき、降星町にいた千草は謙太の中継で雫が丘の人達に『ウルトラマンギンガの歌』を届けると、『ギンガ』時代のメンバーが全員揃い、戦う事は出来なくても自分達に出来る事をして事態を好転させていくのが素晴らしい。特に千草は『ギンガ』時代の頃はここまでのキャラに育つとは思わなかった程に重要な役を担うようになった。
クライマックスで主題歌が流れるのはヒーロー作品のお約束だが、今回はアイドルになった千草の存在で単なる演出に留まらず劇中においても意味のある主題歌使用となった。
「私、信じている。どんな時でも歌は皆を元気にしてくれるって。歌は皆を一つにしてくれるって」。
そう言えば、東日本大震災の時もラジオで『アンパンマンのマーチ』がたくさんリクエストされたと言う話があったなぁ。

 

歌っている千草を応援しているジェイス。
千草の追っかけをしていると言う事はジェイスは雫が丘以外の街にも行ってると言う事なんだな。地球侵略の任務を放棄してから「君に会うために」まで行方が知られていなかったのは、千草を追っかけて雫が丘以外の街にも行っていたからなのかな。

 

千草のライブはネット中継で、それを人々がスマホ等で見ている。
ここはTV中継だった『ガイア』や『メビウス』との時の流れを感じる。

 

仲間と悪魔」に登場した妊婦が母子共に危険な状態に陥っている事を知ったショウは自分のビクトリウムの水晶を妊婦に握らせて容態を安定させる。
そこにキサラ女王達ビクトリアンがやって来て、大いなる災いを乗り越えるには全ての者が力を合わせるしかないと語り、自分達の持っているビクトリウムの水晶を合わせたらヒカルとショウは再びウルトラマンになれるはずと告げる。
「ビクトリウムとスパークドールズは同じ波動エネルギーを持っている」「ビクトリウムは地球エネルギーそのもの」と言う設定からビクトリウムを使えば何でもアリ状態になってきた。

 

平和の為にマナが犠牲になるしかない。その事にヒカルは躊躇するが、美鈴は「命を回復させる。それがマナ。その言葉を教えてくれたのはヒカル君よ」と告げる。
後にマナが復活する事を示唆しているような言葉だが……?

 

ここにバルキー星人、イカルス星人、グレイ、ベルメによるダークルギエル特戦隊が登場。
『新列伝』の第53話「ウルトラマンギンガS直前スペシャルパートⅠ(新たなる侵略者編)」でバルキー星人達が新たな出番を求めて地球に向かう場面が描かれたが、まさか本当に『ギンガS』本編に出て来るとは思ってもみなかった。
この話はイカルス星人が自分は異次元を操る事が出来て以前のタイラント紹介の時もこの能力を使ってヒカルの所に出た事を思い出し、異次元の中にバルキー星人とグレイを回収し、さらに異次元を通して『ギンガS』の世界を見て手に入れた情報を報告すると言う内容であった。
イカルス星人の異次元の中ではスパークドールズ化が解除されるらしいが、これは『セブン』の「怪しい隣人」でウルトラアイやカプセル怪獣と言ったウルトラマン関係の能力が発動しなかった事と関係していると思われる。劇中では詳しく語られてはいないが、ギンガとの関わりからルギエルの力もウルトラマンに関係しているものだったのだろう。ウルトラマン関係の能力を発動させない異次元を操れるって実は凄かったんだな、イカルス星人。
因みに『ギンガ』に登場した闇のエージェントのうち、マグマ星人だけはギンガに回収されているので今回も出番は無し。まぁ、この後のバルキー星人達の顛末を見るに、出番は無くてもマグマ星人の方が幸せだったと言えるかもしれない。
そう言えば、ギンガが回収したスパークドールズは今どこにあるのだろうか? どこかに保管しているのだろうか?

 

ダークルギエル特戦隊はバルキー星人、イカルス星人、グレイ、ベルメの4人。当初はエクセラーも登場する予定だったらしい。「戦隊」なのでここは頑張って5人にしてほしかった。
ボルストはビクトリウム・キャノンで倒された後が不明になっているが、最後のやりとりを見るにルギエルの味方にはならなさそうな感じ。
ムエルテはバルキー星人達と一緒に戦いそうなのでダークルギエル特戦隊に入れても良かったかも。

 

ダークルギエル特戦隊との戦いでUPGだけでなくビクトリアンも戦闘に参加。
ヒヨリが強いのは分かっていたが、サクヤとレピまでチブロイドを倒したのには驚いた。キサラ女王に至っては一撃でグレイやチブロイドを消し去っていた。ここまで来るとサクヤ達が強いのかチブロイドが弱いのか分からなくなってくる。普通の人間でも大人数人でかかれば倒せそうな雰囲気だ。
仕込み刀で戦うカムシンが滅茶苦茶カッコいい! 剣を使うと言う事で実はショウの師匠でその教えがシェパードンセイバーフラッシュに生かされているとかだったら面白い。

 

「我はこの地に永遠の静寂を齎す。生きとし生きる者、この星に息づく命の全て、スパークドールズにして時間を止めてやろう。争いは消え、老いる事も無く、死を恐れる必要も無い」。
ルギエルの考えは『ダイナ』のグランスフィアを思わせる。こういう変化を無くす事で平穏を手に入れようとする敵は『G』のゴーデスから度々登場していて平成ウルトラシリーズに登場する敵キャラクターの一つの定番となっている。

 

ルギエルが宣言する中、ビクトルギエルの中に残っていたマナは危険を冒してシステムを暴走させる。
ルギエル「何故だ? 命の無い物が何故他人の命を庇う?」、
マナ「ある人間が私に言った。命とは変化し続けていくものだと」。
この「ある人間」とは友也の事。『ギンガ』で一度は仲間にした友也が最終的に自分を全否定する事になるとはさすがのルギエルも予想していなかっただろう。
そこにビクトリウムの水晶で復活したギンガとビクトリーが駆けつける。
ショウ「俺達は成長する! 昨日までの俺達を越えていく!」、
ルギエル「変化など必要無い! 全てが幸福の中で停止するのだ!」、
マナ「命のサイクルは停止しない。一つの命が次の命に続いていく」、
ヒカル「スパークドールズに閉じ込めるのが永遠じゃない! 未来に受け継がれていくのが永遠の命だ!」、
マナ「ヒカル! 今だ!」、
ヒカル「ガレット! 行くぞ、マナ!」。
そしてギンガストリウムのM87光線が命中。
爆発に包まれる中、マナの目から零れるものがあった。
マナ「ヒカル、ショウ、美鈴。ありがとう。……これが、涙か」。
そしてギンガとビクトリーの合体光線コスモミラクエスペシャリーでビクトルギエルごとルギエルも倒されるのであった。
ルギエル「永遠の……命の力……。馬鹿な……」。
こうして、ルギエルが生きとし生きる者を人形に変えた事から始まった戦いは、人形であったワンゼロがマナと言う生きる者になった事で終わりを告げるのであった。

 

クライマックスでは『ウルトラマンギンガの歌』に『英雄の詩』にと主題歌が戦いを盛り上げる。
朝焼けの死闘」に続いての能力全出し戦で今回はギンガサンダーボルトやギンガセイバーと言ったギンガ自身の技も見せてくれる。
上空高く飛び上がってからのM87光線が素晴らしくカッコ良い!
 

戦いが終わって、タロウはストリウムブレスから元の姿へ。
ルギエルが完全に倒されたからか、もうスパークドールズではなくなっていた。
タロウ「ヒカル。君が呼べば私はいつでも駆け付ける」。
そう言ってタロウは再び宇宙へと帰っていくのであった。

 

ヒカルに向かってギンガは自分とルギエルの関係について語る。
ギンガ「永遠の命を信じた私。それを信じられなかったルギエル。そこが別れ道だった」、
ヒカル「あんた達は元々一つの存在だったのか」、
ギンガ「光が強ければ影は濃くなる。そう言う意味でルギエルと私は一つだった」。
『新列伝』の第79話「栄光の勝利 ウルトラマンギンガS!」ではもう少し詳しい状況が描かれている。
謎の空間で背中合わせのギンガとルギエル。
ギンガ&ルギエル「命に限りがあるからこそ、皆は終わりを恐れ、もがき苦しみ、悲しみや過ちが生まれてしまう」、
ルギエル「ならば、新たな悲しみや過ちが起きぬよう、幸福の中で全ての時を停止させれば良い。それが決して終わる事の無い永遠の命だ」、
ギンガ「悲しみや過ちが起きたとしても、それを乗り越え、より良い未来を次の世代へ受け継いでいく。それこそが決して終わる事の無い永遠の命なのだ」。
ギンガの言葉にルギエルは答えず、ただ黙ってその場から去っていったのであった。
この場面では最初はギンガとルギエルの声が重なっているのだが、やがてそれがギンガの声とルギエルの声とに分かれている。この事からもギンガとルギエルは元々は一つの存在で、それがある時、二つに分かれたのだと推測される。

 

ブイチョコウエハースを食べて笑顔を見せるカムシン
この世界におけるブイチョコウエハースの開発者はまさか自分が作ったチョコが地上人とビクトリアンを繋ぐものになっていたとは知らないだろうな。知った時の反応を見てみたい。

 

「これからは地上人とビクトリアンが手を取り合って新しい世界を築いていかなければなりませんね」と言うキサラ女王の言葉と共に避難所にいた妊婦が無事に赤ちゃんを産んだ事が知らされる。
それを見たサクヤとレピは見に行きたいと言って地上へ。
かつてのように地上に行くのに特別な許可を得る必要は無くなり自由に行き来できるようになっていた。

 

復興に向かう街を見て「結局、私は街の破壊を大きくしただけか」とうなだれる神山長官。そこにアリサが来て「ご安心下さい、長官。我々が、もっと素晴らしい街を作ります」と答える。そして陣野隊長は復興を手伝うヒカル達若者に目をやって「本当に強いのは破壊ではなく築き上げていく力です。信じましょう、彼らを」と神山長官に告げるのであった。

 

復興した街を見てヒカルとショウが語り合う。
ショウ「この空の下で俺達の命は皆繋がっているんだな」、
ヒカル「そうだ。その絆を守る為に俺達の冒険は続いていく」。
ここでの会話は二人の出会いとなった第1話「切り拓く力」と対になっている。
ショウ「また会おう、ヒカル」、
ヒカル「ガレット!」。
そして二人は別れ、新たな冒険へと旅立つのであった。

 

キサラ女王がレピを介して友也に渡したビクトリウムの水晶にはマナのデータが全て保存されていた。
これはマナがビクトリウム・コアに向かう時にキサラ女王が授けた物なのだが、マナはビクトルギエルに乗り込む前にこれをキサラ女王に返している。と言う事は最終回のマナのデータは入っていないのだろうか? ひょっとしたら、マナとビクトリウムの水晶はシンクロしていて、遠く離れた所でもマナのデータがビクトリウムの水晶に送られていたのかもしれない。
と言う事で、マナの復活が示されたところで話は『ウルトラ10勇士!!』に続く事になる。

 

『新列伝』の第90話「戦えウルトラ10勇士 エタルガーの脅威」ではこの後の話が語られている。
バルキー星人、イカルス星人、グレイの3人は『ギンガS』最終回で倒されるが、その時はまだルギエルの影響が残っていたので消滅は免れてスパークドールズになっていた。その後、ルギエルがギンガ達に倒されたので呪いから解放され、スパークドールズから元に戻った。
『ギンガ』で戦いが終わった後もスパークドールズが存在し続けていたのはルギエルが完全に倒されていなかったからと言うのがこれで確定した。そして『ギンガS』でルギエルは完全に倒されたと言うのもこれで確定した。
……そう言えば「ガンQの涙」に登場したガンQのスパークドールズはどうなったんだろう? まだサトルが持っていたよな……。

 

元に戻ったバルキー星人達だったがUPGに捕まってUPG新基地の掃除やらを押し付けられる事に。
お前達、闇の支配者がいなくなってもそれぞれ自前の特殊能力を持っているのだから、それを使ってどうにかならなかったのかとツッコみたくなる……。
特別チームの基地に着ぐるみキャラが普通にいる状況は後の『ウルトラマンX』や『ウルトラマンタイガ』を思わせる絵面。

 

ある日、イカルス星人はイカルスパッドと言う新アイテムでUPGの怪獣データベースに忍び込んで色々な怪獣を調べて自分達の侵略に役立てようと動き出す。
UPGの怪獣データベースには様々な世界に存在する怪獣達のデータが保存されている。おそらくこれは友也のガンパッドのデータを基に作られたと考えられる。後にこの怪獣データベースを使って『新列伝』ではアリサとゴウキによる「UPG怪獣極秘ファイル」と言うコーナーが放送されている。
イカルス星人は以前から様々なアイテムを出していたが、これまで昭和時代のTVや電話を使っていたのに今回はタブレットを出してきて、いきなりの技術の進歩に驚く。イカルス星人の声を担当している関智一さんは『妖怪ウォッチ』のウィスパーの声を担当しているので『妖怪ウォッチ』の妖怪Padが元ネタかもしれない。(それに今回のイカルス星人は「やっぱり怪獣の仕業だったのか……」と『妖怪ウォッチ』のパロディを入れてきている)
このイカルスパッドはデータを基に質量のある立体映像を作り出せるので、UPGの怪獣データベースと併せて使えば最強軍団をも作れる優れ物であった。それ、『ウルトラ10勇士!!』に登場するエタルガーのエタルダミーと同等の能力じゃないか……。
ルギエルを含めたウルトラマン関係の能力を無効化できる異次元を操る事が出来、エタルガーと同等の能力を持つ、とイカルス星人の能力が無駄に凄すぎて驚く。
もっとも今回は途中でゴウキに見付かって計画は頓挫してしまうのだが……。

 

この話が放送されたのは『ウルトラ10勇士!!』が公開されている時期で『ファイトビクトリー』が放送される前なのだが、UPGの怪獣データベースの中にエタルガーやビクトリーナイトのデータが収められているので、劇中の時間軸は『ウルトラ10勇士!!』や『ファイトビクトリー』の後だと推測される。

 

 

ウルトラマンギンガS Blu-ray BOX II

ウルトラマンギンガS Blu-ray BOX II

  • 発売日: 2015/03/27
  • メディア: Blu-ray
 

 

 

ウルトラ怪獣シリーズ 56 ダークルギエル

ウルトラ怪獣シリーズ 56 ダークルギエル

  • 発売日: 2013/11/30
  • メディア: おもちゃ&ホビー