帰ってきたウルトラ38番目の弟

ウルトラシリーズについて色々と書いていくブログです。

「俺たちの守るべきもの」

「俺たちの守るべきもの」
ウルトラマンR/B』第12話
2018年9月22日放送(第12話)
脚本 武上純希
監督 武居正能

 

豪烈暴獣ホロボロス
頭頂高 44m 全長 48m 身長 56m
体重 4万4千t
美剣サキがホロボロスクリスタルで召喚した。
本来の力を発揮できるようになっていて愛染マコトが仕掛けた弱体化の仕組みも作動しないようになった。
最初の戦いでオーブダーク、ロッソ、ブルと3人のウルトラマンを次々に倒した。
一度回収された後に再び召喚されて町を破壊するが今度はロッソとブルのトリプルオリジウム光線で倒された。

 

ウルトラマンオーブダーク
身長 50m
体重 5万t
予定外の出現をしたホロボロスを倒そうとするが、仕掛けていた弱体化の仕組みが作動せず、そのままホロボロスに倒されてしまった。

 

物語
美剣サキが召喚したホロボロスによってオーブダーク、ロッソ、ブルの3人のウルトラマンが倒されてしまう。
そしてアサヒは自分の兄がウルトラマンに変身していた事を知る。

 

感想
「立った! ホロボロスが立った!」。
アルプスの少女ハイジ』のクララかよw

 

弱体化できると言う計算があったとは言え、今回のホロボロスは自分が用意した怪獣ではなかったのにオーブダークは人々の期待に応える為に戦う事を選ぶ。
誤った道に進んでしまったが、元々はヒーローに憧れていた人物だったので、正しい道に連れ戻す人物がいたらチェレーザのその後もまた変わっていたのかなと思う。(ニュージェネレーションヒーローズシリーズでは若いウルトラマンを導く先輩ウルトラマンが何人かいるのだが、『R/B』はTVシリーズ、超全集収録の小説、劇場版と多くの話があったのに登場した先輩ウルトラマンウルトラマンになったばかりのジードだけであった)
因みに今回の話でオーブダークの出番は終わりとなっている。インパクト絶大な登場に対し退場があっけなくてちょっと残念。

 

ホロボロスに敗れたロッソとブルはカツミとイサミの姿に戻り、それをアサヒが目撃してしまう。そして「兄二人が倒れているのを見て叫ぶ妹」と言う光景を見た美剣サキは一日考えた末に再びホロボロスを出現させて「ウルトラマンに変身する兄二人と妹」と言う状況を再現させる。

 

再び戦おうとするカツミとイサミに向かってアサヒは「そんな体で戦うなんて無理です! 何でお兄ちゃん達が戦わなければならないのですか?」と尋ね、それに対してイサミは「この手でこの町を守らなきゃならねぇ。俺達が育ったこの町を」と答え、カツミも「いつの日か必ず帰って来る母さんの為に戻ってくる場所を守らなきゃならない」と答える。
『R/B』は「綾香市」と言う町を舞台にしているが、その町に住む人々の話は意外と少なく、あくまで「湊家」と言う存在を通して町を描いている。

 

ホロボロスはスピードもパワーもあり、相手の攻撃を避けれるし仮に当たっても平気な耐久力を誇っていて、獣なのに人間のような動きも出来、爪だけでなく光線も放てると魔王獣やベリアル融合獣と言った特別な設定が無くてこの強さは驚きであった。

 

ロッソとブルは土と火の属性を合わせた「縄文土器作戦」でホロボロスの動きを止めようとする。
基本的に『ドラゴンボール』のような戦闘力や火力が重視されるウルトラシリーズの戦闘で属性を組み合わせた戦いは色々考えながら見る事が出来て面白い。
しかし、縄文土器作戦は失敗に終わり、最後はウルトラマン3人の力を合わせたトリプルオリジウム光線で勝利を収めると『R/B』も段々と戦闘力&火力重視になっていく。

 

オーブリングNEOは愛染マコトがオーブリングを研究して作ったアイテムだが、本物のオーブの力を引き出す事が出来るようになっていて、愛染マコトに寄生していたチェレーザの能力の高さが分かる。
ウルトラマン好きを拗らせてしまったチェレーザだが、道を誤っていなかったら、光の国の宇宙科学技術局と関わってヒカリと一緒にウルトラマンが使うアイテムの開発をするようになっていた可能性もあったのかもしれない。

 

ホロボロスとの戦いで大怪我を負った愛染マコトの所に怪しげな看護師・美剣サキがやって来る。
「古き友は言った。殆どの人間が偽物だと……。無論、あのウルトラマン達も。彼らの思考は誰かの意見、彼らの人生は模倣、そして彼らの情熱は引用だ」。
これは19世紀のアイルランドの詩人オスカー・ワイルドの言葉だが、『ウルトラマンR/B超全集』に収録されている「蒼い瞳の少女は灰色と名乗った」を読むと美剣サキ自身の人生にも通じる言葉であった事が分かる。

 

妻が行方不明になって男手一つで子供達を育てていたが、息子二人は秘密を抱えて大怪我をして入院するようになり、娘は変わらずいてくれると思っていたら自分の記憶にはいるのに写真には写っていない存在だった。
いよいよ「普通の家族」だった湊家が普通でなくなっていく……。
父親がバラバラになりそうな家族を妻との思い出のすき焼きで取り戻そうとした結果、家族が完全にバラバラになりかねない真実に気付いてしまうと言う流れが辛い。

 

 

 

 


【監督コメント付】『ウルトラマンR/B(ルーブ)』次回予告 第12話「俺たちの守るべきもの」

 

 

 

 

ウルトラマンR/B Blu-ray BOX I

ウルトラマンR/B Blu-ray BOX I

  • 発売日: 2018/11/22
  • メディア: Blu-ray
 

 

 

ウルトラ怪獣シリーズ95 ホロボロス

ウルトラ怪獣シリーズ95 ホロボロス

  • 発売日: 2018/09/15
  • メディア: おもちゃ&ホビー
 

 

 

ウルトラ怪獣シリーズ94 ウルトラマンオーブダーク

ウルトラ怪獣シリーズ94 ウルトラマンオーブダーク

  • 発売日: 2018/08/25
  • メディア: おもちゃ&ホビー