帰ってきたウルトラ38番目の弟

ウルトラシリーズについて色々と書いていくブログです。

「扉より来たる者」

「扉より来たる者 -空間移動宇宙人ターラ星人 戦神ギルファス登場-
ウルトラマンマックス』第19話
2005年11月5日放送(第19話)
脚本 林壮太郎
監督・特技監督 村石宏實

 

空間移動宇宙人ターラ星人
身長 180cm
体重 92kg
緑色の光線も発せられるサーベルを武器として扱う。
三日月山の遺跡から発掘された石板パズルを完成させると遥か彼方のターラ星と繋がる扉が現れた。
かつてターラ星人は餓えた惑星ターラ星から転送ゲートを使って地球と繋がり、地球人から食料を与えられて共存していたが、争いを好む地球人を良き方向に導こうとして当時のM78星雲人と対立し、転送装置を封印されて餓えた惑星と共に多くが滅び去った。
生き残ったターラ星人は転送装置に触れたカイトからM78星雲人のエネルギーを感じ取り、M78星雲人と地球人への復讐を開始する。ギルファスを使ってマックスとDASHを追い詰めるが最後はコバ隊員に狙撃されて無念の死を遂げた。

 

戦神ギルファス
身長 54m
体重 4万5千t
胸から爆炎を放つ。頭頂部をブーメランとして飛ばし、剣としても扱う。
手にした盾は至近距離からのマクシウムカノンも防ぐ事が出来るが、続けて放たれたギャラクシーカノンで破壊され、そのまま本体も貫かれて崩れ去った。

 

物語
三日月山から発掘された古代遺物の石板パズル。
カイトが触れるとパズルのピースが動いて謎の扉が出現した。
ミズキ隊員がその扉の向こう側に引きずり込まれてしまい……。

 

感想
この話の一番の話題はモロボシ・ダンを演じた森次晃嗣さんの出演。
ハヤタ隊員を演じた黒部進さんとの共演場面はウルトラシリーズの長い歴史を思うと感慨深い。
「お互いに……年を取りましたね」「まったくだな」。

 

オザキ博士のカイトやトミオカ長官への言動は演じている森次さん込みで考えると色々と面白い。
オザキ博士はウルトラアイと思わせて老眼鏡をかけると言うお約束のギャグをしてくれる。ちょっと、もたついたのが気になったが……。
オザキ博士が考古学者と言う設定は『平成セブン』の「失われた記憶」を思い出す。
他にもターラ星人との戦いでのスコップを使ったアクションが『レオ』のダン隊長を思わせたりと細かい部分で色々ニヤリとさせてくれる。(狙ったかどうかは分からないが、負傷したターラ星人がサーベルを杖代わりに歩く場面もダン隊長っぽい)

 

冒頭、悪夢にうなされるカイト。
『セブン』以来、主人公は最終章冒頭で悪夢にうなされる展開が多い。今回は最終回ではないが。
因みに悪夢の中で戦っているウルトラマンはマックスであるが、当初の予定では「セブンらしき者」となっていたらしい。

 

頻発する様々な自然現象の影響で発見された遺跡。
発掘された石板には怪獣と戦うマックスらしきものが描かれていた。
バラージの預言」では過去に地球に現れたウルトラマンとマックスの関係は否定されていたが、今回はカイトがマックスの記憶を垣間見る等して、マックスが過去に地球に来ていた事が証明された。

 

ターラ星は空に三つの太陽が輝いていて大地には荒野が広がっていると地球とは異なる感じが出ていて良かった。
ターラ星人のメイクやギルファスのデザイン等も従来のウルトラシリーズにはあまり無かった海外SF作品のような雰囲気になっていて他の話との差別化がされていた。

 

ターラ星は食料不足の餓えた惑星で、遥か昔に転送用のゲートを使って豊かな地球と繋がり、事情を知った地球人から食料を与えられていた。
そのままターラ星人と地球人はしばらく共存していたが、やがて地球人が争いを好む事を知ったターラ星人は自分達が神となって強い力で地球人を良き方向に導こうと考える。しかし、その考えはM78星雲人に間違っていると断じられ、M78星雲人に助けられた地球人に転送装置を地中深くに封印されたターラ星人は餓えたターラ星と共に滅びる事となった。
ターラ星人の設定はウルトラマン達も陥る危険性があるものでなかなかに興味深い。実際、『平成セブン』でセブンは地球人が間違って滅びの道を進まないよう人類の選択に色々と干渉していた。この時のセブンの行動と今回のターラ星人が行おうとした事に何の違いがあるだろうか。

 

興味ある事柄は全て記憶しているとして、エリーの計算能力を上回って石板パズルを完成させたオザキ博士。
エリーは考えうる全てのパターンを一つ一つ実行していかなければいけないが、答えを記憶しているオザキ博士は一つのパターンを実行するだけで良い。
おそらくこれが人間が機械に勝ってる部分の一つであろう。
その後、エリーはミズキ隊員の無事を祈る。人間はこういう時に祈るものだと聞いたエリー。
最初は人間の存在を少し否定的に見ていたエリーが機械には無い人間の精神的なものを自ら実行した貴重な場面。

 

今回の話ではカイトとミズキ隊員が一緒に出撃すると良くない事が起こる、ダッシュデリンジャーを作ったのはショーン隊員、エリーのパワーチャージと過去の設定が色々と拾われている。
又、冒頭の悪夢に恐怖したカイトが捕らわれたミズキ隊員を助ける為に奮起する等、カイトとミズキ隊員のドラマとしても大事な話となっている。
そして異変を察知したり、十字架に囚われたミズキ隊員を助け出したり、最後にターラ星人を倒したりとコバ隊員大活躍の話でもあった。

 

ギルファスの攻撃で一時停止したエリーだったが攻撃用モード・アクティブモードで再起動。上着を脱いで動きが機敏になる。
片手でダッシュデリンジャーを持ち上げて一撃でギルファスに当てる等、もう全部あいつ一人でいいんじゃないかなと言う活躍振り。
因みに今回の話ではミズキ隊員とエリーがタンクトップ姿になっているが、それは村石監督の意向だそうです。

 

マックスとギルファスの戦いは剣や盾と言ったアイテムも活用されてかなり見応えがあった。

 

ターラ星人も倒されて全ては終わったかに思われた。しかし、カイトが再び石板パズルを手にした瞬間、またあの扉が……。

 

 

ウルトラマンマックス TV COMPLETE DVD-BOX

ウルトラマンマックス TV COMPLETE DVD-BOX

  • 発売日: 2012/10/26
  • メディア: DVD