帰ってきたウルトラ38番目の弟

ウルトラシリーズについて色々と書いていくブログです。

「星空の声」

「星空の声」
ウルトラマンX』第1話
2015年7月14日放送(第1話)
脚本 小林雄次
監督 田口清隆

 

宇宙怪獣ベムラー
身長 50m
体重 2万5千t
ウルトラフレアの影響でスパークドールズから実体化した。夜の工事現場に出現した。

 

青色発泡怪獣アボラス
身長 60m
体重 2万t
ウルトラフレアの影響でスパークドールズから実体化した。ロシアに出現してバニラと戦った。

 

赤色火焔怪獣バニラ
身長 55m
体重 2万t
ウルトラフレアの影響でスパークドールズから実体化した。ロシアに出現してアボラスと戦った。

 

地底怪獣マグラー
身長 40m
体重 2万5千t
ウルトラフレアの影響でスパークドールズから実体化した。パリの凱旋門に出現した。

 

油獣ペスター
身長 50m
体重 2万5千t
ウルトラフレアの影響でスパークドールズから実体化した。中東の油田地帯に出現した。

 

冷凍怪獣ペギラ
身長 40m
体重 2万t
ウルトラフレアの影響でスパークドールズから実体化した。シンガポールに出現した。

 

熔鉄怪獣デマーガ
身長 50m
体重 5万5千t
山中に出現してそのまま梅沢市を破壊した。
Xio識別カテゴリーではタイプGに分類される。
体の79%が溶けた鉄で出来ている鉄の魔獣で、口から熔鉄熱線を吐き、背中から熔鉄弾を放つ。神経と熱源が集中している頭部の角が弱点らしい。
「日本太平風土記」では地を燃やす荒ぶる神・天目亜牙(でまあが)と呼ばれ、光の巨人に封印されたと記述されている。
エックスのザナディウム光線を受けてスパークドールズになった。
名前の由来は「天目一箇神(あめのまひとつのかみ)」から

続きを読む

『ウルトラファイトビクトリー』

ウルトラファイトビクトリー』
2015年3月31日~6月23日放送
脚本 足木淳一郎
監督 坂本浩一

 

ウルトラマンエース
身長 40m
体重 4万5千t
キングの命を受けて宇宙の帝王の復活を阻止すべく動く。
衛星ゴルゴダエースキラーと戦うがパワーアップしたビクトリーキラーに敗れてしまう。その後、シェパードンにエネルギーを与えられて復活するとホリゾンタル・ギロチンでベロクロンを倒し、ギンガ達と力を合わせてスーパーグランドキング・スペクターを倒した。

 

ウルトラマンレオ
身長 52m
体重 4万8千t
キングの命を受けて宇宙の帝王の復活を阻止すべく動く。
弟子のゼロからギンガとビクトリーの話を聞いていた。
アストラとのWキックでバキシムとドラゴリーを倒し、ギンガ達と力を合わせてスーパーグランドキング・スペクターを倒した。

 

アストラ
身長 50m
体重 4万9千t
キングの命を受けて宇宙の帝王の復活を阻止すべく動く。
レオとのWキックでバキシムとドラゴリーを倒し、ギンガ達と力を合わせてスーパーグランドキング・スペクターを倒した。

 

ウルトラマンヒカリ
身長 50m
体重 3万5千t
キングの命を受けて宇宙の帝王の復活を阻止すべく動く。
宇宙の帝王を封じる事が出来るナイトティンバーを開発し、それをショウの元へと届けた。

 

ウルトラマンキング
身長 58m
体重 5万6千t
ヤプールが数万年に一度開く邪悪なる歪みから宇宙の帝王を呼び起こそうとしている事をいち早く察知し、エース、レオ、アストラ、ヒカリにその阻止を命じた。

 

ウルトラマンギンガビクトリー
身長 ミクロ~無限大
体重 0~無限大
ヤプールとの戦いでギンガとビクトリーが合体変身した。
ウルトラフュージョンシュートでヤプールを倒すが、続くスーパーグランドキング・スペクターとの戦いでダメージを受けて合体が解けてしまった。

 

異次元超人巨大ヤプール
身長 50m
体重 8万2千t
不滅の異次元人で、ウルトラマンへの恨みを糧により一層強大な闇を纏って復活した。
復讐の力で以前より強くなっていたものの、常に前を向いて進んでいるギンガビクトリーのウルトラフュージョンシュートで倒された。
しかし、その闇のエネルギーは宇宙の帝王ジュダ・スペクターを復活させる事となった。

 

大蟻超獣アリブンタ
身長 57m
体重 6万2千t
ヤプールが送り込んだ超獣で蟻地獄を使って相手を引きずり込む。
サクヤを襲うが、ビクトリーに加えてヒカリも参戦した事で劣勢に立たされ、最後はビクトリーナイトのナイトビクトリウムフラッシュで倒された。
しかし、その戦いのデータはビクトリーキラーへと送られていた。

 

異次元超人ビクトリーキラー
身長 40m
体重 4万3千t
衛星ゴルゴダでギンガやエースと戦った。
最初はエースキラーとして戦い、ウルトラマン達の必殺技を繰り出した。
ビクトリーとアリブンタの戦いのデータを受け取るとビクトリーキラーへとパワーアップして今度はキラートランスで怪獣の力を使うようになった。
ギンガとエースを倒し、続いてルナチクスとのコンビでビクトリーナイトとシェパードンのコンビと戦うが、最後はナイトビクトリウムシュートで倒された。

 

ミサイル超獣ベロクロン
身長 55m
体重 4万4440t
惑星グアに現れた超獣軍団の一体。
エースのホリゾンタル・ギロチンで倒された。

 

一角超獣バキシム
身長 65m
体重 7万8千t
惑星グアに現れた超獣軍団の一体。
レオとアストラのWキックで倒された。

 

蛾超獣ドラゴリー
身長 67m
体重 5万8千t
惑星グアに現れた超獣軍団の一体。
レオとアストラのWキックで倒された。

 

満月超獣ルナチクス
身長 58m
体重 6万3千t
衛星ゴルゴダでギンガを始末する為に送り込まれた。
ビクトリーキラーとのコンビでビクトリーナイトとシェパードンのコンビと戦うが、シェパードンビクトリウムフラッシュで倒された。

 

超怪獣スーパーグランドキング・スペクター
身長 78m
体重 21万5千t
ジュダ・スペクターが送り込んだ尖兵。
ジュダ・スペクターと同じく全身が金色となっていて、右腕もバットキャリバーと同じ剣となった。
圧倒的な火力と強靭な装甲でギンガ達を苦しめるが、連動していたジュダ・スペクターの影響で弱体化したところをエースのメタリウム光線、レオ兄弟のウルトラダブルフラッシャー、ギンガのギンガクロスシュートを受けて倒された。

 

幻影宇宙帝王ジュダ・スペクター
身長 60m
体重 3万2千t
ヤプールによって邪悪なる歪みから数万年振りに甦った宇宙の帝王。全宇宙全ての生命を滅ぼそうとした。
全身が金色に変化し、バットキャリバーと言う巨大な剣で戦う。
自身を復活させたビクトリウム・コアのエネルギーによって動きを封じられたところをビクトリーナイトのナイトビクトリウムブレイクで倒された。
「スペクター」は「亡霊」と言う意味で、デザインも『メロス』や『ウルトラマン物語』の時に比べて亡霊を思わせるものとなっている。

続きを読む

『劇場版 ウルトラマンギンガS 決戦! ウルトラ10勇士!!』

『劇場版 ウルトラマンギンガS 決戦! ウルトラ10勇士!!』
2015年3月14日公開
脚本 小林雄次中野貴雄
監督 坂本浩一

 

ウルトラマンコスモス
身長 47m
体重 4万2千t
遊星ジュランでコロナモードでエタルガーと戦うが敗北し、ムサシと分離した後に時空城の鏡の間に封印されてしまった。
UPGによって解放されてムサシと再び一体化した後は時空城の最上階でルナモードでエタルガーと再戦した。
エクリプスモードのコズミューム光線でアレーナを正気に戻し、戦いが終わった後、アレーナを故郷である惑星ザントへと連れて帰った。

 

ウルトラマンゼロ
ゼロ時 身長 49m 体重 3万5千t
ウルティメイトゼロ時 身長 55m 体重 5万5千t
ウルティメイトゼロでエタルガーを追って様々な世界を移動していた。
キングからウルトラフュージョンブレスを託されていて、ヒカルとショウの心を一つにする為に二人に特訓を課した。
時空城の第四階層でベリアルと戦い、ストロングコロナゼロ、ルナミラクルゼロ、シャイニングウルトラマンゼロの力を駆使してベリアルに勝利した。

 

ウルトラマンティガ
身長 53m
体重 4万4千t
UPGによって時空城の鏡の間から解放され、ダイナとガイアと力を合わせてファイブキングと戦い、パワータイプのデラシウム光流で勝利を収めた。

 

ウルトラマンダイナ
身長 55m
体重 4万5千t
UPGによって時空城の鏡の間から解放され、ティガとガイアと力を合わせてファイブキングと戦い、ミラクルタイプのレボリウムウェーブで勝利を収めた。

 

ウルトラマンガイア
身長 50m
体重 4万2千t
UPGによって時空城の鏡の間から解放され、ティガとダイナと力を合わせてファイブキングと戦い、スプリームヴァージョンのフォトン・ストリームで勝利を収めた。

 

ウルトラマンネクサス
アンファンス時 身長 49m 体重 4万t
ジュネッス時 身長 49m 体重 4万4千t
UPGによって時空城の鏡の間から解放され、時空城の第一階層でダークメフィストと戦い、ジュネッスのオーバーレイ・シュトロームで勝利を収めた。

 

ウルトラマンマックス
身長 48m
体重 3万7千t
UPGによって時空城の鏡の間から解放され、時空城の第二階層でスラン星人と戦い、ギャラクシーソードで勝利を収めた。

 

ウルトラマンメビウス
メビウス時 身長 49m 体重 3万5千t
メビウスバーニングブレイブ時 身長 49m 体重 3万6千t
UPGによって時空城の鏡の間から解放され、時空城の第三階層でエンペラ星人と戦い、メビウスバーニングブレイブのバーニングメビュームダイナマイトで勝利を収めた。

 

ウルトラマンキング
身長 58m
体重 5万6千t
ウルトラフュージョンブレスを作ってゼロに託した。
レオとアストラと共に今回の戦いを見守った。

 

ウルトラマンギンガビクトリー
身長 ミクロ~無限大
体重 0~無限大
ゼロの課した特訓を乗り越えたヒカルとショウの心が一つになった時に誕生した新たなウルトラマン
キングが作ったウルトラフュージョンブレスにビクトリーランサーをセットする事で変身できる。
力を授けたゼロを始めとするウルトラマン達の能力を使える他、ビクトリーの能力であるウルトランスも使用できる。
ウルトラマンと人間の絆の力であるウルトラフュージョンシュートでエタルガーを倒した。

 

ダークルギエル(エタルダミー)
身長 ミクロ~無限大
体重 0~無限大
エタルガーのエタルダミーによって世界の人々の恐怖の象徴として現れたダークルギエルのダミーコピー体。
超巨大な姿で街を破壊するがギンガビクトリーのギンガビクトリーブレイカーの一撃によって倒された。

 

超合体怪獣ファイブキング(エタルダミー)
身長 75m
体重 5万5千t
ティガ、ダイナ、ガイアと戦った怪獣が合体したファイブキングのダミーコピー体。
街を破壊するがティガ、ダイナ、ガイアによって倒された。

 

ダークメフィスト(エタルダミー)
身長 50m
体重 5万t
時空城の第一階層でウルトラマン達を待ち受けていたダークメフィストのダミーコピー体。ネクサスによって倒された。

 

高速宇宙人スラン星人(エタルダミー)
身長 51m
体重 2万8千t
時空城の第二階層でウルトラマン達を待ち受けていたスラン星人のダミーコピー体。マックスによって倒された。

 

暗黒宇宙大皇帝エンペラ星人(エタルダミー)
身長 56m
体重 4万9千t
時空城の第三階層でウルトラマン達を待ち受けていたエンペラ星人のダミーコピー体。メビウスによって倒された。

 

ウルトラマンベリアル(エタルダミー)
身長 55m
体重 6万t
時空城の第四階層でウルトラマン達を待ち受けていたベリアルのダミーコピー体。ゼロによって倒された。

 

超時空魔神エタルガー
身長 55m
体重 3万5千t
時空城であらゆる世界に現れる謎の存在。
アレーナにウルトラマンは邪悪な存在であると言う偽りの記憶を植え付け、ウルトラマン達を次々と封印していった。
強固な鎧に身を包み、強力な破壊光線で攻撃する他、エタルイマージュで相手が最も恐れる存在を幻覚空間に出現させ、エタルダミーでそれを現実空間に実体化させる事が出来る。
普段は丁寧な口調で話をするが仮面が外れると凶悪な本性を見せるようになる。
実はウルトラマンと人間の絆を恐れていて、最後はギンガビクトリーによるウルトラフュージョンシュートで倒され、時空城もウルトラマン達の必殺光線によって破壊された。
名前の由来は「永遠(エターナル)」から。

続きを読む

「明日を懸けた戦い」

「明日を懸けた戦い」
ウルトラマンギンガS』第16話
2014年12月23日放送(第16話)
脚本 中野貴雄
監督 坂本浩一

 

幻覚宇宙人メトロン星人ジェイス(SD)
身長 14cm~50m
体重 150g~1万8千t
元はエクセラーのエージェントだったがアイドルである千草のファンになって地球侵略の任務を放棄した。
降星町から発信された千草のライブを応援していた。

 

宇宙怪人バルキー星人(SD)
身長 14cm~49m
体重 150g~2万2千t
ワームホール(SD)に飲み込まれて色々な宇宙を漂っていたが、イカルス星人の異次元を通って元々いた地球に帰還した。
ダークルギエル特戦隊の一人としてUPGやビクトリアンと戦うが、アリサによって倒された。

 

異次元宇宙人イカルス星人(SD)
身長 14cm~40m
体重 150g~1万8千t
ワームホール(SD)に飲み込まれて色々な宇宙を漂っていたが、自身が異次元を操れる事を思い出し、異次元を通って元々いた地球に帰還した。
ダークルギエル特戦隊の一人としてUPGやビクトリアンと戦うが、ガンパッドを持つ友也に倒された。

 

暗殺宇宙人ナックル星人グレイ(SD)
身長 14cm~43m
体重 150g~2万t
ワームホール(SD)に飲み込まれて色々な宇宙を漂っていたが、イカルス星人の異次元を通って元々いた地球に帰還した。
ダークルギエル特戦隊の一人としてUPGやビクトリアンと戦うが、念動力を使うキサラ女王によって倒された。

 

変身怪人ゼットン星人ベルメ(SD)
身長 14cm~2m
体重 150g~60kg
ダークルギエル特戦隊の一人としてUPGやビクトリアンと戦うが、ゴウキによって倒された。

 

超咆哮獣ビクトルギエル
身長 測定不能
体重 測定不能
宇宙最強の肉体ルギエルと宇宙最高の頭脳エクセラーが一つになった究極の生命体だったが、復活したルギエルによってエクセラーはスパークドールズに戻されてしまった。
マナによってシェパードンのクリスタルスパークドールズを取り戻され、ビクトリーのシェパードンセイバーフラッシュでビクトリウム・キャノンを破壊される。
内部と外部の同時攻撃でしか倒せず、内部に残っていたマナがシステムを暴走させ、外からギンガとビクトリーが合体光線コスモミラクエスペシャリーを放って倒した。
倒された後、吸収したビクトリウムのエネルギーは地球へと還っていった。

 

ダークルギエル
身長 ミクロ~無限大
体重 0~無限大
命に限りがあるからこそ悲しみや過ちが生まれると考え、新たな悲しみや過ちが起きないよう全ての生きとし生きる者をスパークドールズにしようとした。
幸福の中で全ての時間を停止させる事こそが永遠の命だと考えていた。
エクセラーを倒してビクトルギエルの制御を奪った後、一度はギンガとビクトリーを倒すが、「悲しみや過ちが起きたとしても、それを乗り越えてより良い未来を次の世代へと受け継いでいく事こそが永遠の命だ」とするギンガ達に敗れる。
ギンガの説明によると元々はギンガと一つの存在だったらしい。

続きを読む

「命という名の冒険」

「命という名の冒険」
ウルトラマンギンガS』第15話
2014年12月16日放送(第15話)
脚本 小林弘利
監督 坂本浩一

 

超咆哮獣ビクトルギエル
身長 測定不能
体重 測定不能
宇宙最強の肉体ルギエルと宇宙最高の頭脳エクセラーが一つになった究極の生命体。
シェパードンのクリスタルスパークドールズや地球にあるビクトリウムからエネルギーを取り込んでいるので活動時間に制限が無い。
胸から発射するビクトリウム・キャノンは山一つ消し飛ばす程の威力を有していて、一度はギンガとビクトリーを倒した。

続きを読む

「復活のルギエル」

「復活のルギエル」
ウルトラマンギンガS』第14話
2014年12月9日放送(第14話)
脚本 小林雄次
監督 小中和哉

 

変身怪人ゼットン星人ベルメ(SD)
身長 14cm~2m
体重 150g~60kg
エクセラーのエージェントの一人で、ボルストを踏み台扱いし、ギンガとビクトリーを雑魚扱いすると言う自信の持ち主。
ハイパーゼットンにモンスライブしてビクトリウム・キャノンを有するライブベースを破壊しようとしたがギンガとビクトリーの連携の前に倒された。
その後、スパークドールズはエクセラーに回収された模様。

 

宇宙恐竜ハイパーゼットン(イマーゴ)(SD)
身長 14cm~70m
体重 150g~4万t
初代マンを倒したゼットンの強化体でベルメがモンスライブした。
テレポーテーションで相手を翻弄し、相手の攻撃を吸収して撥ね返す事が出来る。
ギンガを苦戦させるがビクトリーが加勢に現れた事で形勢が変わり、最後はギンガストリウムのコスモミラクル光線を受けて倒された。
その後、スパークドールズはヒカルに回収され、ショウに渡された。

 

超咆哮獣ビクトルギエル
身長 測定不能
体重 測定不能
エクセラーがルギエルの肉体を暴走したビクトリウム・キャノンのシステムごとライブベースと融合させて誕生させた。
宇宙最強の肉体ルギエルと宇宙最高の頭脳エクセラーが一つになった究極の生命体で、その強さはかつてのルギエルの比ではない。

続きを読む

「分裂! UPG」

「分裂! UPG」
ウルトラマンギンガS』第13話
2014年12月2日放送(第13話)
脚本 武井彩
監督 小中和哉

 

分身宇宙人ガッツ星人ボルスト(SD)
身長 14cm~40m
体重 150g~1万t
「最後のチャンス」としてバードンにモンスライブしてビクトリーと戦うが勝てず、エクセラーにもっと強い怪獣を求めるが「自身の体で戦え」とチブルサーキットを暴走させられてしまう。
暴走後は言葉を発する事は無く、ただ雄叫びを上げるだけとなる。
自分の意に反して巨大化してライブベースに向けて破壊活動を行うが、ギンガとの戦いでチブルサーキットが外れて正気に戻る。結果的に自分を助けてくれたギンガに対して戦闘体勢を解き、自分を捨て駒にしようとしたエクセラーを倒すと宣言するが、直後に発射されたビクトリウム・キャノンによって爆発してしまった。

 

火山怪鳥バードン(SD)
身長 14cm~62m
体重 150g~3万3千t
かつてウルトラマンを倒した事もある最強クラスの怪獣でボルストがモンスライブした。
毒を含んだクチバシ攻撃でビクトリーを苦しめるがウルトランス・キングジョーランチャーで毒袋を破壊されてしまった。

続きを読む

「君に会うために」

「君に会うために」
ウルトラマンギンガS』第12話
2014年1月25日放送(第12話)
脚本 林壮太郎
監督 田口清隆

 

分身宇宙人ガッツ星人ボルスト(SD)
身長 14cm~40m
体重 150g~1万t
本来は調査には向かない性格なのだが、人手不足からエクセラーの頼みを聞いて雫が丘の地下にあるビクトリウムの鉱脈を探す事になった。しかし、その最中に自分が毛嫌いしていたジェイスが地球人の千草を守っている事を知り、エクセラーの指示を無視してジェイスを倒そうとする。
ゾアムルチにモンスライブするが、最後はジェイスとギンガとビクトリーに敗れた。

 

巨大魚怪獣ゾアムルチ(SD)
身長 14cm~48m
体重 150g~1万t
ボルストがモンスライブした。
ジェイス、ギンガ、ビクトリーの3人を相手に一時は優勢に立つが、ジェイスの宇宙ケミカルライトの作用で千草に魅了された隙にギンガストリウムのウルトラショットとビクトリーのビクトリウムシュートで倒された。

 

無双鉄神インペライザー(SD)
身長 14cm~60m
体重 150g~6万t
雫が丘の地下にあるビクトリウムの鉱脈を探す為に現れた。
ビクトリーのシェパードンセイバーフラッシュで倒される。
誰がモンスライブしていたかは不明。チブロイドかな?

 

幻覚宇宙人メトロン星人ジェイス(SD)
身長 14cm~50m
体重 150g~1万8千t
「夕焼けのエージェント」と言う肩書きを持つ。同胞が巧妙な計画を立案していたのでエクセラーに侵略の先遣隊として選ばれた。
1年前に地球に降り立った後、アイドルブームを利用する事にして、人間の理性を麻痺させ凶暴化させる宇宙ケミカルライトを開発する。人間同士の信頼関係を崩壊させて自滅に導こうとしたが、ファンのアイドルに対する夢中さの前では宇宙ケミカルライトは無力で、逆にジェイスがアイドル千草のファンになってしまった。やがて千草の追っかけをするようになり、地球の友人もたくさん出来て充実した楽しい日々を送る中で侵略の意思を失った。
自分を毛嫌いするボルストと対立し、千草を守る為に巨大化してギンガとビクトリーと一緒に戦った。戦いが終わった後もその正体は秘密とされ、皆と一緒に千草のライブを楽しんでいた。
人間態の名前は丹波でタンバリンを愛用している。その礼儀正しさはスタッフからも一目置かれているとの事。

続きを読む

「ガンQの涙」

ガンQの涙」
ウルトラマンギンガS』第11話
2014年11月18日放送(第11話)
脚本 中野貴雄
監督 田口清隆

 

宇宙悪霊アクマニヤ星人ムエルテ(SD)
身長 14cm~50m
体重 150g~1万5千t
エクセラーのエージェントの一人で、日々ストレスにさらされている人間は強烈な破壊衝動を秘めていてモンスライブした時に強大な力を発揮すると言う実験を行っていた。
吉田にチブルスパークとガンQのスパークドールズを渡すが実験は失敗し、ガンQにモンスライブした吉田に逃げられてしまった。
巨大化する事が出来る。アクマニヤ念力でガンQを操るが意思を取り戻した吉田にアクマニヤ念力を弾かれ、最後はギンガストリウムのM87光線とビクトリーのシェパードンセイバーフラッシュで倒された。

 

奇獣ガンQ(SD)
身長 14cm~55m
体重 150g~5万5千t
さえないサラリーマンの吉田がムエルテから渡されたチブルスパークでモンスライブした。
最初は人間大にしか変身できず、そのままムエルテやUPGの追跡から逃げていた。その後、サトルと言う少年と出会い、そのサトルを守る為に巨大化した。
アクマニヤ念力で操られて破壊活動を行うが、サトルの訴えを聞いて意思を取り戻すとギンガやビクトリーと力を合わせてムエルテを倒した。
戦いが終わった後、ギンガコンフォートによって吉田とガンQのスパークドールズとに分離される。
その後、サトルの自転車のカゴにはガンQのスパークドールズが乗せられていた。

続きを読む