帰ってきたウルトラ38番目の弟

ウルトラシリーズについて色々と書いていくブログです。

「アカシックレコード」

EPISODE:5 アカシックレコード
ウルトラセブン誕生35周年“EVOLUTION”5部作』第5話
2002年9月25日発売
脚本 武上純希
監督・特技監督 高野敏幸

 

メタル宇宙人ガルト星人
身長 2m~50m
体重 150kg~4万t
ミュー粒子を操る事が出来る為、4年前に地球のアカシックレコード接触する事に成功した。人類が滅んで植物生命体が地球の盟主になると発表し、その実現の為に裏で色々と暗躍し、アカシックレコードに関する情報を持つ者を次々と抹殺していった。
様々な光線や光弾を放つ。
ガイモスと共にセブンを追い詰めるが最後はワイドショットで倒された。
実は地球支配の為にアカシックレコードを書き換えたとされるが、戦いが終わった後、カザモリはガルト星人はアカシックレコードを書き換えてはいなかったのではないかと考えるようになる。果たして真実は……?

 

妖邪剛獣ガイモス
身長 60m
体重 5万9千t
ガルト星人が呼び出した怪獣。
口や両肩から光弾を放つ。
ガルト星人と共にセブンを追い詰めるが最後はアイスラッガーで倒された。

 

植物生命体ミツコ
身長 150cm
体重 40kg
カザモリがウルトラ警備隊から持ち去った植物生命体最後の種子が成長した姿。
水分の無い場所では疲労が激しい。カザモリが超能力で作り出した液体を指先から吸収する事で回復する。
イノセント」に登場したミツコと同じ姿だが、以前の個体が長髪でテレパシーを使っていたのに対し今回の個体は短髪で口を使って会話する。
アカシックレコードにネオニューロンと共生した人類と共に地球を継ぐものと記されていた。
浜辺で戯れる場面があるが植物が海水に浸かって大丈夫なのかとちょっと心配。

 

恒点観測員円盤竜
身長 不明
体重 不明
ミュー粒子を自在に操る事が出来る存在。
カザモリはサトミの祈りを聞き入れた円盤竜がアカシックレコードに記されていた人類の滅びを書き換えたと考える。果たして真実は……。

続きを読む

「ネバーランド」

EPISODE:3 ネバーランド
ウルトラセブン誕生35周年“EVOLUTION”5部作』第3話
2002年8月21日発売
脚本 武上純希
監督 小原直樹 
特技監督 高野敏幸

 

メタル宇宙人ガルト星人
身長 2m~50m
体重 150kg~4万t
普段は観測所のタシロに変身している。
カザモリとセブンの関係を知っていて、カザモリに地球の生物の進化に介入しないよう釘を刺す。
本人が言うには地球侵略の意思は無く、進化の瞬間を目撃したいだけらしい。
地球の進化の設計図を綴れる「あの方」の意思を継ぐとして新人類の地球支配を影ながら助けていた。
両手から光弾を発するがカザモリの念動波を受けて逃走。その後、ネオパンドンを呼び出す。

 

双頭合成獣ネオパンドン
身長 60m
体重 6万4千t
ガルト星人に呼び出されて街を破壊する。復活したセブンと戦うが……。

 

円盤竜
身長 不明
体重 不明
ある日突然現れて地球を監視していた。
正体はセブンとは違う星からやって来た恒点観測員。
死亡したサトミ隊員を収容して姿を消した。

続きを読む

「パーフェクト・ワールド」

EPISODE:2 パーフェクト・ワールド
ウルトラセブン誕生35周年“EVOLUTION”5部作』第2話
2002年7月24日発売
脚本 吉田伸
監督 小原直樹
特技監督 高野敏幸

 

反重力宇宙人ゴドラ星人(2代目)
身長 2m
体重 120kg
オメガファイルに記録されている星人でペガッサ星人の侵略派と手を組んで地球防衛軍を蝕んでいった。
変身能力を使ってサイジョウ参謀とイナガキ参謀とウルトラ警備隊を除いた地球防衛軍の全員を入れ替えた。
ウルトラ警備隊が地球防衛軍本部を爆破する事を知り精神波で攻撃するが最後はシラガネ隊長に倒された。
既に地球各地に仲間が深く侵入していると思われる。
今回は巨大化や飛行能力は持っていなかったっぽい。個人差であろうか?
今回もペラペラペラペラよく喋る。

 

円盤竜
身長 不明
体重 不明
地球防衛軍本部の爆破が迫る時にサトミ隊員の前に現れた。
カザモリによると今のところ敵意は無いらしいが……。

続きを読む

「ダーク・サイド」

EPISODE:1 ダーク・サイド」
ウルトラセブン誕生35周年“EVOLUTION”5部作』第1話
2002年6月21日発売
脚本 神戸一彦
監督 小原直樹
特技監督 高野敏幸

 

放浪宇宙人ペガッサ星人(2代目)
身長 2m
体重 120kg
かつて地球防衛軍のミサイル攻撃で消滅した宇宙都市ペガッサに住んでいた。
ほんの一握りがカプセルで脱出していたが後に地球でただ静かに住む場所が欲しいとする穏健派と地球人に復讐して地球を自分達の母星にしようとする侵略派とに分裂する。
穏健派リーダーは地球人の子供を引き取って育てていたが、侵略派は地球上のあらゆるエネルギーを吸収して一つの都市を他の次元に飛ばしてしまう程の力を持つ兵器としてのダーク・ゾーンを完成させる。最後はダーク・ゾーンを無力化する兵器を手にした穏健派リーダーの捨て身の行動によって侵略派の計画は阻止された。
知的生命体連合として地球防衛軍に入り込んでいたらしい。

 

円盤竜
身長 不明
体重 不明
ペガッサ星人のダーク・ゾーン消滅後に姿を現すが、すぐに姿を消す。

続きを読む

「イノセント」

EPISODE:4 イノセント」
ウルトラセブン誕生35周年“EVOLUTION”5部作』第4話
2002年5月22日発売
脚本 神戸一彦・武上純希
監督・特技監督 高野敏幸

 

双頭合成獣ネオパンドン
身長 60m
体重 6万4千t
外見は異なるが遺伝子レベルはパンドンと同じ種。
セブンが抱えるトラウマを狙って謎の男が再生したらしい。
かつてパンドンを操っていたゴース星人のコントロールシステムで操作される。
植物生命体と同種の種子を蒔く。口から赤い炎と青い光弾を吐く。尻尾で敵を攻撃する。
コントロールシステムを手にする者がいなくなって動きが止まったところをセブンのエメリウム光線と新技・ウルトラクロスアタッカーで倒された。
『セブン』の時に没になったデザインをリニューアルさせた。

 

植物生命体ミツコ
身長 150cm
体重 40kg
ユリ科に酷似している地球出自の生物で進化した植物と考えられる。謎の男が言うには「選ばれし存在」。
ネオパンドンが蒔いた同種の種子はサンプル用の1本を除いて全てウルトラ警備隊に処理されてしまった。
体液は緑。植物を操れる。憎しみとか怨みとか言う概念が無い。
老人が育てて「ミツコ」と名付けた少女はネオパンドンに苦戦するセブンを助ける為にコントロールシステムを手に入れようとするがシマ隊員に射殺されてしまった。

 

円盤竜
身長 不明
体重 不明
ウルトラ警備隊、植物生命体、そしてセブンであるカザモリの動向を見る謎の存在。

続きを読む

「わたしは地球人」

「わたしは地球人」
ウルトラセブン1999 最終章6部作』第6話
1999年12月31日発売
脚本 武上純希
監督 神澤信一
特撮監督 満留浩昌

 

Dedicated in loving memory to Captain Kiriyama

 

地球原人ノンマルト
身長 160cm
体重 43kg
中国奥地から発見された文明遺跡に関係して姿を現した。
一時的に人間の意識を奪う。念動力を使う。瞬間移動が可能。
自分達こそ地球の先住民だと宣言。今の地球人を残虐な侵略者と断じ、自分達には地球に戻る権利があると語る。
セブンに地球人の侵略の証拠であるオメガファイルの開示を求めるが、途中で可能性が薄いと判断し、ザバンギを使って自ら地球人に要求した。
最後はダンの説得を無視して地球人を滅ぼそうとするが、ザバンギがセブンに倒されたのを見て、セブンに呪いの言葉を残して姿を消した。

 

守護神獣ザバンギ
身長 59m
体重 8万6千t
謎の女が地球人にオメガファイルを開示させる為に送り込んだ怪獣。
全身を燃え上がらせて口から火炎を発する。
ウインダムとミクラスを倒してセブンも追い詰めるが最後はアイスラッガーで喉を切られて絶命した。
1万年に及ぶ怨念を持ち、戦闘時には額と胸にノンマルトの紋章が浮かぶ。フルハシ参謀が見たノンマルトの文明にはザバンギを象った絵が至る所に記されていた。

 

カプセル怪獣ウインダム
身長 ミクロ~40m
体重 0~2万3千t
ザバンギの侵攻を止める為にミクラスと共に出現する。
額からレーザーショットを撃つが、ザバンギの尻尾攻撃を受けて口から泡を出して倒れる。最後の力を振り絞って立ち上がるとザバンギの炎から電波研究所を守った。戦いの後、無事にカプセルに戻された。

 

カプセル怪獣ミクラス
身長 ミクロ~40m
体重 0~2万t
ザバンギの侵攻を止める為にウいンダムと共に出現する。
怪力を駆使して戦うが角を折られて倒れる。戦いの後、無事にカプセルに戻された。

続きを読む

「模造された男」

「模造された男」
ウルトラセブン1999 最終章6部作』第5話
1999年12月5日発売
脚本 右田昌万(原案 秋廣泰生)
監督 高野敏幸
特撮監督 満留浩昌

 

宇宙ロボットキングジョーⅡ
身長 56m
体重 4万9千t
かつてセブンと戦って神戸港に沈んでいた機体を地球防衛軍と新甲南重工が引き上げて地球防衛用の軍事ロボットとして修復した。
ラハカムストーンの影響で変わったカネミツ社長によってレスキュー用の電子頭脳を搭載されたが、カジ参謀の恐怖と不安を受けたラハカムストーンによって元の殺戮兵器に引き戻された。
目からレーザーを撃ち、分離して攻撃を回避する。
かつてライトンR30爆弾を受けた箇所にアイスラッガーを連続して受け、最後はウルトラノックで倒された。

続きを読む

「約束の果て」

「約束の果て」
ウルトラセブン1999 最終章6部作』第4話
1999年11月5日発売
脚本 太田愛
監督・特撮監督 神澤信一

 

海底人乙姫
身長 不明
体重 不明
竜ノ宮市に伝わる浦島伝説では竜宮城には双子の乙姫がいて浦島太郎を迎えたとなっている。
村の皆に自分の無事を知らせに一度帰ると言う浦島太郎に対して乙姫は必ず竜宮城に帰って来る約束として貝の棘で浦島太郎と自分の右手に傷を付ける。決して貝を開いてはいけないと言う約束を忘れてしまった浦島太郎が貝を開けてしまった為、乙姫は死んでしまった。
双子の妹は約束を忘れた浦島太郎に会ってその罪を告発するが、大龍海と浦島太郎が一緒に去っていったのを見て亀と共に海に帰っていった。

 

時空怪獣大龍海
身長 61m
体重 5万2千t
乙姫の双子の妹が乙姫と浦島太郎の約束の貝を海に投げ入れると姿を現した。
空を飛び、口からミサイルやガスを発する。
浦島太郎が掲げた夕顔の花を見ると浦島太郎を連れて光の水滴となって消えた。
乙姫との関係は不明。浦島太郎と乙姫の悲劇の産物である事に違いないが……。

続きを読む

「果実が熟す日」

「果実が熟す日」
ウルトラセブン1999 最終章6部作』第3話
1999年9月5日発売
脚本 右田昌万
監督・特撮監督 高野敏幸

 

犯罪宇宙人レモジョ星系人
身長 ポワン・160cm ゲイル・180cm ムーピョ・170cm
体重 ポワン・40kg ゲイル・80kg ムーピョ・100kg
地球で生体兵器ボラジョの実験を行おうとした矢先に母星の警察に収容されたテロリスト。収容中に反乱を起こして輸送機が南アメリカのペルー山中に墜落するとそこから逃亡した。全員で7人いたが機内の争いで3人だけ生き残った。
擬態能力があり、ポワンはサエコと名乗って歯室歯科医院で歯科医を務め、ゲイルは将来有望な新人ボクサー、ムーピョは会社員として正体を隠していた。
ムーピョはウルトラ警備隊に射殺され、ゲイルは残った力をボラジョに与えて力尽き、サエコも最後はウルトラ警備隊に射殺された。

 

植物獣ボラジョ
身長 56m
体重 3万1千t
レモジョ星系人のテロリストが地球で実験しようとしていた生体兵器。
貨物船でリマから東京に運ばれるがウルトラ警備隊によってその殆どが焼却される。しかし、残った最後の一つがゲイルの力を受けて熟し巨大化した。
花弁から極端に濃度の濃い酸を発し、蔦で相手を絡め取る。
ウルトラ警備隊の援護を受けたセブンのワイドショットで爆発した。

 

カプセル怪獣ウインダム
身長 ミクロ~40m
体重 0~2万3千t
カザモリの持つ青いカプセルから登場する。
額からレーザーショットを撃つ。
レモジョ星系人を撃退した。

続きを読む

「空飛ぶ大鉄塊」

「空飛ぶ大鉄塊」
ウルトラセブン1999 最終章6部作』第2話
1999年8月5日発売
脚本 武上純希・お~いとしのぶ
監督 神澤信一
特撮監督 満留浩昌

 

宇宙昆虫ガロ星人
身長 40cm
体重 1.1kg
20年前に出版された『空飛ぶ大鉄塊』の秘密に気付いて大鉄塊を作り、完成させる為にキュルウ星人を付け狙う。
他も生物に寄生して意のままに操る。自身の戦闘能力は無いと思われる。
乗っ取ったキュルウ星人を使って大鉄塊を動かすがキュルウ星人の抵抗を受けて大鉄塊ごとセブンに倒されてしまった。
それぞれに名前があるらしく、一人は「チャグ」との事。(命名・鵜川薫)

 

鉄鋼ロボット大鉄塊
身長 67m
体重 6万4千t
キュルウ星人の宇宙船。
かつてキュルウ星人が乗っていた宇宙船は失われたらしく、キュルウ星人は宇宙船再建の為の技術を『空飛ぶ大鉄塊』と言う本にして出版していて、その秘密に気付いたガロ星人によって作られた。マグマを吸収して活動を開始し、宇宙船から人型に変形する。
量子エネルギー変換システムで吸収したエネルギーを量子ビームとして一気に解き放つ。重力遮断システムで宙を飛ぶ。捕獲ビームで相手の動きを止める。
『空飛ぶ大鉄塊』の上巻にはコントロール方法が書かれていなかったが、量子エネルギー変換システムだけでセブンをあと一歩まで追い詰めた。
量子エネルギー変換システムで量子化したキュルウ星人が大鉄塊と一体化する事で完成したが、キュルウ星人によって動きが止められた間にセブンによって爆破された。

 

帰化宇宙人キュルウ星人
身長 175cm
体重 88kg
宇宙船を失って地球に漂着したので、故郷に帰る為に『空飛ぶ大鉄塊』と言う本に宇宙船(大鉄塊)を再建する為の技術を記したが、秘密に気付いたガロ星人に狙われて姿を隠す事になる。
サトミ隊員の父親とは親友で正体も知られていたらしい。
ガロ星人が大鉄塊を作った事を知り、自ら決着を付ける為に量子エネルギー変換システムで量子化して大鉄塊と一体化し、大鉄塊の動きを止めてセブンに倒させた。

続きを読む