帰ってきたウルトラ38番目の弟

ウルトラシリーズについて色々と書いていくブログです。

「最終章Ⅰ 新たなる影」

最終章Ⅰ 新たなる影 ーゼルガノイド テラノイド ネオダランビアⅡ登場ー
ウルトラマンダイナ』第49話
1998年8月15日放送(第49話)
脚本 長谷川圭一
監督 小中和哉
特技監督 大岡新一

 

宇宙球体スフィア
身長 不明
体重 不明
「光、消エロ!」とダイナであるアスカを襲った。
オダランビアⅡを生み出すがダイナに敗れ、次に集団で火星秘密基地を襲撃してテラノイドに取り付いてゼルガノイドを生み出した。

 

合成獣オダランビアⅡ
身長 65m
体重 6万3千t
スフィアが生み出した合成獣
口から黄色い光線を吐き、亜空間バリアーを張るが、ダイナ・フラッシュタイプのソルジェント光線連発で倒された。
何故か前の個体より体重が軽くなっている。金属部分が無いからかな?
地面を這って進む攻撃方法が斬新だった。

 

人造ウルトラマンテラノイド
身長 55m
体重 4万3千t
マサキ・ケイゴが解明したティガの地の巨人像の分析データを基にゴンドウ参謀が火星秘密基地で復元した石像にアスカの生体エネルギーを照射する事で完成した「人が制御できるウルトラマン」。
「人類最強の防衛兵器」と言う肩書き通り、ソルジェント光線やビームスライサーでスフィアを次々と倒していくが、エネルギー切れを起こすとスフィアに乗っ取られてゼルガノイドに変えられてしまった。

 

合成獣ゼルガノイド
身長 57m
体重 4万9千t
スフィアがテラノイドに取り付いて生み出した。
ソルジェント光線、ビームスライサー、フラッシュサイクラーでブラックバスター隊のガッツシャドーを次々と倒していく。
ゴンドウ参謀の光を得たダイナの反撃を受け、最後はダイナ・フラッシュタイプのソルジェント光線連発を受けて爆発した。

続きを読む

「ンダモシテX」

「ンダモシテX ーモゲドン チャダビン星人登場ー
ウルトラマンダイナ』第48話
1998年8月8日放送(第48話)
脚本 右田昌万武上純希(原案 京本政樹
監督・特技監督 北浦嗣巳

 

変心宇宙人チャダビン星人
身長 180cm
体重 100kg
銀河系でも3本の指に入る凶悪宇宙人で強力な兵器を製造しては惑星や衛星を実験台に破壊を繰り返してきた。しかし、それを知るのは一部の上の人間だけで現場の人間は命のいない星で純粋に科学的実験を行っていたと思っていた。
太陽系に潜入した3人のチャダビン星人のうち2人はハヤテ隊長に始末されたが残る1人は地球でンダモシテXを設置中に地球人のムサシ・ホウサクと遭遇し、ムサシが宇宙船に触れてしまった事で機密保持機能で宇宙船が自爆してムサシを死なせてしまった。
大切な命を奪ってしまった事にショックを受けたチャダビン星人は自分の過ちを償う為にチャダビン星人の姿を捨ててムサシとして生きる事を決意する。やがて地球人の事が本当に好きになっていき、モゲドンの体内にンダモシテXがある事を知ると地球人を守る為に決死の解除作業を行った。

 

地底怪獣モゲドン
身長 55m
体重 5万t
地底から現れた「モグラ叩きみたいなヤツ」。
ガッツイーグルのフォーメーション・キャットトリックやダイナの猫だましに驚く。
暴れるが実はンダモシテXが喉に刺さって興奮していただけだった。
ムサシとハヤテ隊長にンダモシテXを取り除かれるとダイナによって宇宙に運ばれた。
劇中では語られていないが、いくら掘っても良い星に連れて行ってもらえたらしい。
目玉みたいな模様が印象的。

続きを読む

「さらばハネジロー」

「さらばハネジロー ーデビルファビラス ファビラス星人登場ー
ウルトラマンダイナ』第47話
1998年8月1日放送(第47話)
脚本 川上英幸
監督・特技監督 原田昌樹

 

放浪宇宙人ファビラス星人
身長 強硬派・2m 穏健派・190cm
体重 強硬派・140kg 穏健派・120kg
母星が消滅した為、放浪の旅に出た宇宙人。宇宙船の中にミクロ化した80億人の仲間がいる。元々は武力活動を望まない平和な種族で、様々な星を訪れて受け入れてくれるよう交渉してきたが、その度に攻撃を受け、さらにメラニー遊星で調査チームが全滅した事で遂に地球を侵略する事を決断した。
特殊な光線でコーティングした宇宙船でレーダー網をすり抜け、コウダ副隊長とカリヤを捕獲して変身するとTPC基地に侵入して基地の機能を麻痺させた。
地球の全ての生物をミクロ化して自分達の宇宙船に乗せて地球に移住しようとし、24時間以内に地球人からの回答が無ければ開発した戦闘機で地球を総攻撃すると宣告するが、ハネジローの説得で思い止まる。
事件解決後、ハネジローを心の支えにして再び放浪生活に入る決心をした。

 

魔石超人デビルファビラス
身長 2~54m
体重 140kg~4万t
地球対策の強硬派はかつてムザン星で手に入れた魔石を身に付けムザン星人のような残忍な性格になった。80億の仲間の為に地球移住を推し進めるが、最後は魔石に支配されて多くの血を流す為に暴れてしまう。
巨大化し、両手から光線を発し、魔石が作った鎧で身を固め、魔石から発する光線でダイナを苦しめる。
ハネジローに魔石の位置を教えられたダイナ・ミラクルタイプのビームスライサーで魔石を破壊され、鎧はレボリウムウェーブ・アタックバージョンで異次元に追放された。

 

迷子珍獣ハネジロー
身長 33cm
体重 5kg
全国の子供達に大人気。アスカより賢くてコンピューターもマスターした。
実はファビラス星で平和を招く神「ムーキット」として珍重されていた生物だったが惑星消滅の際に殆どが死滅していた。
ハネジローはメラニー遊星の調査チームにいたが、モンスアーガーによって調査チームは全滅してしまった。
地球人とファビラス星人の戦争を回避させ、ダイナにデビルファビラスの魔石の位置を教える。
事件解決後、ファビラス星人の心の支えとして一緒に旅立ち、アスカに「また会える」とメッセージを送った。

続きを読む

「君を想う力」

「君を想う力 ーモルヴァイア 謎の怪獣軍団登場ー
ウルトラマンダイナ』第46話
1998年7月25日放送(第46話)
脚本 右田昌万(原案 円谷一夫)
監督・特技監督 原田昌樹

 

恐怖エネルギー魔体モルヴァイア
身長 57m
体重 6万6千t
長野県松本市に落下した隕石の影響で黒い花が咲き、その周囲で過去に出現した怪獣や宇宙人が再び現れると言う怪奇現象が起きる。実は黒い花は宇宙植物で人間の恐怖心を栄養素にしていて、その恐怖心で幻影を作り出していた。やがて黒い花の素粒子が集まって人間が思い描く悪魔のような姿をした怪獣モルヴァイアが誕生する。
モルヴァイアは口から炎を発し、身軽な動きでダイナを苦しめるが、同じ宇宙植物の白い花から抽出されたエキスを積めたガッツイーグルのMKⅡミサイルで分解された。
最後は黒い塊になって逃げようとするがダイナ・フラッシュタイプのソルジェント光線を受けて完全消滅し、その後、白い粉が辺りに降り注いで黒い花は全て消滅した。
黒い花の名前は「メージヲグ」と言うらしい。リョウによると初めは全部白い花だったが突然変異で黒い花になったとの事。

 

迷子珍獣ハネジロー
身長 33cm
体重 5kg
自分のホームページを開設した。
事件解決後、謎の未確認物体飛来の情報に反応するが……。

続きを読む

「チュラサの涙」

「チュラサの涙 ートロンガー登場ー
ウルトラマンダイナ』第45話
1998年7月18日放送(第45話)
脚本 上原正三
監督・特技監督 高野敏幸

 

宇宙超獣トロンガー
身長 190cm~51m
体重 300kg~4万3千t
かつてギガール星でミヤタ参謀を襲撃してチュラサに撃退された宇宙怪獣。とても執念深く、チュラサへの復讐を遂げた後、今度はミヤタ参謀に復讐する為に宇宙の果てから地球にやって来た。
雷雲の中にある謎の穴から赤い球として現れ、スーパーGUTSを嘲笑うかのようにTPC関連の基地を次々と襲った。
両手から光線を発し、後頭部の触手や口の中から現れる触手で敵を襲う。攻撃を受けてもすぐさま再生し、不死身と言っていいほどの強さを誇るが心臓が唯一の弱点で、かつては右肩にあったものを右胸に移動させていたが、チュラサの涙をセットしたギガール銃で心臓を撃ち抜かれ、最後はダイナ・フラッシュタイプのソルジェント光線で止めを刺された。
「超獣」と言う肩書きだがヤプールとは無関係だと思われる。

 

ギガール星人チュラサ
身長 160cm
体重 60kg
10年前にネオマキシマ航法のテスト中にミヤタ参謀が流れ着いたと語られる星の勇敢な女性戦士。
ギガール銃でトロンガーに襲われたミヤタ参謀を助けるが、その後、トロンガーに復讐されたらしい。
トロンガーに再び襲われるミヤタ参謀を自分の宇宙船に招き入れてチュラサの涙とギガール銃を与える。その後、再びミヤタ参謀の前に現れるが現実か夢か明らかではない。
名前の由来は沖縄の言葉で「美しい人」から。

続きを読む

「金星の雪」

「金星の雪 ーグライキス登場ー
ウルトラマンダイナ』第44話
1998年7月11日放送(第44話)
脚本 長谷川圭一
監督 村石宏實
特技監督 村石宏實・満留浩昌

 

宇宙球体スフィア
身長 不明
体重 不明
時空の歪みから金星に出現した。珍しい二連タイプ。
金星の大気改造システムであるアイス・ビーナスを破壊して中の人工バクテリアをグライキスに突然変異させた。グライキスに力を与え、自らも先端の開口部から衝撃波を発してダイナやスーパーGUTSを苦しめる。
コスモネットを通じて再び地球人にメッセージを送るが最後はスーパーGUTSに根性で撃ち落された。

 

灼熱怪獣グライキス
身長 54m
体重 7万7千t
スフィアがアイス・ビーナスの人工バクテリアを突然変異させた怪獣。
金星の大気を泳ぐように移動し、口から火球を吐く。戦闘形態と手足を収納した飛行形態がある。
スフィアと共に金星の環境で力を発揮できないダイナを苦しめるが最後はスーパーGUTSの根性を受け取ったダイナ・ミラクルタイプの反撃を受けて弱点である頭部を砕かれて爆発した。その後、呪いから解放されたアイス・ビーナスが雪のように辺りに降り注いだ。

 

迷子珍獣ハネジロ
身長 33cm
体重 5kg
司令室から金星での戦いを見ていた。

続きを読む

「あしなが隊長」

「あしなが隊長 ーゴルザⅡ登場ー
ウルトラマンダイナ』第43話
1998年7月4日放送(第43話)
脚本 右田昌万(原案 満留浩昌)
監督 村石宏實
特技監督 村石宏實・満留浩昌

 

超古代怪獣ゴルザⅡ
身長 62m
体重 7万t
霧門岳の地下でマグマを集めて噴火活動を引き起こした。
ネオドリルビームを受けて地上に現れると口から火炎を吐いてTPC地上部隊を壊滅させた。
ガッツディグのアトミックサンダーやダイナ・フラッシュタイプのソルジェント光線も通じない強敵だったが、怒りの気持ちをコントロールしたダイナのソルジェント光線を再び受けて倒された。
何者かがゴルザ細胞を蘇らせたらしく、スフィアの関連も疑われた。

続きを読む

「うたかたの空夢」

「うたかたの空夢 ーレギュラン星人 マウンテンガリバー5号登場ー
ウルトラマンダイナ』第42話
1998年6月27日放送(第42話)
脚本・監督・特技監督 川崎郷太

 

悪質宇宙人レギュラン星人ヅウォーカァ将軍
身長 260cm
体重 200kg
宇宙一の嫌われ者でその筋では有名なほど悪賢い宇宙人。
地球人がスペシウム砲と言うあんまり凄い武器を持った為に文句を言いに来て、数多すぎな球体型円盤でスペシウム砲受領を妨害し、さらに強力な彗星爆弾を小惑星帯で爆発させて広範囲に小惑星の破片を降り注がせる自らも自画自賛するほど悪賢い「石ぶつけ作戦」と言う素晴らしいネーミングの作戦を展開する。圧倒的な物量攻撃でMG-5のスペシウム砲を破壊し、火星にたぶん10キロメートルくらいの大きな小惑星を落下させようとする。
アスカが乗ったα号を袋叩きにするがダイナ・フラッシュタイプに円盤全てを破壊され、「おのれぇ~、ウルトラマンダイナァッ!!」と言う言葉を残して全滅した。
夢だけどね。

 

スーパーロボットマウンテンガリバー5号
身長 58m
体重 6万t
火星マリネリス基地開発部のホリイが「まぁ、こんな事もあろうかと思って」開発していたとっておきのロボット。略して「MG-5」。
スペシウム砲を装備しているが設計ミスによるコクピットが狭いと言う重大な欠陥を抱えていてチビスケのマイが操縦する事になる。ギアはオートマでアルチハンドが基本と言う初心者にも優しい設計。でも乗り心地はあまり良くないらしい。
スペシウム砲以外の武器は今日のところは……無い。が、コナクソー!なパンチで「あ、凄い」活躍をする。
レギュラン星人の球体型円盤でスペシウム砲を破壊されて一時退却するが、火星に落下する大きな小惑星を押し返す為に再び出撃する。
てな感じでアスカの夢で大活躍であった。

続きを読む

「ぼくたちの地球が見たい」

「ぼくたちの地球が見たい ーダイオリウス登場ー
ウルトラマンダイナ』第41話
1998年6月20日放送(第41話)
脚本 太田愛
監督・特技監督 川崎郷太

 

宇宙昆虫ダイオリウス
全長 115m
体重 6万5千t
3年前に建設中のステーションを全滅させた昆虫型怪獣。
凶暴な上に頭が良く、生き物なら何でも餌にしてしまう。
幼虫は成虫への変態時に地球の気圧の下では数秒で気化する猛毒の体液を分泌する。
触角で電波や光や音と言ったあらゆる信号に反応して、ガゼル号のSOS信号に喰い付いた。成虫は大気圏突破が出来ないのでガゼル号に3体の幼虫を植えつけて地球に送り込もうとした。全ての幼虫がカリヤ達によって倒されたると用無しとなったガゼル号を破壊しようとした。光弾や電流を発してダイナと戦うが最後はダイナ・フラッシュタイプのソルジェント光線で倒された。

続きを読む

「ジャギラの樹」

「ジャギラの樹 ーゴッドジャギラ登場ー
ウルトラマンダイナ』第40話
1998年6月13日放送(第40話)
脚本 六本木学
監督 児玉高志
特技監督 佐川和夫

 

魔樹宇宙人ジャギラ星人
身長 178cm
体重 68kg
植物学研究者の青木として過ごしていたが眼鏡を外すと本性を現す。
地球を故郷のジャギラ星と同じ植物の星にしようと街の人を遺伝子操作して200年かけて準備を整えていた。
自分の超能力と紀子の生命力があれば完全なる神ゴッドジャギラになれるとして紀子と共にジャギラの樹と同化する。
200年前に現れた旅の僧もジャギラ星人の変身した姿だったと思われる。

 

宇宙魔樹ゴッドジャギラ
身長 59m
体重 4万8千t
森野町に落下した隕石の跡から不思議な植物ジャギラが花を咲かせ、花粉を浴びた村人は魂を抜かれたような状態になる。旅の僧はそれを洗礼と語り、200年後にまたジャギラの花が咲いて、この地は楽園になると予言する。そして200年経った現在、再び花が咲いたジャギラの樹に街の人達は吸い寄せられ生命力を吸われていった。
ジャギラの樹は紀子とジャギラ星人であった青木を取り込む事で完全なる神ゴッドジャギラになるが、ナカジマの地球人探知機で紀子を救出され、最後はダイナ・フラッシュタイプのソルジェント光線を受けて炎上し、ジャギラ星人ごと燃え尽きた。

続きを読む