帰ってきたウルトラ38番目の弟

ウルトラシリーズについて色々と書いていくブログです。

「優しい標的」

「優しい標的 ーギャンザー クレア星雲人登場ー
ウルトラマンダイナ』第15話
1997年12月13日放送(第15話)
脚本 長谷川圭一
監督・特技監督 村石宏實

 

諜報宇宙人クレア星雲人シオン
身長 180cm
体重 75kg
クレア星雲から来た惑星調査員で地球人類の存在を確認する為に遥か彼方から派遣されたが宇宙船に予想外の事故が起きて地球に不時着したと語るが正体は侵略者であった。
緑色の石でマイを操り、物質変化の電磁波でギャンザーを出現させる。
マイを使ってTPC主要施設の機密データを入手しようとするがリョウによって妨害され、次にギャンザーを使ってTPC基地を破壊しようとするがこれも失敗に終わる。最後は宇宙船で逃走しようとしたところをリョウ怒りの誘導ミサイルで倒された。

 

尖兵怪獣ギャンザー
身長 62m
体重 6万3千t
シオンが使う怪獣で街中に現れて破壊活動を行う。ガッツイーグルの電磁ネットで動きを封じられそうになるがシオンによって転移させられた。
目と両手から青い光弾を発する。右手が切断されても中からムチが飛び出る。
次に山火事を起こしてTPC基地を危機に陥らせるが、ダイナ・フラッシュタイプのソルジェント光線で倒され、山火事もネイチャーコントロールで鎮火させられた。

続きを読む

「月に眠る覇王」

「月に眠る覇王 ーヌアザ星人登場ー
ウルトラマンダイナ』第14話
1997年12月6日放送(第14話)
脚本 古怒田健志
監督・特技監督 北浦嗣巳

 

宇宙帝王ヌアザ星人イシリス
身長 59m
体重 5万2千t
ヌアザ星の王で全宇宙を支配しようとしていた。
月の裏側にある古代遺跡「王家の谷」の地下にある棺の中で眠っていたが調査に来たカリヤの体を乗っ取って地球に降り立った。TPC基地のコンピューターを使って月の重力発生装置を復活させて地球に落下させようとする。
ヌアザの神を象った石像に宿って復活を果たすが、正気を取り戻したカリヤに棺の中に残っていた本体の心臓を剣で貫かれ、最後はダイナ・ストロングタイプのストロングパンチで吹き飛ばされて爆発した。
イシリスが死ぬと同時に月にあった古代遺跡も爆発した。
名前の由来はケルト神話の「ヌアザ」とエジプト神話の「イシス」と「オシリス」かな。

続きを読む

「怪獣工場」

「怪獣工場 ーガラオン登場ー
ウルトラマンダイナ』第13話
1997年11月29日放送(第13話)
脚本 川上英幸
監督・特技監督 北浦嗣巳

 

知略宇宙人ジー星人
身長 ドルチェンコ・170cm ウドチェンコ・180cm カマチェンコ・175cm
体重 ドルチェンコ・80kg ウドチェンコ・80kg カマチェンコ・79kg
資源のある地球を植民地にする為、ミジー星からやって来た3人の秘密工作員
手を叩いて地球人に変身するがクシャミをすると変身が解けてしまう。
クモ型UFOで地球にやって来て、地球のレーダー網に引っ掛からないようにガラオンの部品を細分化して防御シールドに包んで持ち込みピコポン玩具製作所で組み立てていた。
武士少年に計画を見破られ、頭部だけ完成している状態のガラオンで戦う事になり、最後はダイナに敗れて「覚えていろー!」と言う捨て台詞を残して逃走した。
合言葉はスーパーGUTSと同じく「ラジャー!」。
名前の由来は「地味」から。

 

三面ロボ頭獣ガラオン
身長 56m
体重 6万5千t
ジー星人が組み立てていた特殊戦闘用メカニックモンスター。
完成すれば全長400mになる予定だったが完成前日に頭部のみで戦う事になる。
「怒り」「泣き」「笑い」の三面を持っていて、それぞれ赤、青、黄色の光線を発する。さらに笑い顔は笑気ガスを発しダイナをも笑わせてしまう。
ダイナ・ミラクルタイプのウルトラマジックで形勢逆転され、ダイナ・フラッシュタイプのビームスライサーで倒された。
転んだら泣き顔に変わるなど芸が細かい。

続きを読む

「怪盗ヒマラ」

「怪盗ヒマラ ーヒマラ登場ー
ウルトラマンダイナ』第12話
1997年11月22日放送(第12話)
脚本 太田愛
監督・特技監督 原田昌樹

 

怪宇宙人ヒマラ
身長 2~57m
体重 100kg~4万3千t
「侵略なんて野蛮な事は趣味ではない」と語る謎の宇宙人。
他の星には無い地球の夕焼けの街の美しさに心を奪われ、気に入ったものは手に入れる事に決めているとして、夕焼けの街を赤いセロハンで包んで自分の小箱の中に収めてしまった。
額から出す赤い光線にも転送能力があり、アスカとカリヤを小箱の中に閉じ込めた。
空を自由に動き、瞬間移動も出来るが、おしゃべりでどこかマヌケ。
自分の口の中に入ったダイナとヒマラワールドで戦う。赤い光線を撃つにはポーズに時間がかかり、青い光線も大した威力が無くあっさりと跳ね返される。ダイナ・フラッシュタイプのアッパーパンチで吹っ飛ばされるが、そのまま宇宙船で宇宙へ去って行った。
残された小箱からヒマラが盗んだものも元に戻っていったが……。

続きを読む

「幻の遊星」

「幻の遊星 ーモンスアーガー ハネジロー登場ー
ウルトラマンダイナ』第11話
1997年11月15日放送(第11話)
脚本 川上英幸
監督・特技監督 原田昌樹

 

破壊獣モンスアーガー
身長 65m
体重 6万8千t
宇宙戦争用に作られた生物兵器。両手を合わせて光弾を撃つ。硬い皮膚であらゆる光線を弾く。
メラニー遊星は大きさは月の三分の一程度で大気中の酸素濃度や重力は地球とほぼ同じとなっている。ホログラムと幻覚ガスで作り出した偽物の自然環境で異星人を誘き寄せてモンスアーガーの餌食にしていた。作った存在は既に滅亡しているらしく、管理者がいなくなった後は宇宙を彷徨っていた。
モンスアーガーはハネジローに弱点を教えてもらったダイナ・ストロングタイプのストロングボムを頭部に受けて火花を散らしながら消滅し、メラニー遊星はモンスアーガーが倒されると消滅するシステムになっていた。

 

迷子珍獣ハネジロー
身長 33cm
体重 5kg
アスカがメラニー遊星で出会った珍獣。主人はモンスアーガーに襲われ、自身もケガをしていた。
最初は怯えて敵意を見せていたが、ケガの手当てをしてくれたアスカに懐く。
目から映像を映し出してメラニー遊星の秘密やモンスアーガーの弱点をアスカ(ダイナ)に教えた。

続きを読む

「禁断の地上絵」

「禁断の地上絵 ーデキサドル ゼネキンダール人登場ー
ウルトラマンダイナ』第10話
1997年11月8日放送(第10話)
脚本 右田昌万
監督 石井てるよし
特技監督 佐川和夫

 

念力種族ゼネキンダール人
身長 190cm
体重 100kg
南アメリカアンデス地方に文明を築き、大昔に地球を征服していたと言い伝えのある伝説の種族。超能力思念で人間の頭に光の輪を作って苦しめる。3匹の怪獣を操って地球を征服し、その怪獣は今もアンデスの地上絵に隠されている。
既に滅亡していたが3年前にアキヅキ博士が洞窟で見付けたゼネキンダール人の体毛とクローン製造機で3人のゼネキンダール人を蘇らせると、人間のDNAをコピーしてアキヅキ博士達に変身し、超能力思念を送る機械で地上絵に隠した3匹の怪獣を復活させようとする。
スーパーGUTSの妨害で3匹のうちデキサドルのみの復活となり、カリヤとリョウに超能力思念を送る機械を破壊され、デキサドルの敗北と共に消滅した。

 

高速怪獣デキサドル
身長 62m
体重 4万9千t
ゼネキンダール人がアンデスの地上絵に隠していた3匹の怪獣のうちの一匹。
3匹の怪獣は全てスーパーGUTSのトルネードサンダーで破壊されたが、3人のゼネキンダール人の超能力思念によってデキサドルのみ復活を果たせた。
ガッツイーグルα号を上回る飛行速度を誇る。上空から攻撃を繰り出し、口から光の輪を作り出す。
ダイナ・ミラクルタイプの反撃を受けて上空に逃げようとしたところをダイナ・フラッシュタイプのソルジェント光線で倒された。

続きを読む

「二千匹の襲撃」

「二千匹の襲撃 ーギアクーダ登場ー
ウルトラマンダイナ』第9話
1997年11月1日放送(第9話)
脚本 長谷川圭一
監督 石井てるよし
特技監督 佐川和夫

 

吸電怪獣ギアクーダ
身長 220cm~67m
体重 200kg~5万6千t
どこかの遺跡の地下から現れた光が実体化した怪獣。
プラズマで電気機器を狂わせる。胸から赤い光線を出し、全身から赤い電流を放射する。
電気を求めて太陽発電基地を襲うが、ダイナ・ストロングタイプに空中に投げられてガッツイーグルのトルネードサンダーで倒される。しかし、バラバラになった破片一つ一つが再生して二千匹もの小型怪獣になると電気関係を襲って都市機能を麻痺させ街を制圧してしまった。
スーパーGUTSとダイナの誘き寄せ作戦でトラップフィールドに集められて再び一つの大型怪獣に戻るとダイナに何かを頼み、最後はダイナ・ミラクルタイプに宇宙に連れられてレボリウムウェーブ・アタックバージョンでバラバラにされ、そのまま時空衝撃波で作り出されたミニ・ブラックホールに投げ込まれた。
アスカは人間に何か大切な事を忘れさせない為に地球の意思が送り込んだのではないかと考えるが真相は不明。

続きを読む

「遙かなるバオーン」

「遥かなるバオーン ーバオーン登場ー
ウルトラマンダイナ』第8話
1997年10月5日放送(第8話)
脚本 太田愛
監督・特技監督 村石宏實

 

催眠怪獣バオーン
身長 53m
体重 6万t
ふるべ村に落下した隕石と共にやって来た。「バオーン」と言う鳴き声を聞いた者は眠ってしまう。
ジェットワイヤー作戦で足止めされ、ジャイアントマスク作戦の睡眠ガスで眠るが翌日には起きて朝の体操をした。赤い色に反応し、街にある赤いバルーンを見て街に向かう。睡眠ガスに慣れた為に麻酔弾が効かなくなる。ダイナ・ストロングタイプの赤い色に反応して遊んでもらおうとして、最後はダイナ・フラッシュタイプのウルトラバルーンに誘われ、そのまま宇宙に帰された。
ヒビキ隊長は「眠らせ怪獣バオーン」と言っていた。

続きを読む

「箱の中のともだち」

「箱の中のともだち ーギャビッシュ ダイス星人ー
ウルトラマンダイナ』第7話
1997年10月18日放送(第7話)
脚本 川上英幸
監督 村石宏實
特技監督 村石宏實・満留浩昌

 

凶悪怪獣ギャビッシュ
身長 8cm~70m
体重 70g~7万t
凶暴な宇宙生物でダイス星に多大な被害を与えた。ダイス星人特別捜査官に捕獲されてブラックホールへ移送される途中に地球へ逃走した。2匹いて1匹はすぐに特別捜査官に処分されるが残る1匹は何者かに追われている哀れな小動物を演じて怪獣災害の孤児・由香を利用する。
小さい状態で檻に閉じ込められていたが地球の大気で檻が崩壊して巨大化する。由香を人質に取って街を破壊するが、特別捜査官に由香を救出されてしまった。
口から針のような光線を無数に吐き、尻尾からも光線を撃つ。
怒りに燃えるダイナの攻撃にも耐えるが、由香の応援を受けて立ち上がったダイナ・フラッシュタイプのダイナスラッシュで尻尾を切られ、ソルジェント光線で青白い炎を上げて消滅した。

 

特別捜査官ダイス星人
身長 180cm
体重 80kg
バース星雲ダイス星の特別捜査官。
銃を所持し、左手から捕獲や相手を気絶させる光線を撃つ。地球の言語も解読できる。テレポートも可能だが地球の重力では遠距離の移動は不可能。
ギャビッシュを捕獲してブラックホールへ移送する途中に地球へ逃走されてしまった。
娘をギャビッシュに殺されていて、娘にそっくりな由香の存在に戸惑う。ギャビッシュに人質にされた由香を救出するが、ギャビッシュの攻撃から由香を庇って瀕死の重傷を負ってしまい、由香に娘の写真が入ったペンダントと生きる事を託して光になって消滅した。

続きを読む

「地上最大の怪獣」

「地上最大の怪獣 ーフォーガス登場ー
ウルトラマンダイナ』第6話
1997年10月11日放送(第6話)
脚本 武上純希
監督 原田昌樹
特技監督 北浦嗣巳

 

菌糸怪獣サタンフォーガス
身長 185cm~56m
体重 60kg~4万2千t
街の地下に本体を置いて四方10kmに菌糸を伸ばす。菌糸は人間の脳細胞に当たるので自らを「地上最大の知性」とした。菌糸を地球全体に伸ばして地球を一つの知性にまとめあげて自分の思いのままにしようとする。
アースネットからTPCのコンピューターに侵入してTPCヨーロッパ支部の防衛ミサイルでTPC本部を破壊し人類に宣戦布告しようとした。最初は人間形態で現れて進化の袋小路に入った人類ではなくさらに進化する自分に味方しろとダイナに呼びかけるが拒否され、リョウのガッツイーグルγ号で防衛ミサイルを撃ち落されると怪獣形態を見せた。
一体を破壊されても無数の怪獣形態が次々と現れるが、ダイナ・ミラクルタイプに本体を発見されてシャイニングジャッジで燃やされると宇宙に逃げようとするがダイナ・フラッシュタイプのソルジェント光線で倒されて完全消滅した。
人間形態は『ティガ』の「放たれた標的」のムザン星人の着ぐるみを改造している。

続きを読む