帰ってきたウルトラ38番目の弟

ウルトラシリーズについて色々と書いていくブログです。

「キミの声が聞こえない」

「キミの声が聞こえない」
ウルトラマンタイガ』第15話
2019年10月12日放送(第15話)
脚本 中野貴雄
監督 市野龍一

 

小珍獣モコ
カンタと心を通わせた宇宙生物
テレパシーで怪獣や人間と会話する事が出来る。
チブル星人マブゼに捕まって実験に利用されそうになるがヒロユキに救出される。
マブゼのラボには他にもリムエレキング、サメクジラとバデータの幼体等が捕らえられていた。

 

チブロイド
身長 200cm
体重 300kg
チブル星人マブゼが作ったアンドロイド。
警備の他に人間に変身して実験の助手も行う。

 

頭脳星人チブル星人マブゼ
身長 200cm
体重 500kg
「宇宙最高の頭脳の持ち主」を自称する宇宙人。
DNAの配列を変えてより強くより賢くより美しい究極の怪獣を作り出そうとしている。オークションで手に入れたゴモラレッドキングとベリアルの遺伝子を使ってスカルゴモラを作った。

 

培養合成獣スカルゴモラ
身長 57m
体重 5万9千t
チブル星人マブゼによって作られた最強の合成怪獣。
闇の力で暴走したタイガのフォトンアースのオーラムストリウムで倒された。

続きを読む

「護る力と闘う力」

「護る力と闘う力」
ウルトラマンタイガ』第14話
2019年10月5日放送(第14話)
脚本 勝冶京子
監督 市野龍一

 

高次元人イルト
身長 185cm
体重 72kg
ある怪獣災害に苦しむ惑星の為に強大な力を持つ防衛マシン・ギガデロスを作った科学者。
ギガデロスが制御不能に陥って破壊活動を行うようになったのを知ると作った機体全てを回収して封印する事にした。
地球に出現したギガデロスが倒された後も残りのギガデロスを全て回収する為に旅を続ける。

 

惑星守護神ギガデロス
身長 60m
体重 8万t
制御不能に陥って護る為の力で星を破滅に追いやった。
光線エネルギーを逆利用して分身する事が出来る。
トレギアの感情を埋め込まれた為に暴走したらしい。
イルトが同期してシャットダウンされた隙にフォトンアースのオーラムストリウムを受けて倒された。
倒されるとギガデロスリングになった。

続きを読む

「それでも宇宙は夢を見る」

「それでも宇宙は夢を見る」
ウルトラマンタイガ』第12話
2019年9月21日放送(第12話)
脚本 小林弘利
監督 辻本貴則

 

サラサ星人麻璃亜
生命エネルギーを食い尽くす謎の存在に滅ぼされた海の惑星サラサの出身。
ギマイラに魔法の力を吸い取られるが魔法の本質を見つめ直す事で力を復活させた。
戦いが終わった後、地球から去って行った。

 

宇宙怪人ゼラン星人オショロ
身長 170cm
体重 70kg
ギマイラを使って地球人から魔法の力を切り離し、無気力な人間が残る地球を支配しようとした。
ギマイラが倒されるとそのまま宇宙に帰っていった。

 

地底怪獣パゴス
身長 30m
体重 2万t
ギマイラに地底世界を荒らされて地上に逃げていた。
フーマに倒された後もそのまま死体が残っていたが、復活したギマイラが暴れた事で起きた地震によって死体は崩れ落ち、戦いが終わった後、人間によって処理された。

 

吸血怪獣ギマイラ
身長 59m
体重 5万2千t
宇宙に満ちる魔法を吸い取る怪獣。口から触手を出して生物を襲う。
タイガとの戦いでダメージを負うがトレギアにパワーを与えられて復活・強化される。
二度目の戦いでは様々な光線を駆使して戦うが、麻璃亜の魔法で強化されたタイガに押され、最後はフォトンアースのオーラムストリウムで倒された。

続きを読む

「星の魔法が消えた午後」

「星の魔法が消えた午後」
ウルトラマンタイガ』第11話
2019年9月14日放送(第11話)
脚本 小林弘利
監督 辻本貴則

 

サラサ星人麻璃亜
ヒロユキが出会った「魔法使い」。
ギマイラを制御する事が出来る存在としてオショロに狙われる。
ギマイラの影響で魔法が使えなくなってしまった。

 

宇宙怪人ゼラン星人オショロ
身長 170cm
体重 70kg
購入したギマイラを制御する為に魔法使いの麻璃亜を狙う。

 

地底怪獣パゴス
身長 30m
体重 2万t
地底から突然現れた謎の怪獣。
分子構造破壊光線や螺旋掘削光線を撃ち、ヘルスラッシュも弾く硬い表皮を持つ。
タイガとタイタス相手に優勢に戦うが、フーマによって表皮が柔らかい腹部を光波剣・大蛇で切り裂かれて倒された。

 

吸血怪獣ギマイラ
身長 59m
体重 5万2千t
パゴスが倒された直後に地底から現れた謎の怪獣。
世界から夢を見る力(魔法)を奪った真犯人であった。

続きを読む

「夕映えの戦士」

「夕映えの戦士」
ウルトラマンタイガ』第10話
2019年9月7日放送(第10話)
脚本 柳井祥緒
監督 武居正能

 

暗殺宇宙人ナックル星人オデッサ
身長 43m
体重 2万t
「夕映えの戦士」と呼ばれ、ブラックキングと共に銀河にその名を馳せた最強の暗殺者。
あるウルトラマンに敗れた後は地球で隠遁生活を送っていたが闘争本能を完全に抑える事は出来ず、ブラックキングの覚醒で自分の本心に気付くとウルトラマンであるタイガに戦いを挑む。
最後はウルトラマンと地球の力が合わさったフォトンアースのオーラムストリウムで倒された。

 

用心棒怪獣ブラックキング
身長 65m
体重 6万t
オデッサが隠し持っていた卵の中で眠っていたが、オデッサの闘争本能を受けて目覚めるとウルトラマンと戦う。
口から溶岩熱線を吐く。
タイタスに力負けし、最後はエレクトロバスターで倒された。

続きを読む

「それぞれの今」

「それぞれの今」
ウルトラマンタイガ』第9話
2019年8月31日放送(第9話)
脚本 三浦有為子
監督 武居正能

 

戦略星人キール星人
身長 200cm
体重 84kg
ヴィラン・ギルドの構成員で行方マイコが持つタリスマンを狙うがホマレに倒される。

 

殺戮宇宙人ヒュプナス
身長 180cm
体重 75kg
ヴィラン・ギルドの構成員で行方マイコが持つタリスマンを狙うが復活したマジャッパのマジャッパ水流を受けて倒された。

 

水異怪獣マジャッパ
身長 62m
体重 6万2千t
行方マイコが持つタリスマンに封印されていた怪獣。
マジャッパ水流、マジャッパ芳香、マジャッパ吸引、マジャッパ迷彩と多彩な技を持つが行方マイコに能力のいくつかを破られ、最後はフォトンアースのオーラムストリウムで倒された。

続きを読む

「悪魔を討て!」

「悪魔を討て!」
ウルトラマンタイガ』第8話
2019年8月24日放送(第8話)
脚本 林壮太郞
監督 神谷誠

 

夢魔ナイトファング
身長 62m
体重 6万2千t
かつて巫女が引き出した地球的エネルギーで封印されたが人柱にされた人々とババルウ星人達の暗躍で巫女の生まれ変わりである天王寺藍によって復活した。
特殊な音波で人々に悪夢を見せてその苦しみを自分のエネルギーに変換する為、人が多くいる街に移動する。E.G.I.S.に音波を無効化され、まだ体内に残っていた地球のエネルギーを天王寺藍に引き出され、最後はフォトンアースのオーラムストリウムで倒された。
倒されるとナイトファングリングになった。
元々は宇宙怪獣だったらしく、タイタスもその噂を聞いていた。

続きを読む

「魔の山へ!!」

魔の山へ!!」
ウルトラマンタイガ』第7話
2019年8月17日放送(第7話)
脚本 林壮太郞
監督 神谷誠

 

暗黒星人ババルウ星人
身長 2~56m
体重 140kg~2万4千t
プロデューサーの肥後に変身して天王寺藍を使って「赤目様」を復活させた。
タイガを素早さで翻弄するが、自分以上の素早さを誇るフーマには苦戦し最後は鋭星光波手裏剣で倒された。

 

集団宇宙人フック星人
身長 180cm
体重 65kg
ババルウ星人と一緒に九頭流村で「赤目様」を復活させようとするが本気を出したホマレに捕らえられる。

 

夢魔ナイトファング
身長 62m
体重 6万2千t
皆既日食の日に天空から落ちてきた異形の存在。様々な災いをもたらす邪悪な神だが、生贄を捧げた村は災いから守る守り神でもある。
巫女に封じられ、「赤目様」として九頭流村で奉られていたが、生贄にされた人々とババルウ星人達の暗躍で巫女の生まれ変わりである天王寺藍によって復活した。

続きを読む

「円盤が来ない」

「円盤が来ない」
ウルトラマンタイガ』第6話
2019年8月10日放送(第6話)
脚本 足木淳一郎
監督 田口清隆

 

星人遺族セミ少女
身長 100cm
体重 50kg
10年前に外事X課に保護された宇宙人の子供。研究所に送られたらしい。

 

サイケ宇宙人ペロリンガ星人
身長 180cm
体重 80kg
50年前に地球に取り残された仲間を迎えにやって来たが、星に帰りたい男がもう少し地球で生きる事を決めたので彼の意思を尊重して宇宙に帰っていった。

 

宇宙ヒットマンガピヤ星人アベル
身長 190cm~50m
体重 190kg~3万t
「時空を股に掛けるヒットマン」で霧崎の依頼を受けて地球にやって来た。
かつてオーブに倒されたガピヤ星人サデスの弟で、憧れであった兄に似せて自分の体を改造している。
普段はオネエ言葉だが激昂すると口調が荒くなる。
自分の姿を見た星に帰りたい男の命を狙うが、フーマがビクトリーレットの力を使って放った鋭星光波手裏剣で倒された。

続きを読む