帰ってきたウルトラ38番目の弟

ウルトラシリーズについて色々と書いていくブログです。

「赤い巨人! セブン21」

「赤い巨人! セブン21 -怪獣ノゼラ サゾラ登場-
ウルトラマンネオス』第4話
2001年1月5日発売(第5巻)
脚本 右田昌万
監督 高野敏幸

 

北極怪獣ノゼラ
身長 65m
体重 7万3千t
300万年前に生息していて、前のダークマターの影響で生まれた可能性がある。
北極で氷漬けになっていたが活動を再開し、ビル風の音をサゾラの声と思って東京を目指す。(凄い聴覚だ)
背中の甲羅はネオスの光線も弾くほど強固。サゾラとタッグを組んでネオス&セブン21と戦うが、最後はサゾラに捨てられてネオスのネオマグニウム光線で倒された。
名前の由来は「ノース(北)」かな。モデルは玄武かな?

 

南極怪獣サゾラ
身長 70m
体重 3万6千t
300万年前に生息していて、前のダークマターの影響で生まれた可能性がある。
南極で氷漬けになっていたが活動を再開し、ノゼラの存在を知ってマッハ4の速度で東京を目指す。
角から電撃を発する。ノゼラを可愛がっていたが危機に陥るとノゼラを捨てて自分だけ逃げようとした。最後はセブン21のレジア・ショットで倒された。
名前の由来は「サウス(南)」かな。モデルは朱雀かな?

続きを読む

「海からのSOS」

「海からのSOS -怪獣シーゴリアン登場-
ウルトラマンネオス』第3話
2000年12月22日発売(第3巻)
脚本 右田昌万
監督 高野敏幸

 

群体怪獣シーゴリアン
身長 69m
体重 5万2千t
港、水族館、湖、水産試験場と海と水路で繋がっている場所に次々と現れた。
最初は10m前後の大きさだったが出現する度に大きくなっていった。
正体は消えていった魚達の集合体。赤い発光体が各場所で目撃されていたが、それが核だったのだろうか?
頭部から水や赤い泡状の光弾を発する。
ネオスはネオマグニウム光線を撃たず、ウルトラ・リリース光線で元の魚に戻した。
スイミー』を思い出した人は手を挙げて。

続きを読む

「謎のダークマター」

「謎のダークマター -ザム星人登場-
ウルトラマンパワード』第2話
2000年12月5日発売(第2巻)
脚本 武上純希
監督 神澤信一

 

ゾフィー
身長 45m
体重 4万5千t
M78星雲宇宙警備隊の隊長。
ダークマターによって生じるアンバランス・ゾーンの為に地球が混乱の時代を迎える事を知り、ネオスを地球の勇敢な若者であるカグラと一つにした。

 

脳魂宇宙人ザム星人
身長 220cm~60m
体重 157kg~6万5千t
セブン21によると「遥かな宇宙から流れてきた可哀相な宇宙人」。
ダークマターの影響で故郷の星の生態系のバランスが崩れて怪獣が支配する星になったので、ダークマターのパワーで新しいザム星人として進化し再生しようとした。
ザム星人のリーダーがダークマターのエネルギーを浴びるが、苦しみ巨大化して街を破壊するようになってしまう。
目から光線を撃ち、ハサミで相手を攻撃する。他にも姿を消したり、地面に爆発を起こしたりと色々な攻撃を見せる。
ザム星人のリーダーは自分が進化に失敗した時の事をネオスに頼んでいて、その願いに応えたネオスのネオマグニウム光線によって倒された。そして、他のザム星人は壺型宇宙船で宇宙へと逃亡した。

続きを読む

「ネオス誕生」

「ネオス誕生 -怪獣アーナガルゲ登場-
ウルトラマンネオス』第1話
2000年11月22日発売(第1巻)
脚本 武上純希
監督 神澤信一

 

鉱脈怪獣アーナガルゲ
身長 64m
体重 8万t
中央アルプスの阿賀鉱山で目撃された動く岩肌の正体で日本初のアンバランス現象。
地元では鉱山を守るアーナガルゲと言う竜と同一視された。鉱脈を竜に例えた伝説だとする説があるが、アンバランス現象でその鉱脈が怪獣になったのかどうかは不明。
分析によるとダークマターで突然変異した光を放つ微生物が岩石に取り付いたとの事。
攻撃を受けて砕けても修復可能だったが、HEARTの冷却ミサイルで微生物の活動が抑えられたところをネオスのネオマグニウム光線で倒された。

続きを読む

『ウルトラマンネオス』

ウルトラマンネオス
2000年11月22日~2001年5月5日発売

 

「私達の住む太陽系はおよそ300万年に一度、ダークマター漂う未知の宇宙空間を通過します。そこは何が起こっても不思議ではない世界。そのアンバランス・ゾーンを皆さんは今から体験する事になるのです」

「さらばウルトラマン」

「さらばウルトラマン -ゼットン・バルタン星人登場-
ウルトラマンパワード』第13話
1994年8月25日発売(第7巻)
脚本 ウォルター・A・ドォティ三世(原案 伊藤和典
監督 キング・ワイルダー
特殊効果 ジョセフ・ビスコーシル

 

宇宙恐竜ゼットン
身長 99.9m
体重 6万6666t
バルタン星人が手に入れた情報をフルに活用して生み出した怪獣。
繭の状態でW.I.N.R.基地に落下して現れた。火球でアメリカ陸軍の戦車部隊を全滅させる。
パワードのメガ・スペシウム光線を吸収するが、パワードの機転によってメガ・スペシウム光線を吸収能力の無い背後に受けて消滅。しかし、パワードもエネルギーを使い果たして相打ちとなった。

 

宇宙忍者サイコバルタン星人
身長 ミクロ~75m
体重 0~2万6千t
バルタン星人の指導者と思われる存在。
パワードが力尽きたのを見計らって母船でW.I.N.R.基地上空に出現してスカイハンターのウルトラレーザーと対決する。
そこに現れたパワードの仲間とスカイハンターによる三方向からのウルトラレーザーを受けて母船は爆発、バルタン星人の侵略は終わりを告げた。

 

M78星雲人
カイ曰く「パワードの友達」。赤い玉の状態で2体現れた。
W.I.N.R.の危機に駆けつけて共にバルタン星人の母船を倒し、力尽きたパワードを赤い玉に変えて連れ帰った。

続きを読む

「パワード暗殺計画」

「パワード暗殺計画 -レッドキング・ドラコ登場-
ウルトラマンパワード』第12話
1994年8月25日発売(第7巻)
脚本 ウォルター・A・ドォティ三世(原案 伊藤和典
監督 キング・ワイルダー
特殊効果 ジョセフ・ビスコーシル

 

どくろ怪獣レッドキング
身長 70m
体重 4万2千t
バルタン星人の繭から現れたドラコと戦うがカマで喉を切られて瞬殺されてしまった。
怪獣魔境へ飛べ!」に登場したオスのレッドキングと同じ個体かどうかは語られていない。もし同じ個体なら妻の仇を討ちにパワードに挑戦しに来たのだろうか?

 

彗星怪獣ドラコ
身長 60m
体重 3万t
バルタン星人がパワードのデータを集める為に送り込んだ怪獣。
カマでレッドキングを瞬殺した。
全身が生体反射外骨格で覆われていてミサイルの直撃も通じず、メガ・スペシウム光線も弾いてパワードを一時退却に追い込んだ。
街に侵入してW.I.N.R.と再び戦い、スティンガーミサイル5発を同一箇所に連続して受けるが最後の改造弾頭ミサイルをカマで弾き返し、ストライクビートルをカマで撃墜した。
続いてパワードとも再び戦い、パワードスラッシュも通じず、パワードに大ダメージを与えるが、スティンガーミサイル5連発で弱った部分をメガ・スペシウム光線でピンポイント攻撃されて倒された。
しかし、音波シグナルでパワードのデータをバルタン星人の母船に収容されているゼットンに送った。

 

宇宙恐竜ゼットン
身長 99.9m
体重 6万6666t
バルタン星人の母船でドラコから送られるパワードのデータを受け取る。

続きを読む

「よみがえる巨獣」

「よみがえる巨獣 -ゴモラ登場-
ウルトラマンパワード』第11話
1994年7月25日発売(第6巻)
脚本 ティム・レーネーン(原案 伊藤和典
監督 キング・ワイルダー
特殊効果 ジョセフ・ビスコーシル

 

古代怪獣ゴモラ
身長 65m
体重 5万5千t
チリのアンデス山脈でミイラの状態で発見された、1億8千万年以上前の湿地帯に生息していた古代恐竜ゴモラサウルスの一種。
恐竜館に置かれていたが大量の雨を吸って復活する。水牛のように暖かくて湿った気候を好むので川の中に潜んでいたが、浅瀬に上陸したところを麻酔弾を受けて捕獲される。スカイハンターでの移送中に麻酔が切れた為に暴れ出し地上に落とされてしまう。よろめきながら街を破壊しているところをパワードの攻撃を受けて力尽きた。その後、亡骸は恐竜館に展示される事となった。

続きを読む

「二人の英雄」

「二人の英雄 -ペスター登場-
ウルトラマンパワード』第10話
1994年7月25日発売(第6巻)
脚本 バド・ロバートソン(原案 山口宏 バド・ロバートソン)
監督 キング・ワイルダー
特殊効果 ジョセフ・ビスコーシル

 

油獣ペスター
身長 50m
体重 4万6千t
原油を食料にして体内で加工する機能を持つ「生きる石油精製所」で、アントニオ湾石油会社の石油を次々に襲った。以前にも現れた事があるらしい。
普段は海中にいるが油脈を使って地中も移動する。単純な知覚器官を備えていて音波に敏感に反応する。
口から炎を吐き、絶対零度液体窒素弾を受けても活動できる。
アルトゥーロの援護を受けたパワードに空高く放り投げられ、メガ・スペシウム光線で爆発、花火のように散った。

続きを読む

「復活! 二大怪獣」

「復活! 二大怪獣 -アボラス・バニラ登場-
ウルトラマンパワード』第9話
1994年6月23日発売(第5巻)
脚本 バド・ロバートソン(原案 山口宏)
監督 キング・ワイルダー
特殊効果 ジョセフ・ビスコーシル

 

青色発泡怪獣アボラス
身長 65m
体重 3万t
3000年前の古代人によって棺に封印された「青い悪魔」。
クレアウォーターキャニオンの洞窟内で大学生によって発見され、シャッター音で封印が解かれて復活した。
口から青い液体を吐いてバニラに勝利する。
W.I.N.R.との戦いではミサイルを手で弾き、青い液体でストライクビートルを溶かした。スカイハンターの攻撃で一度倒されるが再び起き上がる。
ウィティカー博士が再現した棺が奏でていた旋律で弱ったところをメガ・スペシウム光線を受けて消滅した。

 

赤色火焔怪獣バニラ
身長 65m
体重 3万t
アボラスと同じく古代人によって棺に封印された「赤い悪魔」。
水の引いた川底から発見され、ウィティカー博士が調査中に封印を解いてしまった。
口から赤い炎を吐く。
アボラスに一度倒されるが、赤い光となって復活すると今度はアボラスと一緒にパワードと戦った。
ウィティカー博士が再現した棺が奏でていた旋律で弱ったところをメガ・スペシウム光線を受けて消滅した。

続きを読む