帰ってきたウルトラ38番目の弟

ウルトラシリーズについて色々と書いていくブログです。

『長篇怪獣映画 ウルトラマン』

『長篇怪獣映画 ウルトラマン
1967年7月22日公開

 

ウルトラマン』の放送終了後に円谷英二監督の『キングコングの逆襲』と同時上映で公開された。
円谷監督作品の「ウルトラ作戦第一号」「怪獣無法地帯」「怪獣殿下 前篇」「怪獣殿下 後篇」を再編集したもので、新規撮影は無いが音や台詞が若干変更されていて、編集によって内容が変わった部分もある。

 

オープニングのクレジットでマグラーの名前がマグラに、ピグモンの肩書きが友好珍獣から単なる珍獣に変更されている。

 

ベムラーウルトラマンスペシウム光線ではなくて科特隊のウルトラ作戦第一号で倒されている。なのでウルトラマンの登場は無く、ウルトラマンに関する説明も名付け場面も無い。『ウルトラセブン』の「姿なき挑戦者」もだったが、この頃はヒーローに拘りがあまり無かったのかな?

 

ベムラーを倒したその日に多々良島に行く事になり、さらにその翌日にジョンスン島に行く事になった科特隊。過労が心配。

 

多々良島に出動する時に何故か「宇宙船救助命令」の宇宙船・白鳥の発進シーンがある。ジェットビートルの発進シーンと思って見てほしかったのだろうか?

 

怪獣殿下・治の話は色々と特殊なので、今回は治の話は外してゴモラの話に絞ってほしかった。

 

どうしてウルトラマンベムラーの戦いがカットされたかだが、ひょっとしたら映画最後の敵であるゴモラの強さを引き立てる為に、それまでにウルトラマンの苦戦を見せたくなかったのかもしれない。(レッドキングとの戦いではウルトラマンはカラータイマーが青のまま勝っている)

 

TVにあったゴモラに対する哀しみが無くて、単にゴモラに勝ってお終いと言う感じになっていたのが残念。もう少し余韻と言うものが欲しかった。

 

今回の映画ではウルトラマンが単独で勝てたのはレッドキングのみで、ゴモラは科特隊がいなければ勝てなかった。科特隊は他にもスフラン、マグラ、さらにベムラーも倒していて、今回の映画はウルトラマンよりも科特隊が活躍する内容となっていた。