帰ってきたウルトラ38番目の弟

ウルトラシリーズについて色々と書いていくブログです。

「真夏の空に火の用心」

「真夏の空に火の用心」
ウルトラマンオーブ』第4話
2016年7月30日放送(第4話)
脚本 三好昭央
監督 アベユーイチ

 

火ノ魔王獣マガパンドン
身長 40m
体重 1万5千t
ゼロに封印されていた魔王獣で属性は「火」。
体の周囲を超高熱の火の玉で覆って周囲の気温を著しく上昇させる。
マガ火球とマガ火球火炎弾で周囲を焼き尽くしていく。
スペシウムゼペリオンによって一度は大気圏外に運ばれるが翌日には再び街上空にまで降りてきた。
バーンマイトのストビュームバーストによる爆風消火で火の玉を吹き飛ばされ、スペシウムゼペリオンのスペリオン光線で倒された。
封印に使われていたゼロのウルトラフュージョンカードはガイに、マガパンドンの怪獣カードはジャグラーに回収された。
「太平風土記」に「偽りの日輪、災いの炎・禍破呑」として描かれている。

 

物語
東京の上空に巨大な火の玉が現れた!
ガイはオーブに変身して火の玉を地上から遠ざけようとするが……。

 

感想
これまでのウルトラシリーズの空中戦は高速で移動しながらのものが多かったが今回冒頭のオーブと火の玉の戦いはあまり大きく移動しない戦いであった。高速で移動しないので背景の街がよく見え、結果、空中で戦っているのがより印象付けられる事となった。
又、ウルトラシリーズの空中戦は同じく空を飛んでいる戦闘機の乗員が戦いの目撃者になる事が多かったが、今回は地上にいるSSPが目撃者だったので地上から見上げる場面が多くなりオーブと火の玉が空に浮いている事が分かる場面が多くなった。

 

今回の隠されていたサブタイトルは『ガイア』の「熱波襲来」。どちらの回も怪獣が発する熱によって甚大な被害が出ている。

 

ガイとジャグラーの戦いは短い時間であったが、ジャグラーが軽く投げただけでガイが壁にめり込んだ事でガイもジャグラーも普通の人間ではない事が分かった。
最初はふざけた感じのジャグラーだったがガイに対しては素の部分を隠さなくなってきている。

 

オーブが消えた所にガイが倒れていた事でジェッタはガイがオーブではないかと考えるがシンに質量保存の法則を考えると人間がウルトラマンに変身するのはありえないと返される。
そう言えば、ウルトラシリーズで巨大化や縮小化の時に質量保存の法則はどうなっているのか語られた事は無かったなぁ。(柳田理科雄さんが『空想科学読本』で取り上げた事がある気がするが)
因みにSSPがオーブの消えた場所の近くでガイを見付けた時に渋川さんがタイミング良くやって来ている。こうして見ると確かにオーブの正体は渋川さんだとジェッタが推理するのも分かる。

 

今回はオーブが序盤で一度倒されているのでビートル隊がマガパンドンと戦っている。宇宙用の戦闘機に地対空ミサイルと意外と戦力がある。

 

これまで登場したパンドン系の怪獣は頭部の左右にクチバシがあるパンドンと頭部が二つあるネオパンドンやキングパンドンがいて、今回登場したマガパンドンはその中間のようなデザインになっている。

 

魔王獣は全員がラスボスクラスの怪獣達で、実際にマガゼットン、マガパンドン、マガタノゾーアとかつてTVシリーズでラスボスを務めた怪獣達の同族もいる。
今回登場したマガパンドンはその中でも高い破壊力を持っていて、マガ火球火炎弾は街にかなりの被害をもたらした。又、防御力も高く、スペリオン光線を真正面から受けながらも構わず前進し続ける姿は魔王獣の肩書きに恥じない格好良さであった。

 

魔王獣と言うラスボスクラスの怪獣達と戦って勝利を収めたオーブ。
ウルトラシリーズに限らす多くのヒーロー作品で序盤は経験不足故に苦戦すると言う展開がある。しかし、オーブは既に多くの戦いを経験していて地球でも何度か戦っているので第1話の時点で既に経験豊富なベテラン戦士になっていた。本来の力を使えないと言うハンデはあるが、今回の戦いでもちょっとした言葉から勝利のヒントを自分で見付けるなど随所に戦い慣れている描写がある。

 

マガパンドンを封印していたのがゼロの力だと知って驚くガイ。
ガゼットンは初代マン、マガグランドキングはタロウ、マガタノゾーアはティガだったので、マガパンドンはセブンの力が封印していると思っていたのかな。

 

これで魔王獣との戦いがひとまず終了。
ジャグラーが持つ魔王獣の怪獣カードにある事で既にマガタノゾーアとの戦いが終わっていた事が判明。闇ノ魔王獣マガタノゾーアとの戦いは『ウルトラマンオーブ完全超全集』に収録されている「ウルトラマンオーブクロニクル〈年代記〉」の第4章「激闘! イシュタール文明」編に書かれている。

 

ナオミ達のアイスを全部食べてしまったガイ。(お代はちゃんと払った)
この辺りからガイと食べ物のエピソードが入れられていくようになった。
この頃のガイはちょっと取っつきにくいところがあるのだが、ラムネやアイスと言った食べ物や飲み物のエピソードはほのぼのとしたものが多く親しみが持てる感じになっている。

 

今回の話は三好さんの現時点でのウルトラシリーズ脚本最終作となっている。

 

 

 

 

ウルトラマンオーブ Blu-ray BOX I

ウルトラマンオーブ Blu-ray BOX I

  • 発売日: 2016/11/25
  • メディア: Blu-ray
 

 

 

ウルトラマンオーブ ウルトラ怪獣DX マガパンドン

ウルトラマンオーブ ウルトラ怪獣DX マガパンドン

  • 発売日: 2016/07/23
  • メディア: おもちゃ&ホビー