帰ってきたウルトラ38番目の弟

ウルトラシリーズについて色々と書いていくブログです。

「デガンジャの風」

「デガンジャの風 -風魔神デガンジャ登場-
ウルトラマンG』第4話
1990年11月22日発売(第2巻)
脚本 テリー・ラーセン(原案 小中千昭
監督 アンドリュー・プラウ
特殊技術 ポール・ニコラ

 

風魔神ガンジャ
身長 89m
体重 7万4千t
オーストラリアの原住民アボリジニーが多く住む地に古くから伝えられた風の神デガンジャの魂にゴーデス細胞が取り憑き操った。
地の怒りを伝え人々を戒める存在で竜巻を使いとする。精霊の墓を荒らしたハンターに怒り、アボリジニーであるムジャリが行った儀式で姿を現し、UMAの攻撃を受けて怒り狂った。
指先から光線を撃ち、グレートの光線を弾いて追い詰めるが、グレートのマグナム・シュートを受けて消滅し黒い雨雲となった。ゴーデス細胞から解放されると恵みの雨をもたらした。

 

物語
平原で狩りをしていたハンターが精霊の墓と言われる石を銃で撃つと巨大な竜巻が襲ってきた。
ジャックとロイド副隊長が調査に向かうが原住民達に煙たげられる。

 

感想
原題は「the storm hunter」。
「嵐を追い求める者」と言う意味でジャックやムジャリの事を指す。冒頭のハンターは関係無かった。

 

ハンターが竜巻に襲われてジャックとロイド副隊長が調査する事になるが、ロイド副隊長はジャックと組む事に不満を漏らす。「ジャックはUMAの制服も着ないし、時々宇宙人みたいな事を言うし、自分とはウマが合わない」との事。ごもっともな意見。

 

一方、アーサー隊長はジーンと共に資金集めのパーティーに出席。特別チームの運営も大変だ。
ところでジャック達は竜巻と出会う為にハンターと同じコースを走る事になったが、もし何かあったら隊長不在の状態でどう対応するつもりだったのだろう?

 

ジーンに発信機付きの腕輪を渡されたジャックは「僕の首に鈴を付けるつもり?」と皮肉を言う。ジャックは放っておいたら勝手に行動してしまうので、まさにその通りなのだろう。
だが実際はムジャリの儀式をUMAが邪魔しに来ないかを知る道具となり、結果的にジャックがUMAの首に鈴を付けた形となった。

 

現場に到着したジャック達だが、原住民達は軍服を着たロイド副隊長に嫌悪感を露わにする。
その後のムジャリとの会話や「銀色の巨人」でアーサー隊長にUMAではARMY時代の習慣を止めるように注意されたところを見ると、どうもロイド副隊長は相手に合わせるのが苦手らしい。「郷に入っては郷に従え」だぞ。

 

原住民の1人で、ロイド副隊長とはボクシングジムで知り合ったムジャリがデガンジャの怒りを鎮める為に街から帰って来る。
出会った早々にジャックと意味深に見つめ合うが何か感じたのだろうか。ウルトラマンの多くは宇宙人なのだが、何故か昔から神や精霊と関わる人に正体を感じ取られる事が多い。

 

ロイド副隊長は「自分達はこういう現象には慣れている」と言うが、ムジャリに「その割には最近活躍を聞くのはあの銀色の奴の事ばかりだな」と皮肉られてしまう。
ロイド副隊長は「彼が手伝いたいって言うんでね」とかわすが、ムジャリはグレートをロイド副隊長達の「神」と称する。
昭和のウルトラシリーズウルトラマンは「宇宙人」で、平成に入った辺りから「宇宙人」の他に「神」や「光」と言った要素が加わり、『メビウス』やゼロシリーズ以降は「宇宙人」と言うより「超人」と言う感じが強くなってきたイメージかな。

 

ムジャリはロイド副隊長に向かって「君らは無謀だ。敵を知らずに戦おうとしている」と言い、ここから戦わず儀式でデガンジャの怒りを鎮めようとするムジャリとUMAの武器でデガンジャを倒そうとするロイド副隊長が徹底的に対立する事になる。
ムジャリ「この荒野にあるものは土と石だけではない。そう言う我々を君らはすぐに笑うだろうが……」、
ロイド「神々を否定するわけではないが、私はまず人間を守りたい」、
ムジャリ「それで上手くいくんなら良いが……。人間が神聖な大地を汚染している。そして自然を破壊する。いいか、ロイド。人間だけでは生きてはいけない」、
ロイド「私は私の世界を守る!」、
ムジャリ「世界は一つだ、ロイド」。
ウルトラシリーズは「SF」に分類される事があるが、宇宙人等が登場する一方で『初代マン』の「恐怖のルート87」や「まぼろしの雪山」のような神や精霊が登場する話も多い。ロイド副隊長は科学の世界と精霊の世界を分けて考えていたが、ウルトラシリーズの世界は科学も精霊も一緒にいる一つの世界なのだ。

 

ジャックはムジャリの考えに共感し、デガンジャは何かに操られていると告げる。
それを聞いたムジャリは1万年前から残っているデガンジャの物語が記された洞窟を案内する。
どうやらゴーデス細胞が洞窟に眠っていたデガンジャの魂に取り憑いたらしい。
ところでこの洞窟の壁画はグレートとゴーデスの事を記しているようにも見えるが、そんな昔から両者は戦い続けているのだろうか? それとも「太平風土記」のような予知なのだろうか?
因みに『ガイア』や『コスモス』にもこれと似た壁画が登場している。

 

ムジャリが「我々はデガンジャに守られている。今度は我々がデガンジャを助けてあげる」と儀式を始めるが、UMAが攻撃した事でデガンジャが怒り狂ってしまう。
チャールズ、アーサー隊長から「ジーンの指示で攻撃しろ」と言われているのに、なぜ勝手に攻撃する? おまけにジーンの攻撃中止の指示も無視するし……。

 

ガンジャのデザインは今までのウルトラシリーズに見られなかったタイプ。
見かけによらず、グレートとは光線技を駆使した戦いを展開した。

 

ガンジャがゴーデス細胞から解放されて自然界のバランスが戻った。
事件が解決した後、ムジャリは自然やそこに宿る神々についてもっとよく知る為、街には戻らず現場に残る事にした。
自分はアボリジニーの伝説に詳しくはないが、原案が小中さんなのでクトゥルー神話の要素もあったのかなと思う。デガンジャは風の神と言われているので、風の属性を持つ旧支配者「イタカ」あたりがモデルだったのかも。

 

 

ウルトラマンG Blu-ray BOX

ウルトラマンG Blu-ray BOX

  • 発売日: 2017/01/27
  • メディア: Blu-ray